超かんたん!ビットコインの買い方を解説!

リップル(XRP)を安い手数料で買える取引所をご紹介!【取引/入出金/送金手数料を比較】

Satoshi

手数料を抑えてリップルを購入したい…!安くて良い取引所はあるかい?
リップルを手数料無料で購入できる取引所は、たくさんあるのじゃぞ!バッチリおさらいするのじゃ!

クリプト博士

今回の記事では「リップル(XRP)を安く、かんたんに購入できる仮想通貨取引所」についてご紹介していきます。

リップル(XRP)は「国際送金をより便利にするための仮想通貨」でして、たくさんの投資家・企業から注目を浴びています。

リップルを用いた送金実験も行われてきており、実用化に向けて進んでいます。

実用化が決まれば、送金に使用される仮想通貨リップル(XRP)の価格は大きく高騰することが予想されるので、購入するなら今のタイミングがチャンス。

本記事では「リップルを手数料無料で、かつかんたん・安心に購入できる取引所」を紹介していきます!

リップル (XRP)今後どうなる?将来性/価格予想を徹底解説!【2019年最新版】

ざっくり言うと…
  • リップルは、ビットコイン・イーサリアムについで「時価総額3位」を誇る仮想通貨
  • 国際送金をより早く、より低コスト化する可能性を秘めており、提携企業数は「200」を突破している
  • リップルを購入するなら、実用化に本格的に踏み切る前の今がオススメ
  • 結論、リップルを安くてかんたんに購入するなら、手数料無料で使いやすい「Coincheck(コインチェック)」が最も良い
  • キャンペーン中の今なら、無料口座開設+取引で「20,000円キャッシュバック」を受けることができるので、登録するなら今のうち!

Coincheckで無料口座開設

【結論】リップルを安く買える取引所は「Coincheck(コインチェック)」

Coincheckの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)

先に結論を言ってしまうと、リップル(XRP)を最も安く、そしてかんたんな操作で購入できる取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheckは、東証一部上場企業「マネックスグループ」によって運営されており、1月には金融庁から「仮想通貨交換業者」としての認可を受けています!

Coincheckをおすすめする理由
  • 「取引手数料」が無料なので、手数料をかけずにリップルを取引できる
  • 「販売所形式」を採用しており、複雑な操作をすることなく、リップルを購入できる
  • 「送金手数料」が安いので、海外取引所にも格安で送金できる
  • キャンペーン中の今なら、無料登録+取引で「最大20,000円」もらえるので、おトク

上記のような理由がありますので、リップルを格安で、かつ初心者の方でもかんたんに購入可能です。

細かいことはよく分からないけど、とりあえず安くて簡単にリップルを買いたいな…!

という方は、Coincheck(コインチェック)でリップルを購入するのが間違いありませんね。

キャンペーン期間中の今のうちに、Coincheckに登録しておきましょう!

Coincheckで無料口座開設

リップル(XRP)を買うときに必要な取引所の手数料一覧

リップル(XRP)を購入する場合は、主に以下の5つの手数料が必要になります。

リップルを購入する場合の手数料
  1. 取引手数料
  2. 入金手数料
  3. 出金手数料
  4. 送金手数料
  5. スプレッド

それぞれについて、深掘りして見ていきましょう!

①取引手数料

取引手数料は、その名の通り「仮想通貨の売買時に必要になる手数料」になります。

取引手数料に関しては、ほとんどの業者が「無料」に設定しています。

ですので、基本的には無料、もしくは安い業者を利用するようにしましょう!

②入金手数料

入金手数料は、リップルなどの仮想通貨を購入するときの元手である「日本円」を入金するときに必要になります。

この入金手数料に関しても、無料に設定されている所が多いので、なるべく無料な業者を利用しましょう!

③出金手数料

出金手数料は、リップルなどの仮想通貨で儲けた利益を、日本円にして出金するときに必要になる手数料です。

出金手数料に関しては、数百円程度の手数料で設定している業者が多く見受けられます。

ただ、実際にトレードしてみると分かりますが、利益分の出金に関してはまとめて行うことが多いので、そこまで高頻度ではありません。

ですので、出金手数料に関しては極端に高くない限りは気にしなくても大丈夫かと思います!

