超かんたん!ビットコインの買い方を解説!

リップル(XRP)が上がらない6つの理由!今後はどうなるの?【2019年最新】

Satoshi

ビットコインは上がっているのに、どうしてリップルは上がらないの?教えてクリプト博士!
鋭い質問じゃな。今回は、リップルがなぜ上がらないのか解説していくぞい!

クリプト博士

ここ最近の価格上昇で、リップルだけ上がらないことから、焦りや不安を感じている方も多いでしょう。

しかし、長期的にみればリップルは将来性が高く、値下がり中の今は買い増しの大チャンスであるといえます。

今回の記事では、リップルが上がらない理由と、長期的には価格上昇が期待できる理由を解説していきます!

ざっくりいうと...
  • リップルの価格が上がらない理由は、「①実用化まで時間がかかる」「②ロックアップが解除されている」「③RippleNetが一部しか使われていない」「④流通枚数が多い」「⑤投機トレードが多い」「⑥SWIFTと取って変わらない可能性がある」の6つが考えられる。
  • 今後のリップルは、国際送金の課題解決やxRapidの実用化、有名な企業や銀行などの提携を通して、価格上昇への大きな期待が持てる!
  • これからリップルを買うなら、230万人以上のユーザーが利用するCoincheck(コインチェック)は必ず登録しておきたい取引所!

Coincheck(コインチェック)の公式サイトをチェック

\取引手数料が無料!/

Coincheckで無料口座開設!

リップル(XRP)の価格が下落中!もう上がらないの?

リップル_上がらない_もう上がらない?

2019年4月からビットコインや他の主要仮想通貨も上昇していますが、リップルはやや乗り遅れています。

2019年8月には一時0.225ドル(23.96円)まで下落し、今年の最安値0.27795ドル(29.60円)を更新してしまいました。

まずは、リップルがなぜ上がらないのか、その理由を確認していきましょう。

リップル(XRP)の価格が上がらない6つの理由!

リップルが上がらない背景には、大きく分けて以下の6つの理由があります。

リップルが上がらない6つの理由
  1. 実用化までに時間がかかる
  2. ロックアップが解除されている
  3. RippleNetが一部でしか使われていない
  4. 流通枚数が多い
  5. 投機トレードが多い
  6. SWIFTと取って変わらない可能性がある

① 実用化までに時間がかかる

リップルの価格が上がらない理由として、実用化までに時間がかかるという点があります

リップルはこれまで、実証実験などを数多く行ってきました。

2019年からはこれらを基にした実用化も徐々にスタートしてきていますが、本格的に普及するのは2020年頃からと考えられています

逆をいうと、2019年はリップルを買い集める良い機会ともいえるじゃろう。

クリプト博士

② ロックアップが解除されている

リップルの発行枚数は1,000億XRPで、このうち550億XRPがリップル社でロックアップ(凍結)されています

ロックアップされている550億XRPは、1ヶ月ごとに10億XRPがリップル社から市場へ供給されていきます。

つまり、リップルの供給量は少しづつですが、毎月増えている状態です。

一般的な考えに基づくと、供給量が増えることで、1XRPの価格も相対的に少し減少することになります

そのため、リップルの価格が上がらない理由には、このロックアップの解除も影響しているといえるのじゃ。

クリプト博士

③ RippleNetが一部でしか使われていない

リップルが提供するRippleNetには、すでに200社以上の企業・銀行が加盟しています。

ただし、この中でも実用化まで行われているのは、まだそれほど多くありません

こうした点も、リップルの価格が上がらない原因となっていると考えられます。

逆をいうと、RippleNetがすべての企業・銀行で使われるようになれば、価格も上昇が期待できるぞい!

クリプト博士

④ 流通枚数が多い

上述したように、リップルは1,000億XRPが発行枚数の上限となっています。

そして、このうちすでに半分近くの約439億XRPが流通枚数となっています。

リップル_上がらない_流通枚数

 

ロックアップでも解説したが、流通枚数が多ければ1XRPの価格は相対的に減少するのじゃ

クリプト博士

Satoshi

なるほど!発行枚数のうち、すでに半分ほど流通しているから価格が上がりにくいんだね。

⑤ 投機トレードが多い

そもそも投資というのは元本に対するリスクを減らしつつ運用益を高めていくもので、仮想通貨は投資ではなく、「投機」であるとよく言われています。

投機というのは投資に比べてリスクが高いが、その分リターンも高い、ギャンブルに近いものと言われています。

ビットコインをはじめとした仮想通貨は投機トレードが株式や債券などに比べて多いのですが、リップルはその中でもooitoiwareteimasu.投機トレードが多い点も、リップルの価格が上がらない要因の1つとなっています。

