超かんたん!ビットコインの買い方を解説!

リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)にオススメの取引所を初心者向けに徹底解説!

Satoshi

ハカセ、リップルでレバレッジ取引をしてみたいけどFXってなんか怖い印象あるな。。
サトシ、リップルのレバレッジ取引(FX)は仕組みをよく知ってからやれば怖くないぞ!

クリプト博士

ビットコインの価格が落ち込み続ける現在、仮想通貨のレバレッジ取引が注目されており、レバレッジ取引の選択肢の一つとしてアルトコインが非常に注目されています!

その中でもリップルは最も日本でもよく耳にするアルトコインの1つですね!世界中で様々な著名人が支持を表明しているくらい将来性を期待されています。

それほど期待されるリップル(XRP)なので勿論国内取引所でリップルのレバレッジ取引(FX)することは可能です!

今回の記事では日本でも著名な方が支持を表明するなど大人気のリップルのレバレッジ取引にオススメな取引所を初心者向けに解説していきます!

ざっくり言うと…
  • リップル(XRP)は、ビットコインやイーサリアムに続いて「時価総額3位」を誇る仮想通貨で、非常に人気が高い。
  • 国際送金(海外送金)を円滑化・低コスト化する」という目的を持っており、リップルの送金システムの実用化が期待されている。
  • 既に200以上の銀行・金融機関がリップル社と提携を果たしているので、実用化すれば一気に需要が増加し、価格も跳ね上がる可能性が高い。
  • リップルのレバレッジ取引を低コストで、かつ安全に購入することができる取引所は「GMOコイン」「DMM Bitcoin」の2つが挙げられる。
  • その中でも、DMMグループを親会社に持っている「DMM Bitcoin」なら安心安全に取引が行えるため、人気が急上昇している。
  • レバレッジ取り扱い通貨は「7種類」と国内最多を誇り、数多くのユーザーが、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)を用いてトレードを行なっている。
  • リップルのレバレッジ取引(FX)をするなら、DMM Bitcoinは登録必須な取引所。

dmmbitcoin

→ DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)ができる取引所一覧

リップルのレバレッジ取引ができる取引所はいくつかありますが、今回は有名な取引所5つを比較、紹介します。

取引所 最大レバレッジ スプレッド 取り扱い通貨 ロスカット率 スマホアプリ
GMOコイン(国内) 4倍 3% 5種類 75% 有り
BitMEX(海外) 50倍 0.001% 8種類 50% 無し
DMM Bitcoin(国内) 4倍 6% 7種類 80% 有り
CryptoGT(海外) 200倍 0.44% 9種類 100% 有り(MT5)
Huobi(海外) 3倍 0.15% 21種類 110% 有り

海外の取引所はレバレッジが高く、取引量も多くスプレッドが狭いのですが、スマホ対応していなかったりロスカット率が非常に高かったりするので、初心者の方にはスマホ対応していたり操作性が良く、ロスカット率もそこそこの国内取引所をオススメします。

また、国内取引所はスプレッドが低めに設定されているので大きな損をしづらいということからも国内取引所は初心者に優しい取引所になっています。

リップルFXとは?現物取引と何が違うの?おさらい!

リップルFXとは、仮想通貨FXの一種です。

仮想通貨FXとは、レバレッジ取引とよばれる手法になります。

そもそも仮想通貨取引には「現物取引」と「レバレッジ取引」という取引方法があります。

それでは順番に簡単におさらいしていきましょう!

現物取引

現物取引とは、実際に投資対象となる仮想通貨を購入し、自身で保有する取引手法です。

実際のモノを売買する事と同様に、仮想通貨を売買します。

現物取引は、仮想通貨取引の最も一般的な取引手法として多くの方に親しまれている手法です。

保有している仮想通貨は自身の資産となるため、自由に買い物をしたり、サービスの決済に利用することも可能です。

現物取引の特徴としては、次があげられます。

現物取引の特徴
  • 仮想通貨の保有者は購入者自身
  • 保有している資産内でしか取引ができない
  • 株式取引などと同様に『指値注文・成行注文』が可能

 

レバレッジ取引

レバレッジ取引とは、仮想通貨取引所に資金を保管し、その資金(証拠金)を元に取引を行う取引手法です。別名、証拠金取引と呼ばれます。

レバレッジ取引では、証拠金をもとに実際の保有資金より大きな金額の取引が可能です。

現物取引では、通常安い時に購入して、高いときに売るという取引方法になりますが、レバレッジ取引では高い時に売って、安い時に買うという事で利益を生み出すことが可能です。

また、このことはポジションという呼び方をします。(後述あり)

 MEMO

ロングポジション:『安く買って、高く売る』

ショートポジション:『高く売って、安く買う』

レバレッジ取引の特徴は、次の通りです。

レバレッジ取引の特徴
  • 買いだけでなく、取引を売りから始めることができる
  • レバレッジを効かせることで、自身が保有している資産以上の取引が可能

 

元手が少なくても大きい取引ができるということじゃ!

クリプト博士

リップル(XRP)のレバレッジ取引のメリットは?儲かる?

リップル(XRP)でのレバレッジ取引はトレンドに関係なく利益をあげることが可能です。

仮想通貨は、ハッキング事件や各所の不祥事などにより相場が左右される傾向があります。

そんな中相場に関係なく、利益をあげることができるレバレッジ取引は非常に有効な手法だといえます。

リップル(XRP)のレバレッジ取引のメリットは次の2点が挙げられます。

リップル(XRP)のレバレッジ取引のメリット
  • ビットコイン、イーサリアムにつぐ市場取引量
  • ほどんどの仮想通貨取引所で取り扱われている
  • 下落トレンドでも利益をあげれる!