④送金手数料

送金手数料は、リップルなどの仮想通貨を「他の取引所」や「ウォレット」に送金する際に必要になる手数料です。

特に「海外取引所」で仮想通貨の取引を行う場合、日本円の直接入金を行うことができませんので、国内取引所から送金を行う必要があります!

国内取引所のみでリップルの取引を行う場合は「送金手数料」は必要ありませんが、海外取引所やハードウォレットに送金する場合は、送金手数料が安い業者を選びましょう!

⑤スプレッド

手数料の中での一番のくせ者が、この「スプレッド」になります。

スプレッドって?

仮想通貨の「購入価格」と「売却価格」の差額のことで、実質の取引所への手数料。

手数料要項に記載されていないので「見えない手数料」とも呼ばれている。

スプレッドは売買価格の差のことなので、スプレッドが広ければ当然手数料も高くなってしまいます。

リップルを単発で購入して長期保有するなら、スプレッドが広い業者でもそこまで心配はいりません。

ただ、スプレッドは売買を行うたびに取られてしまうので、リップルの短期トレードを行う場合は注意が必要です…!

「販売所」と「取引所」の違い

続いて、「販売所と取引所の違い」について詳しく深掘りしていきましょう。

両者の違いを理解しておかないと、思わぬところで高額な手数料を取られてしまう可能性もあります…。

しっかりと理解しておきましょう!

「仮想通貨販売所」の特徴

仮想通貨販売所の特徴
  • ユーザーと業者が直接、仮想通貨の売買を行う
  • かんたんな操作でリップルを購入できる
  • スプレッドが広め

販売所では、ユーザーと業者が直接、仮想通貨の売買を行います。

ですので、価格指定などの複雑な操作を避け、かんたんにリップルを購入することができますが、取引所と比較するとスプレッドが広めです。

リップルの長期保有なら問題ありませんが、短期トレードを行う場合はスプレッドがかさんでしまう可能性がありますので、十分に注意しましょう!

「仮想通貨取引所」の特徴

仮想通貨取引所の特徴
  • 業者を仲介して、ユーザー間同士で仮想通貨の取引を行う
  • 価格・注文方法を指定する必要があるため、販売所よりも操作が複雑
  • スプレッドが広め

取引所では、業者を仲介してユーザー間同士で仮想通貨取引を行います。

業者から直接売買を行わないので、その分スプレッドが狭く設定されています!

手数料を抑えられる反面、リップルを購入する際に価格・注文方法を指定する必要がありますので、初心者の方がいきなり取引所を利用するのは難しいかと思います。

ですので、まずは販売所でかんたんにリップルを購入し、慣れてきたら取引所で取引を行うようにするのがおすすめです。

Coincheckで無料口座開設

リップル(XRP)の手数料が安いおすすめ取引所4選

続いて、「リップルを安く、かんたんに購入できるおすすめ取引所」についてご紹介していきます。

バッチリ理解し、おトクにリップル(XRP)を購入しましょうね!

リップル(XRP)は2020年までにどうなる?将来性/価格予想を徹底解説!【必読】

①Coincheck(コインチェック)

Coincheckの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
Coincheck(コインチェックの特徴)
  • オンライン証券を運営している上場企業「マネックスグループ」によって運営されている
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料なので、リップルを格安で購入できる
  • リップルを含め「9種類」という数多くの仮想通貨を取り扱っている
  • スマホアプリが使いやすく、リップルを買うのが初めての方でも、かんたんに購入できる
  • キャンペーン期間中の今なら、無料口座開設と取引で「最大20,000円キャッシュバック」を受けることができる!

Coincheck(コインチェック)のメリット

Coincheckは、オンライン証券などを運営している上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っています。

2017年〜2018年にかけて大きく話題になりましたが、2019年に入ってから金融庁より「仮想通貨交換業者」としての認可を受けており、信頼性は抜群です!

「販売所形式」を用いているため、手数料無料で、かつかんたんな操作でリップルを購入することができます。

「取引手数料無料」なので、リップルを超格安で購入することができますよ!

 

また、Coincheckなら「数百円」という少額から、リップルを購入することができます。

投資に慣れていない方は、まずは少額資金でリップルを購入し、慣れてきたら買い増しするのが良いでしょう!

キャンペーン中の今なら無料口座開設+取引で「最大20,000円キャッシュバック」を受けることができますので、実質さらにおトクにリップルを購入することができます。

キャンペーン期間中の今のうちに、Coincheckに登録しておきましょう!

