超かんたん!ビットコインの買い方を解説!

リップル(XRP)のおすすめ取引所ランキングをご紹介!手数料/スプレッドを徹底比較!

Satoshi

リップルを購入したいんだけど、どの取引所を利用したらいいのかわからない!
リップルは、今の国際送金システムを一新する可能性を秘めている仮想通貨じゃ!リップルを買うときのおすすめ取引所について解説していくのじゃ!

クリプト博士

今回の記事では「仮想通貨リップル(XRP)を購入する際のおすすめ取引所」について解説していきます!

リップル(XRP)は、ビットコイン・イーサリアムについで「時価総額3位」を誇る仮想通貨でして、今までの国際送金をより便利にする可能性を秘めています。

リップルは日本人投資家からも厚い人気を誇る通貨ですが、「どこの取引所でリップルを買えば良いのかわからない…」なんて方もたくさんいるでしょう。

本記事を見れば、手数料無料で安全に利用できる「リップルの取引所」についてバッチリ理解することができます。

是非最後までご覧下さい!

リップル (XRP)今後どうなる?将来性/価格予想を徹底解説!【2019年最新版】

ざっくり言うと…
  • リップル(XRP)は、国際送金(海外送金)をより便利にする可能性をもつ仮想通貨。
  • 時価総額「3位」を誇っており、特に日本人投資家からの人気が高い。
  • リップルの実用化が本格的になれば、価格が跳ね上がる可能性があるので、購入するなら実用化前の今がチャンス。
  • 「手数料の安さ」「安全性の高さ」「使いやすさ」を総合的に判断すると、リップルを購入するなら「Coincheck(コインチェック)」が最もオススメ。
  • 東証一部上場企業を親会社に持っており、キャンペーン中の今口座開設+取引すれば「最大20,000円キャッシュバック」を受けることができる!

Coincheckで無料口座開設

【結論】リップル買うなら「Coincheck(コインチェック)」がおすすめ

Coincheckの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
コインチェックの特徴・メリット
  • 東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っているので、信頼性抜群。
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料なので、圧倒的にコストを押さえてリップルを購入するとができる。
  • リップルの他にも「イーサリアム」「ビットコインキャッシュ」などのアルトコインを、合計9種類取り扱っている。
  • スマホアプリが使いやすく、累計ダウンロード数は「200万」を突破しているので、初心者の方でも迷わず操作可能!
  • キャンペーン中の今無料口座開設+取引を行えば、最大「20,000円キャッシュバック」を受けることができる!

Coincheck(コインチェック)は、オンライン証券会社を展開している上場企業「マネックスグループ」によって運営されている仮想通貨取引所。

過去に話題になった取引所ですが、2019年1月には金融庁から正式に「仮想通貨交換業者」としての認可を受けており、信頼性抜群です!

コインチェックの最も大きなメリットは、スマホアプリの使いやすさ。

2018年時点でアプリダウンロード数は「200万」を突破しており、国内取引所の中では最上級に使いやすいので、初心者の方には特にオススメです!

リップルの「取引手数料」や、日本円の「入金手数料」も無料ですので、無駄なコストを押さえてリップルを購入することができます。

さらに、キャンペーン中の今口座開設+取引を行えば、最大「20,000円キャッシュバック」を受けることが可能。

キャンペーン期間の今のうちに、コインチェックに登録しておきましょう!

Coincheckで無料口座開設

「販売所」と「取引所」の違いについて理解しよう

一口に仮想通貨取引所と言っても、実際は「取引所」と「販売所」の2つに分かれています。

リップルを安くてかんたんに購入するためには、両者の区別をつけておくことが非常に重要です!

バッチリ理解しておきましょう!

「仮想通貨販売所」の特徴

仮想通貨販売所の特徴
  • 業者と直接、仮想通貨の売買を行う
  • かんたんな操作で、仮想通貨を買える
  • スプレッドが広め

仮想通貨販売所の場合は、業者が仕入れた通貨に対して、直接的に売買を行います。

そのため、取引所と比較すると、スプレッドが広めになってしまいます。

スプレッドって?

仮想通貨の「購入価格」と「売却価格」の差額のこと。

「見えない手数料」とも言われており、スプレッドが狭ければ当然、手数料も安い。

その反面、複雑な操作を行う必要がほとんどないので、初心者の方はかんたんにリップルを買うことができます!

