イーサリアムの買い方

マネーフォワードでZaif(ザイフ)の口座資産を確認できるようになったらしいので早速連携させてみた

これまでbitflyer(ビットフライヤー)とcoincheck(コインチェック)はすでにマネーフォワードと連携済でした。

[st-card id=1292] [st-card id=1352]

Zaif(ザイフ)の口座管理もできるようになると便利だなーって思ってたところ、タイミング良く連携したらしので早速アカウントを統合してみました。

ビットフライヤーやコインチェックと比べ、APIの情報を入力しなくて良いので非常に簡単です。

では、さっそく連携方法を解説したいと思います。

Zaifのアカウントとマネーフォワードの連携方法

①まずマネーフォワードのサイトのメニューより[口座]をクリックします。


②[金融機関を追加する]をクリック。


③金融機関を登録する画面に進んだら、カテゴリー[FX・貴金属]を選択し、続いて[zaif]を選択します。

④[zaifと連携する]をクリック。

⑤MoneyFowardにアカウントの利用を許可しますか?と出るので[許可する]をクリック。

ZAIFへログインするときのメールアドレスとパスワードを求められた場合は入力します。

⑥続いて連携の設定を行います。

表示名・メモは任意ですので空欄でも構いません。

終わったら[保存する]をクリックします。

以上でアカウントの連携が完了しました。

かかった時間は2分くらい。

これで、ビットフライヤー、コインチェック、ザイフがマネーフォワードと連携したことになります。

別々に資産管理をしている方も多いと思うので、資産状況を一目で確認したい時には非常に便利ですね。

マネーフォワードは仮想通貨以外にも銀行、投資信託、FX、不動産、電子マネーやポイントなど様々な媒体に対応しているので、資産を幅広く保有している方は重宝するのではないでしょうか。

今後はもっと仮想通貨の取引所は増えると思われ、今以上に資産も分散することが考えられるので、随時対応してくれると嬉しいですね。

期待しましょう。

ザイフで仮想通貨を保有している人はぜひマネーフォワードを利用されてみてはいかがでしょうか。

以上、「マネーフォワードでZaif(ザイフ)の口座資産を確認できるようになったらしいので早速連携させてみた」でした。

ビットコインの購入方法は以下

[st-card id=812]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です