ついにリップルのターン!?爆上げ高騰なるか!リップルの価格を押し上げる好材料がついに出た!

2017年12月7日、リップルのロックアップが発表されましたが、これを機に価格が上昇するかと思いきや、リップルの上昇はいまいち。

このままビットコインキャッシュやライトコインに押されたまま2017年を終わらせるのかと寂しさを感じていましたが、12月12日、リップルの価格を押し上げる好材料が出たとたん、価格は高騰します。

12月10日にはコインチェックにて約25円だったリップルは、たった2日で2倍の50円以上の値を付ける上昇を見せました。

好材料とは?

リップルと言えば、SBIホールディングスとSBI Ripple Asiaですね。

その2社が「内外為替一元化コンソーシアム」の事務局(サポート役)を務めています。

「内外為替一元化コンソーシアム」とは、外国為替と内国為替を一元的に行うプラットフォーム「RCクラウド」の活用と構築、実用化のために組織された集団です。現在61行の金融機関が参加しています。

この「内外為替一元化コンソーシアム」が実現すれば、他の銀行間での決済や送金が効率的になるとされます。

また、すでに実証実験が完了している「RCクラウド」には将来的にはリップルが使われます。

そして今回のリップルの高騰の理由となった好材料こそが

「内外為替一元化コンソーシアム」の共同実験第1弾「日韓送金実験」なのです。

日韓送金実験とは?

参加銀行:日本からは三井住友銀行・りそな銀行・住信SBIネット銀行なそ37行が参加、韓国からは大手のウリィ銀行・新韓銀行の2行が参加

  • 実験期間:2017年12月15日から1月31日まで(予定)
  • 実用開始予定:2018年春ごろ

利点:円やウォンを仮想通貨に換金することで、送金コスト30%カット・即日海外送金など

…今まで沈黙し続けていたリップルは、来年あたり大きくその存在感を示しそうですね。100円越えも夢ではなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です