ただし、短期トレードを繰り返す場合は、スプレッド分の手数料がかさんでしまう可能性が考えられるため、十分注意しましょう!

「仮想通貨取引所」の特徴

仮想通貨取引所の特徴
  • 業者を仲介して、ユーザー同士で仮想通貨の取引を行う
  • 価格・注文方法を指定する必要があるので、購入手続きが少々複雑
  • スプレッドが狭い

仮想通貨取引所は、業者を仲介しつつ、ユーザー間同士で取引を行います。

注文価格・注文方法を指定する必要があるので、販売所よりも複雑ですが、その分スプレッドが狭いのでコストを抑えることができます!

初心者がいきなり「取引所」を利用するのは難しいため、まずは「販売所」を利用してリップルを購入していくのがオススメですよ!

リップル(XRP)のおすすめ取引所 第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheckの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
Coincheckの特徴
  • オンライン証券を運営している上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っている。
  • 金融庁から正式に「仮想通貨交換業者」としての認可を受けているので、信頼性抜群。
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料なので、低コストでリップルを購入することができる。
  • 現物取引だけでなく、リップルのレバレッジ取引にも対応している。
  • キャンペーンも充実しており、今なら口座開設+取引で「最大20,000円キャッシュバック」を受けることができる。

Coincheck(コインチェック)のメリット

コインチェックの最も大きなメリットは、スマホアプリが圧倒的に使いやすい点。

国内取引所ではダントツで使いやすく、ダウンロード数は「200万」を突破しています!

リップルを含めた9種類の仮想通貨を取り扱っており、「数百円〜」という少額からリップルを買うことができます。

販売所形式を用いており、複雑な操作をすることなく、初心者の方でもかんたんにリップルのトレードを行うことが可能。

キャンペーンも充実しており、今なら口座開設+取引で「最大20,000円キャッシュバック」を受けることもできます!

登録は1〜2分ほどで完了するので、キャンペーン中の今のうちに登録しておきましょう!

Coincheckで無料口座開設

Coincheck(コインチェック)のデメリット

Coincheckでは、リップルの場合は現物取引しか取り扱いがなく、レバレッジ取引はできません。

ただ、初心者の方がいきなりレバレッジ取引を行うのはリスクを伴うので、現物取引の取扱いがあれば問題ないでしょう!

さらにCoincheckには、ハッキングされた過去が存在しています。

現在は、金融事業を展開している一部上場企業「マネックスグループ」に経営移管しているので、セキュリティは万全だと言えます。

もともとオンライン証券を運営しているということもあり、セキュリティレベルが高く、安心して利用することが可能ですよ!

Coincheckで無料口座開設

リップル(XRP)のおすすめ取引所 第2位:GMOコイン

GMOコインの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(5.0)
取り扱い通貨
(4.5)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(4.5)
GMOコインの特徴
  • 東証一部上場企業である「GMOインターネットグループ」を親会社にもつ取引所。
  • 「取引手数料」「出金・入金手数料」「送金手数料」が無料なので、圧倒的にコストを抑えてリップルを買える。
  • レバレッジ取引にも対応しており、リップルの場合は「最大5倍」のレバレッジをかけることができる。
  • キャンペーン期間中の今なら、登録するだけでビットコイン(20,000satoshi)もらえる!

GMOコインの登録/口座開設方法・アプリの使い方まで徹底解説!

GMOコインのメリット

GMOコインの最も大きなメリットは、取引にかかる手数料が格安な点。

「取引手数料」はもちろんのこと、「出入金手数料」「送金手数料」までバッチリ無料ですので、コストをしっかり抑えてリップルを購入可能です!

さらに現物取引の他、リップルのレバレッジ取引にも対応しています。

オンライン証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウも持っておいるので、セキュリティレベルが高く、安心して取引することができます!

