イーサリアムの買い方

SMBCデビットカードを発行して三井住友銀行の手数料改悪を乗り切ろう

20160815smcc-800x342

三井住友銀行が手数料改定

三井住友銀行の手数料が10月21日より改定されると発表がありました。

三井住友銀行の手数料の改定内容はコチラ

1.当行本支店ATMにて、当行キャッシュカードで出金する際の時間外手数料(平日)

改定前 改定後
ご利用口座のお取引時点での預金残高が10万円以上の場合、無料 ご利用口座の預金残高にかかわらず、108円(消費税込/回)がかかります

2.SMBCダイレクトでの当行本支店あての振込手数料

改定前 改定後
お振込受付時点での出金口座の預金残高が10万円以上の場合、無料 出金口座の預金残高にかかわらず、108円(消費税込/回)がかかります

このように改定後は10万円以上の預金者でも手数料が必要になり、改定というよりは改悪に近い形となっています(汗)

他ではゆうちょ銀行も10月から手数料の改定を発表しており、顧客に負担を求めるケースが徐々に出始めていますね…。

ゆうちょ銀行でも送金が月4回目から有料に…ビットコインなら

一方で三井住友銀行は10月に「SMBCデビットカード」を新規発行を開始すると発表しています。

デビットカードとは

クレジットカードと違い、デビットカードを使うと、決済後すぐに銀行の預金から引き落とされるカード。

クレジットカードは使った分の請求をまとめて翌月に支払いしますが、デビットカードは使ったその場で引き落とされるので、お金の使いすぎを防げ人気のあるカードです。

メガバンクでは他に「三菱東京UFJ-VISAデビットカード」などが有名ですね。

マイナス金利が始まり顧客離れが進む中、銀行も顧客の囲い込みに必死になのでしょうか。

恐らくSMBCデビットカードの発行が開始されれば、顧客は銀行から預金を引き出すケースが圧倒的に減るので、減益は避けて通れないと思います。

そのために10月より手数料をあげたとの見方もあるみたいですね。

どちらにせよ、銀行の矛盾した戦略が垣間見えたニュースでした。

10月以降、無駄に手数料を払いたくない人は、「SMBCデビットカード」を作っておいた方が良いと思いますよー。

ビットコイン購入

本日もビットフライヤーの取引所にてビットコインを積立購入。
160915

24時間最高値:63,111円
24時間最安値:62,486円

相場は依然として落ち着いた状況です。

本当にビットコインって…世の中の動きとは逆と言いますか…世の中が慌ただしいと静かにしていて、世の中あまりニュースがない時に急騰したり、暴落したりします。

何をチェックしたら良いのか解らないビットコインですが、ある意味そこが魅力なのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です