投機トレードの場合、価格が上がったらすぐに売却する可能性が高いといえます。

そのため、継続した価格上昇が起こりづらく、結果的に価格が上がりづらくなっているのです

⑥ SWIFTと取って変わらない可能性がある

リップルが狙う国際送金の市場では、これまでSWIFTという組織が活躍してきました。

SWIFTのシステムには、送金速度の遅さや手数料の高さという課題があります

そのため、将来的にはリップルのような仮想通貨が、こうしたシステムに取って代わると考えられていました。

いっぽうで、2019年7月18日に、SWIFTは新たなシステムでの送金実験成功を報告しています。

この送金実験は、オーストラリア、中国、カナダなど世界各地の17の銀行間で行われました。

そして、わずか13秒〜25秒ほどの時間で送金が成功したと報告されたのです

こうした成功例を考えると、将来的にリップルがSWIFTと取って変わらない可能性も考えられるのじゃ。

クリプト博士

Satoshi

なるほど!最近はこういうニュースがあったから、価格も思うように上がらなかったんだね。

諦めるのはまだ早い!リップル(XRP)が今後上がる根拠!

Satoshi

リップルの価格が上がらない理由は、だいたいわかったよ!これからはどうなるのかな?
諦めるのはまだ早い!リップルには今後価格の上昇が期待できる根拠が多数あるのじゃ!

クリプト博士

① 送金実験が進められている

リップルを使ったサービスは、これまで数多くの実証実験が行なわれてきました

そのため、普及する地盤は着々と作られてきています

また、2019年からは実際に商用利用が始まってきています。

たとえば、2019年4月には、サウジ・ブリティッシュ銀行がリップルを使った送金サービスの立ち上げを発表しました

これは、サウジアラビアでは初めてとなるリップルを使った送金サービスでもあります。

また、サウジ・ブリティッシュ銀行は、イギリスの世界最大級のメガバンクであるHSBCホールディングスの傘下に入っています。

このサービス立ち上げによって、グループ傘下の銀行を中心に世界的に普及していく可能性も考えられます

リップルは実証実験だけでなく、実利用が増えてきておる!今後にはますます期待できるぞい!

クリプト博士

② 基軸通貨としての需要がある

リップルには基軸通貨としての需要があるぞい!

クリプト博士

基軸通貨とは?

取引所などで、さまざまな通貨の取引の中心となる通貨のことです。

2019年現在海外の取引所などでは、ビットコインを通して仮想通貨の取引をするのが一般的です。

いっぽう、ここ最近ではリップルを基軸通貨として採用する取引所も増えてきています

Satoshi

有名な取引所だと、中国発のバイナンスなんかも基軸通貨としてリップルを採用しているね!
基軸通貨として採用されると、リップルを使った取引が増えるのじゃ。

クリプト博士

これによってリップルの需要が増え、結果的に価格の上昇も期待できるぞい!

クリプト博士

③ 国際送金が低コスト化・高速化する

従来の国際送金には、2つの大きな課題がありました。

国際送金の2つの課題
  • 課題1:送金に長い時間がかかる(3日から一週間ほど)
  • 課題2:送金の手数料が高い(2,000円から5,000円ほど)

リップルはこの2つの課題を、独自の特徴で解決しようとしています

リップルの解決策
  • 課題1への解決策:1件あたり4秒の高速送金
  • 課題2への解決策:1件あたり数十円の格安の送金手数料

リップルの公式ページでも送金速度の比較がありますが、ビットコインと比較しても1時間以上も速くなっています

リップル_上がらない_送金速度

こうした機能面が優れている点は、リップルの大きな魅力の1つじゃ!

クリプト博士

Satoshi

実用性に優れているから、今後もさらなる普及が期待できるんだね!

④ xRapidの実用化が進んでいる

XRPの価格上昇につながる、xRapidの利用増加も見逃せない点じゃ

クリプト博士

リップル社は2019年第2四半期(4〜6月)のレポートで、xRapidの利用増加を報告しています

具体的には、前期比で取引高が170%増加しており、Ripplenetへの加盟数も30%の増加が報告されています

リップル_上がらない_xRapid増加

ブラッド・ガーリングハウスCEOはYahoo Finance UKのインタビューの中で、「2020年までには取引高10億ドル(約1060億円)を超える」という予想も行っています。

Satoshi

この感じでいけば、XRPのニーズが増えて価格の上昇が期待できるね!

⑤ 有名な銀行・金融機関との提携

リップルは有名な銀行や金融機関との提携を積極的に行っているぞい!