GMOコインで無料口座開設

GMOコインの取り扱い通貨を解説!全ての通貨に将来性あり!【2019年最新】

GMOコインのデメリット

GMOコインは「販売所形式」を採用していますので、取引所で購入するよりも若干「スプレッド」が広くなってしまいます。

ただ、販売所を利用すればかんたんな操作でリップルを買えるので、長期保有をする場合は販売所で購入するのが良いでしょう。

問題は、リップルの短期売買を行う場合です。

スプレッドが大きい場合、取引を繰り返せば繰り返すほど、無駄な手数料を取られてしまうことになります。

リップルの短期売買を行う場合は、取引所形式を採用していてスプレッドが狭い海外取引所「Binance(バイナンス)」で取引を行うようにしましょう。

GMOコインなら「送金手数料」が無料なので、海外取引所にもコストをかけずに送金可能ですよ!

GMOコインで無料口座開設

GMOコインでのリップルの買い方/購入方法を解説!手数料や注意点も!

リップル(XRP)のおすすめ取引所 第3位:DMM Bitcoin

DMM_Bitcoinの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
各種手数料
(5.0)
取り扱い通貨
(4.5)
初心者へのオススメ度
(4.0)
総合評価
(4.5)
DMM_Bitcoinの特徴
  • 動画事業などを数多く展開している上場企業「DMMホールディングス」を親会社に持っている
  • リップルは「レバレッジ取引」のみを取り扱っており、最大4倍のレバレッジをかけることが可能
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が無料なので、コストがかからない
  • レバレッジ取引に特化しており、リップルを含めた7種類の通貨のレバレッジ取引を行える!
  • キャンペーンが充実しており、無料口座開設するだけでなんと「1,000円キャッシュバック」を受けることができる!

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の評判/口コミ/メリット/デメリットを徹底解説!

DMM Bitcoinのメリット

DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化している取引所ですので、リップルの他にも7種類の通貨のレバレレッジ取引ができます!

さらにGMOコインと同様「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が無料なので、無駄なコストをかけずにリップルの取引を行えますね。

さらにキャンペーンが充実しており、無料口座開設するだけで「1,000円キャッシュバック」を受けることが可能です!

もちろん、口座開設で受け取った1,000円を用いてトレードすることもできますよ!

DMM Bitcoinで無料口座開設

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の評判/口コミ/メリット/デメリットを徹底解説!

DMM Bitcoinのデメリット

DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化している取引所ですので、リップルの現物取引には対応していません。

初心者の方がいきなりレバレッジ取引を行うのはリスクが伴うので、リップルへの投資をこれから始める方は、現物取引から行うのがオススメ。

ですので、DMM Bitcoinで口座開設しつつ「Coincheck」や「GMOコイン」など、現物取引に対応している所でも口座開設しておくと良いでしょう!

リップル(XRP)のおすすめ取引所 第4位:bitbank

bitbankの評価
セキュリティの高さ
(4.5)
使いやすさ
(4.5)
各種手数料
(4.0)
取り扱い通貨
(4.5)
初心者へのオススメ度
(4.0)
総合評価
(4.0)
bitbank(ビットバンク)のメリット
  • 2018年9月時点で、仮想通貨の取引量なんと「国内No.1」を誇っている
  • 「maker売買手数料」「入金手数料」が無料
  • 取引所形式を採用しているので、スプレッドが圧倒的に狭い

ビットバンク(bitbank)の口座開設・仮想通貨の購入方法・メリット・デメリット・セキュリティ・手数料などを解説

bitbank(ビットバンク)のメリット

bitbankの最も大きなメリットは、仮想通貨の取引量「国内No.1」を誇っている点。

仮想通貨の流動性が高いということは、約定率が高まるので、好きな時に仮想通貨を売買することができて非常に安心です!

さらに「取引所形式」で仮想通貨を扱っているので、国内取引所の中では圧倒的にスプレッドが狭いです。

リップルの短期売買を中心に行なっていく場合は、bitbankはかなりオススメな取引所です!

bitbankで無料口座開設

bitbank(ビットバンク)のデメリット

bitbankは「取引所形式」を採用しているので、リップルを購入する場合は価格・注文方法まで指定する必要があります。

ですので、これからリップルを初めて購入する初心者の方には、難しい操作が多いのでオススメすることができません。

また、レバレッジ取引の扱いがなく「現物取引のみ」となっておりますので、そちらも十分に注意しましょう!