Coincheckで無料口座開設

Coincheck(コインチェック)デメリット

手数料無料のコインチェックであれば、最も安くて手軽にリップルを購入することができます。

ただしコインチェックは「販売所形式」を採用しているため、スプレッドが広いので短期売買には不向きです!

Coincheckのみで取引する場合は基本的に「長期保有」という形でリップルを保有しましょう。

もし短期トレードを行う場合は、や「bitbank」など、取引所形式を用いていてスプレッドが狭い業者に送金を行うのがオススメです!

②GMOコイン

GMOコインの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
各種手数料
(5.0)
取り扱い通貨
(4.0)
初心者へのオススメ度
(4.5)
総合評価
(4.5)
GMOコインの特徴
  • 東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」によって運営されている
  • 「取引手数料」「出入金手数料」が無料
  • リップルの「レバレッジ取引」にも対応している
  • キャンペーン期間中の今なら、無料登録するだけでビットコイン(20,000satoshi)もらえる!

GMOコインの登録/口座開設方法・アプリの使い方まで徹底解説!

GMOコインのメリット

GMOコインは、インターネット事業を中心に展開している一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っています。

オンライン証券である「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウを採用しているので、安全性は抜群です!

取引手数料無料」に設定されているため、コスト0円でリップルを購入することが可能ですよ!

GMOコインは、リップルの現物取引だけでなく「レバレッジ取引」にも対応しており、最大5倍のレバレッジをかけることが可能。

仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」がリリースされているので、スマホからでも本格的なリップルのレバレッジ取引を行うことができます!

GMOコインで無料口座開設

GMOコインのFXアプリ「ビットレ君」の使い方を徹底解説します!

GMOコインのデメリット

GMOコインではリップルを「手数料無料」で取引を行うことができますが、販売所形式を用いているのでスプレッドが広がる傾向にあります。

ですので、リップルを単発で購入して長期保有する分にはオススメですが、短期トレードを行う場合、スプレッドの狭い取引所に送金しましょう!

GMOコインなら送金手数料も無料なので、海外取引所への送金にもコストがかからないので安心です。

GMOコインの評判は?メリット/デメリットや口コミまで徹底解説!

③BITPoint(ビットポイント)

BITPointの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(4.0)
初心者へのオススメ度
(4.0)
総合評価
(4.0)
BITPointの特徴
  • 情報セキュリティ格付で「Ais」という高ランクを獲得している
  • 「取引手数料」「出入金手数料」が無料
  • MT4(Meta Trade 4)」と呼ばれるチャート分析プラットフォームを用いて、価格分析を行うことができる

ビットポイント(BITPoint)の使い方を解説!口座開設/登録方法や出金/入金方法・アプリの使い方も!

BITPoint(ビットポイント )のメリット

ビットポイントの最も大きなメリットは、情報セキュリティ格付で「Ais」という高いランクを得ている点。

セキュリティ面での信頼性は、他の取引所と比較しても群を抜いています!

さらに「取引手数料」「入金手数料」が無料に設定されているので、リップルをコストを抑えて購入することが可能です。

取引所形式を用いているために「スプレッド」が狭く、リップルの短期売買を行う場合でも手数料を抑えることができますよ!

さらにBITPointでは、FX(為替取引)や株式投資などでも用いられる「MT4(Meta Trade 4)」という分析ツールを用いて、チャート分析を行うことが可能です!

プロトレーダーの方も使用しているツールですので、本格的にチャート分析しつつ、リップルのトレードを行うことができます。

ビットポイント(BITPoint)の取り扱い通貨/銘柄5種類をご紹介!

BITPoint(ビットポイント )のデメリット

BITPointは「取引所形式」を用いているため、リップルを購入する場合は、金額や注文方法を指定する必要があります。

ですので、リップルの取引を初めて行う方にとっては、複雑な操作で迷ってしまう可能性が高いです。

初心者の方は「Coincheck」や「GMOコイン」など、かんたんな操作で購入できる業者を利用するのがオススメです!