クリプト博士

下記は、リップルがこれまでに提携した銀行・金融機関の一例です。

リップル提携銀行・金融機関例
  • 三菱東京UFJ
  • みずほ銀行
  • クウェート国立銀行
  • マネーグラム
  • サンタンデール銀行 など

MUFGやみずほ銀行など、日本のメガバンクも参加していますね。

2019年3月にも、インドで国内送金シェア15%を占める銀行の1つであるFEDERAL BANKとの提携が発表されています。

リップルの世界各国の銀行や金融機関との提携は、今後もますます増えることでしょう。

世界中でリップルが利用されることになり、将来的な価格上昇が期待できるのじゃ! 

クリプト博士

リップル(XRP)買うなら今!おすすめ取引所3選!

Satoshi

リップルの価格が今後は上がりそうなことはわかったよ!僕も実際にリップルを買ってみたいな!
よかろう。ここからは国内でも安全にリップルを買える、金融庁が認可したおすすめ取引所3社を紹介するぞい!

クリプト博士

第1位:Coincheck(コインチェック)


取引所の評価
セキュリティの高さ
(4.5)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
コインチェックの特徴
  • スマホアプリが使いやすい
  • 手軽で簡単にリップルが買える

第1位のコインチェックは、初心者でも使いやすいアプリで人気の取引所です

ユーザー数はすでに230万を突破していおり、多くの人から支持を集めています。

2018年には、仮想通貨ネムの大規模なハッキング事件もありました。

いっぽう、その後は金融大手のマネックスグループが買収し、運営体制などが大幅に改善されました。

これによって、現在では金融庁の認可も取得した安心・安全の仮想通貨取引所となっています。

初心者でとにかく使いやすい取引所が良いなら、コインチェックに決まりじゃ!

クリプト博士

→Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設

第2位:GMOコイン

リップル_上がらない_GMOコイン

取引所の評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(4.5)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
GMOコインの特徴
  • 取引ツールが使いやすい
  • 多様な取引形式でリップルが買える

第2位のGMOコインは、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営元の親会社です。

上場企業のため信頼性は非常に高く、初心者でも安心して取引をすることができます

また、リップルの取引形式が豊富な点も魅力で、「取引所」と「販売所」の2つの形式でリップルを購入することができます。

「取引所」と「販売所」の違い
  • 取引所」→価格にこだわってお得にリップルが買える!
  • 販売所」→初心者でも手軽でかんたんにリップルが買える!
いろいろな取引形式が使えるGMOコインは、すでに他の取引所に登録した人にもおすすめじゃ!

クリプト博士

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

第3位:DMM Bitcoin

リップル_上がらない_DMM Bitcoin

取引所の評価
セキュリティの高さ
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
各種手数料
(4.0)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(4.5)
総合評価
(4.5)
DMM Bitcoinの特徴
  • DMM.comの運営で信頼性が高い
  • リップルのレバレッジ取引に対応

第3位にランクインしたのは、DMM Bitcoinです。

DMM Bitcoinは、国内でも動画配信などで有名な、DMM.comが運営している仮想通貨取引所です。

大手企業の運営で信頼性は非常に高く、安心して自分の資金を預けることができるでしょう

また、リップルを使ったレバレッジ取引に対応している点も魅力です。

レバレッジ取引とは?

自己資金よりも大きな金額で仮想通貨を売買できる、取引方法のことです。

レバレッジ取引なら、自己資金を最大で4倍まで増やしてリップルを取引できるぞい!

クリプト博士

Satoshi

大きな金額で取引できれば、大きな利益も狙えるね!リップルで一発狙うなら、DMM Bitcoinに決まりだ!

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

リップル(XRP)はもう上がらない? まとめ

以上、リップル(XRP)上がらないについて解説してきました。

あらためて、この記事のポイントをまとめておきましょう。

この記事のポイントをまとめると
  • リップルは、実用化まで時間がかかることや、ロックアップが解除されている点など、価格が上がりづらい要因がいくつかある。
  • 今後は世界各地で本格的な商用利用のスタートが見込まれており、大幅な価格上昇が期待できる!
  • リップルを買うならCoincheck(コインチェック)!230万人以上のユーザーが支持する使いやすい取引所でリップルを買ってみよう!

仮想通貨_稼ぐ_コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはコチラ

Coincheckで無料口座開設!

今回紹介したように、リップルはここ最近低迷しているが、将来的には価格上昇が期待できるぞい!

クリプト博士

むしろ、値下がりしている今は絶好の買い時といえるのじゃ!

クリプト博士

Satoshi

みんなも取引所に登録して、リップルをいますぐ購入しよう!