長期保有用に「Coincheck」や「GMOコイン」を利用し、短期トレード用に「bitbank」を利用するのが非常にバランスが良いかと思いますよ!

bitbankで無料口座開設

リップル(XRP)のおすすめ取引所 第5位:BITPoint

BITPointの評価
セキュリティの高さ
(4.5)
使いやすさ
(3.5)
各種手数料
(5.0)
取り扱い通貨
(4.5)
初心者へのオススメ度
(4.0)
総合評価
(4.0)
BITPointの特徴
  • 情報セキュリティ格付で「Ais」という高ランクを取得しており、安全性は抜群。
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が無料なので、無駄なコストがかからない。
  • 「取引所形式」を採用しているので、スプレッドが非常に狭い。
  • 高性能取引プラットフォーム「MT4(Meta Trade 4)」を用いてトレードでき、プロ並みのチャート分析を行うことができる。

BITPoint(ビットポイント)のメリット

BITPointの大きなメリットの1つとして、情報セキュリティ格付で「Ais」という高ランクを取得していることが挙げられます。

BITPointの経営陣の中には、以前金融庁にいた「日野正晴氏」など優秀な人材が多数存在しており、セキュリティに関しては信頼性があります!

さらに「取引所形式」を採用していることにより、スプレッドが圧倒的に狭いです。

FXや株式投資などでも頻繁に用いられている「MT4」というツールを用いれるので、プロ並みのチャート分析を行うことが可能ですよ!

BITPointで無料口座開設

BITPoint(ビットポイント)のデメリット

BITPointはbitbankと同様に「取引所形式」を採用しているため、リップルを購入する場合は価格・注文方法を指定する必要があります。

初心者の方がいきなり利用するには少々難しく、これから初めてリップルを購入する方にはオススメできません…。

最初は販売所形式を用いている「Coincheck」「GMOコイン」を利用し、慣れてきてからスプレッドの狭いBITPointを利用するのが良いかと思われます!

BITPointで無料口座開設

リップル(XRP)のおすすめ取引所 第6位:Binance(海外)

Binanceの評価
セキュリティの高さ
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(3.5)
総合評価
(4.0)
バイナンスの特徴
  • 非常に有名な海外取引所で、取り扱い通貨数はなんと「1,000」を突破している
  • 取引手数料は「0.1%」と破格で、BNBトークンを用いれば「0.05%」となり、ほとんど手数料がかからない。
  • リップルは「基軸通貨」としても採用されているので、リップル建てで他の通貨の取引も行うことができる。

Binance(バイナンス)のメリット

Binance(バイナンス)は海外の仮想通貨取引所でして、「1000通貨」もの仮想通貨を取り扱っています。

国内では取り扱っていない「草コイン」などの扱いもあるので、価格が伸びていない有望アルトコインにも投資することができます。

特にリップルは「基軸通貨」としても採用されているので、リップルを保有しておけばたくさんの仮想通貨をトレードすることができますよ!

「取引所形式」を採用しているのでスプレッドが狭く、さらに取引手数料は「0.1%」となっており、バイナンスコインを利用すればさらに手数料を「0.05%」まで引き下げることも可能です!

Binanceで無料口座開設

Binance(バイナンス)のデメリット

Binanceは取り扱い通貨数が多く、手数料が安い反面、国内取引所よりも操作方法が複雑です。

「取引所形式」なので価格指定・注文指定をする必要があり、通貨数が多いので初心者の方がいきなり利用したら、混乱してしまう可能性があります!

まずは「Coincheck」や「GMOコイン」などの販売所を利用し、他のアルトコイン・草コインを取引したくなった場合はBinanceを利用するのが良いでしょう。

またBinanceには日本円の直接入金ができないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

送金手数料が格安な「Coincheck」で仮想通貨を購入し、Binanceに送金を行いましょう!

Coincheckで無料口座開設

リップル(XRP)を今のタイミングで購入するメリット

続いて、「リップル(XRP)を今のタイミングで購入するメリット」について見ていきましょう。

今リップルを購入しておけば、将来的に価格が大きく高騰する可能性があります。

実用化を控えている今だからこそ、リップルを購入する価値があるんです!

リップル(XRP)は2020年までにどうなる?将来性/価格予想を徹底解説!【必読】

リップルを購入するメリット① 1XRP=1,000円を突破する可能性がある

従来の国際送金システムである「SWIFT」の年間の送金規模は「約66兆円」とも言われています。

リップル社の送金システム「Ripple Net」を用いた送金では、送金を行う2つの通貨間を「仮想通貨リップル」が橋渡しを行います。

ですので、SWIFTが「Ripple Net」に置き変わったとすると、理論上リップルの価格は「1XRP=1,000円」を突破する計算になるんです!

もちろん断言することは不可能ですが、Ripple Netを用いた送金の実用化が進めば、価格が大きく高騰する可能性は十分に考えられますね!

リップル(XRP)の価格予想について解説!2020年以降の今後の将来性は?

リップルを購入するメリット② 提携金融機関が200社を突破している

リップル社の送金ネットワークを注目している金融機関は非常に多く、国内外問わずたくさんの企業がリップル社と提携を果たしています。

2019年1月には、リップル社との提携金融機関の数は「200」を突破しているんです!

リップルと提携している金融機関
  • タイ銀行
  • イングランド銀行
  • バンクオブアメリカ
  • みずほフィナンシャルグループ
  • SBIホールディングス
  • 三菱UFJ銀行

上記のように、国を代表するような銀行・金融機関がすでにリップル社と提携を果たしています。

SWIFT送金よりも早く、そして安い「Ripple Net」の送金が普及してくれば、提携している金融機関も「Ripple Net」を導入するのは言うまでもないでしょう。

そうなれば、ブリッジ通貨として使用される「仮想通貨リップル(XRP)」の需要が高まり、大きく値をあげる可能性も高いです!

リップルを購入するメリット③ リップルを用いた送金実験が始まっている

リップルの開発している送金ネットワークである「Ripple Net」は、以下の3つのプロダクトに分けられています。

3つのプロダクト
  1. xRapid
  2. xCurrent
  3. xVia

上記のプロダクトのうち、仮想通貨リップルをブリッジ通貨として使用するのは「xRapid」のみとなっています。

ですので、仮想通貨リップルが送金で使用されるかどうかは「xRapidを用いた送金が実用化するかどうか」に大きく左右されます!

2019年3月には、イギリスの大手送金業者「Mercury-FX」がリップルの「xRapid」を用いた送金実験に成功しています。

2019年前半までには、中東やカナダなどおよそ「10か国」でxRapidを用いた国際送金を導入すると発表されているので、非常に期待できます!

広範囲で「xRapid」が利用されれば、リップルの価格も大きく上昇する可能性が高いです!

Coincheckで無料口座開設

リップル(XRP)はハードウォレットで管理しよう

リップルを購入した後に気になるのが、その後の管理方法。

仮想通貨取引所のウォレットは「ホットウォレット」で、14時間インターネットに接続されている状態ですので、ハッキングのリスクが拭い切れません。

ですので、多額のリップルを保有する場合は、オフライン上で管理することができる「ハードウォレット」でリップルを管理することをオススメします。

ハードウェアウォレットの特徴
  • 有料で販売されている(数千円程度)
  • オフラインウォレットなので、ハッキングのリスクはほとんどない
  • 実態があるので、持ち運びできる

ハードウェアウォレットなら、オフライン上でリップルを保管することができるので、外部からの攻撃を守ることができます。

ただし購入するのにはお金がかかりますので、多額のリップルを保有する場合のみ、購入を検討するのが良いかと思います!

最も有名なハードウェアウォレット「Ledger Nano S」なら、リップルを含めた約25種類の仮想通貨を保管することができます。

リップルを安全に保管したい方は、是非参考にしてみましょう!

Ledger Nano Sをチェック

リップル(XRP)のおすすめ取引所 まとめ

今回の記事では「リップル(XRP)のおすすめ取引所」について解説しました。

結論をもう一度言いますと、リップルをこれから購入するなら、かんたんに購入できて手数料が安い「Coincheck(コインチェック)」を利用するのが最もオススメ。

アプリも使いやすく、販売所形式を用いていて、かんたんな操作でリップルを買えます!

まずは現物取引から初め、慣れてきたらリップルの「レバレッジ取引」などにもチャレンジしてみると良いですね。

リップルの実用化が始まれば、価格は今よりもグンと上がることが予想されます。

実用化前の今のうちに、リップルを保有しておきましょう!

Coincheckで無料口座開設