④bitbank(ビットバンク)

bitbankの評価
セキュリティの高さ
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(4.0)
初心者へのオススメ度
(3.5)
総合評価
(4.0)
bitbank(ビットバンク)の特徴
  • 取引所形式を用いているので、スプレッドが狭い
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料
  • 2018年9月の時点で「仮想通貨取引量国内No.1」を誇っている

ビットバンク(bitbank)の口座開設・仮想通貨の購入方法・メリット・デメリット・セキュリティ・手数料などを解説

bitbank(ビットバンク)のメリット

bitbank(ビットバンク)は、2018年9月の時点で「仮想通貨取引量国内No.1」を記録しています。

ですので流動性が非常に高く、リップルの約定力は非常に高いです!

また、「取引手数料(maker)」「入金手数料」も無料に設定されているので、コストを抑えつつリップルを購入することができます。

「リップルの短期トレードをやってみたいな…」

という方は、bitbankにも登録しておきましょう!

bitbankで無料口座開設

bitbank(ビットバンク)のデメリット

bitbankは「取引所形式」を用いているため、リップルを購入する場合は、販売所よりも操作方法が複雑になってしまいます。

ですので、これからリップルを購入する初心者が利用する場合は、購入するまでにつまづいてしまう可能性があります。

初心者の方は操作がかんたんな「販売所」を利用するようにし、慣れてきてから「BITPoint」や「bitbank」などの取引所で取引を行うのがオススメです!

リップル(XRP)の手数料をさらに抑える方法

続いて、「リップル(XRP)の手数料をさらに抑える方法」についてご紹介していきます。

以下で解説する知識を駆使して、さらにおトクにリップルを取引しちゃいましょう!

手数料を抑える方法① 「取引所」に送金する

リップル(XRP)を購入する場合は、まずは操作方法のかんたんな「販売所」で買うのがオススメ。

しかし、リップルを買った後も販売所で取引を続けていると、スプレッド分でたくさんの手数料を持っていかれてしまう可能性があります…。

ですので、ある程度慣れてきたら「取引所」へリップルを送付し、そちらで取引を行うのがおすすめです!

リップルを扱う国内取引所一覧

上記2つであれば、取引所形式なのでスプレッドも狭く、手数料を抑えてリップルをトレードすることが可能です。

特にbitbank(ビットバンク)は、仮想通貨取引量「国内No.1」を誇っている取引所ですので、約定率も抜群ですよ!

手数料を抑える方法② 海外取引所に送金する

リップルの手数料を抑えて取引するためには、スプレッドの狭い「海外取引所」に送金して取引を行うのもオススメ。

大手海外取引所「Binance(バイナンス)」なら、リップルのスプレッドを圧倒的に抑えて取引することができますよ!

海外取引所は圧倒的にスプレッドが狭く設定されており、特にバイナンスでは「1000以上」の通貨を取引することが可能ですので、非常にオススメできます。

手数料を抑える方法③ ガチホする(長期保有)

手数料が気になるなら、そもそもトレードを行わずにガチホする(長期保有する)のも良いでしょう。

もともとリップルは将来性のある仮想通貨ですので、「Ripple Net」を用いた送金が世の中に普及していけば、リップルの価格が大きく上昇することが予想されます。

有名投資家で起業家の「与沢翼氏」も、2017年ごろからリップルをガチホしており、億単位の利益を出しています。

結局、根拠が明確でない短期トレードを繰り返してしまうだけだと、手数料分などで結果マイナスになってしまう場合が多いです…。

リップルの相場には、膨大な知識のある有能トレーダーも参入しているので、初心者の方がいきなり参入したとしても、養分になってしまう可能性が高いです。

それなら、リップルを完全に長期保有し、数ヶ月〜数年の間寝かせるのも大いにアリでしょう!

リップル(XRP)の価格予想について解説!2020年以降の今後の将来性は?

リップル(XRP)を安く購入できる取引所 まとめ

今回の記事では「リップル(XRP)を安く購入できる取引所」について解説しました。

結論、これからリップルを購入するなら、手数料無料でスマホアプリが使いやすい「Coincheck(コインチェック)」を利用するのがダントツでおすすめです!

リップルの短期トレードも行なっていきたい場合は、スプレッドが狭い「取引所形式」の業者に送金し、取引するように心がけましょう。

本記事内で解説した「リップルの手数料をさらに抑える方法」についてもおさらいしつつ、格安手数料でリップルを取引し、利益を出していきましょう!

Coincheckで無料口座開設