 

ビットコイン、イーサリアムに次ぐ市場取引量

リップル(XRP)はビットコイン、イーサリアムに次ぐ時価総額を誇り、国内で高い人気を誇っています。

時価総額3位という比較的安定したポジションにいながら、アルトコインならではのボラティリティが損なわれていないため、レバレッジ取引との相性は非常に良いと言えます。

Satoshi

リップルのFXはすごいんだなぁ!

国内のほどんどの仮想通貨取引所で取り扱われている

リップル(XRP)は、国内外にかかわらずほとんどの仮想通貨取引所で取り扱われています。

アルトコインは取引所によってほとんど取扱銘柄が異なりますが、リップル(XRP)は基本的に取り扱われている通貨の一つです。

下落トレンドでも利益をあげれる!

レバレッジ取引(FX)では売りから取引をはじめることが可能です。

これは買いからしか取引をはじめることができない現物取引とはおおきな差がありますです。

現物取引では相場が下落している場合は、取引に参加しても損をする可能性が高いですが、レバレッジ取引では利益をあげることが可能です。

リップルでのレバレッジ取引はDMMビットコインがおすすめです。
→ DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

リップル(XRP)のレバレッジ取引を行う際のリスク/注意点

リップル(XRP)をはじめとしたアルトコインでのレバレッジ取引はメリットが多い反面リスクもあります。

しっかりとリスクを理解して、余裕をもった取引をするように心がけてください。

イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引のデメリット
  • ビットコインより価格変動が大きい

ビットコインより価格変動が大きい

リップル(XRP)などをはじめとしたアルトコインはビットコインと比べ価格の変動幅が大きいです。

価格の変動幅(ボラティリティ)が大きいのはメリットではある側面もある一方で、FXにおいては大きなリスクとなることもあります。

リップル(XRP)はレバレッジ取引において利益をあげやすい仮想通貨ですが、同時に損失のリスクがあることを理解しておく必要があります。

リップル(XRP)の初心者向けのレバレッジ取引ができるオススメ取引所の評判・口コミ

dmmbitcoin

出典: https://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinは販売所形式の仮想通貨取引所です。

リップル(XRP)を含めたアルトコインで最大4倍のレバレッジ取引が可能です。

セキュリティにも非常に定評があり、コールドウォレットや2段階認証はもちろん、資産の分散管理など万が一ハッキング被害を受けた際にも被害を最小限に抑える仕組みが整っています。

また日本の仮想通貨取引所の中でも唯一行政処分をうけておらず、信頼性が高い取引所でもあります。

DMMビットコインの取り扱い通貨は

取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・ネム(NEM/XEM)・

イーサリアム(ETH)・イーサリアムクラシック(ETC)・ライトコイン(LTC)・リップル(XRP)

 

の7通貨です。

DMM bitcoinの特徴
  • 販売所形式なので、ワンクリックでビットコインが取引できる
  • スマホアプリが使いやすい
  • アルトコインを含めた7種類の通貨のレバレッジ取引が可能
  • 強固なセキュリティ

 

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

DMMビットコインの口座開設方法は以下の記事でどこよりも詳しく解説しています。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の登録・口座開設方法を徹底解説!

GMOコイン

出典: https://coin.z.com/jp/

GMOコインは東証一部上場のGMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所です。

GMOコインは、取引手数料や入出金手数料が全て無料と言うのが非常に強いオススメポイントです。

更にレバレッジ取引を行う際にはGMOコインが独自に公開しているレバレッジ取引アプリ「ビットレ君」と言うアプリでの取引が可能で、ワンタップで注文を完了することができます。

ワンタップで取引が可能になると、相場の動きが激しくなっても遅れることなく、スムーズな取引が可能です。

またGMOコインには「追証」がありません。

その為、レバレッジ取引を行って損失を出してしまっても、借金を追うことはありません

追証(おいしょう)とは

追証とは追加保証金のことで、証拠金が損失により一定の割合を下回った時点で取引所が要求する追加の証拠金。

と言うことでGMOコインは非常に安心してレバレッジ取引を行える取引所です!

取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・イーサリアム(ETH)・ライトコイン(LTC)・リップル(XRP)

 

GMOコインの特徴
  • 全通貨ペアの取引手数料が無料
  • 強固なセキュリティ(コールドウォレット)
  • ビットコインとアルトコインの5種でレバレッジ取引ができる
  • アプリが秀逸

GMOコインの口座開設方法/登録方法は以下の記事でどこよりも詳しく解説しています!

GMOコインの登録/口座開設方法・アプリの使い方まで徹底解説!

→GMOコインの公式サイトをチェック!

GMOコインで無料口座開設!

リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)まとめ

今回の記事では、リップル(XRP)のレバレッジ取引についてご紹介しました。

リップルFXの魅力をご理解いただけたと思います。

リップル(XRP)のレバレッジ取引のメリット・デメリットは次の通りです。

リップル(XRP)のレバレッジ取引のメリット
  • ビットコイン、イーサリアムにつぐ市場取引量
  • ほどんどの仮想通貨取引所で取り扱われている
  • 現物と違い、下げでも儲けられる
リップル(XRP)のレバレッジ取引のデメリット
  • ビットコインより価格変動が大きい

仮想通貨FXは儲かる可能性が高い魅力的な取引手法です。

メリット・デメリットをしっかりと理解して、リップル(XRP)でレバレッジ取引をはじめてみてはいかがですか?

リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)はDMM Bitcoinがイチオシです!

dmmbitcoin

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら