なぜビットコインをHF(ハードフォーク)をするのか?主婦がダンナに内緒で仮想通貨トレードに挑戦【11月20日の結果】

ビットコインのトレード記録:2017年11月20日月曜日

【ビットコインダイヤモンド詳細情報】

ビットコインのブロックサイズが495,866になるとハードフォーク(以下HF)が行われ、そこから新しいブロックが分岐して、ビットコインダイヤモンドが誕生します。

マイナーはこのHFを歓迎すると予想されるので、分裂後にはビットコインダイヤモンドも問題なくマイニングされ、新しいブロックが作られると予想されます。

ブロックサイズ495,866って?

ビットコインにおいては、1つあたり1MBのブロックが約10分ごとに新しく作られていきます。これがあたかもチェーンのように繋がっていることからブロックチェーンと呼ばれるのです。そしてこのチェーンのように繋がっているブロックには番号が付けられていて、495,866番目のブロックでHFが行われるのです。

なぜビットコインをHFするの?

ビットコインは唯一無二の「天上天下唯我独尊」とも言える特別な存在です。そして始まりの仮想通貨であるがゆえに、他のアルトコインに比べると使い勝手に問題があり、機能面でも劣っていますが、『ビットコインはそのままでいてこそのビットコイン』です。とは言え、誕生してから9年も経てばどうしても改善が必要な点も出てきます。その問題点をカバーすることがHFになります。

ビットコインダイヤモンドはどんな点をカバーしてる?

メモ

  1. ブロックサイズを8MBに引き上げる→取引速度をUP
  2. さらなる暗号化→プライバシー保護を求めるユーザーのために
  3. 最大供給量をビットコインの10倍の2億1000万BCDに→採掘量が減ってマイニングの難易度が上がったビットコインに代わり、マイニングしやすくすることで(これは閾値を下げるとも言う)新規マイナーを増やせるし、供給量が多いのでBCHやBTGよりマイニング難易度が低い状態が長く続く
  4. マイニングアルゴリズムがGPU→難しいことはわかりませんが(汗)、ビットコインはスピード重視のASICでマイニングをしますが、マイニング以外に使い道のないASICの欠点をカバーできるGPUでマイニングができるというメリット(ブロックサイズが8MBになるので処理速度は十分カバーできる…はず)

以上、ビットコインダイヤモンドの詳細情報追加です。

駆け足でお届けしましたよ~。ゼーハー。

初心者にもわかりやすく書いたつもりですが、いかがでしょうか?

BCDが盛り上がる中、ビットコインはビットフライヤーのレートで96万円の高値を更新!

高値更新をするたびに「今から投資しても遅い」と言われ続けたビットコイン!

今から投資しても遅いと思いますか?

それでは今日も私のデイトレ日記にお付き合いください。

レバレッジ取引はビットフライヤーを利用、新規注文は成行、決済注文は指値と成行、トレードする通貨はビットコインです。

11/20 ビットコイン トレード開始

まずは日足チャート

↑次は4時間足チャート

↓は15分足チャート

いつものように押し目買いだよ~。

お昼ごろに合計0.4BTCロングでポジションを持ったけど、ずっと横ばいで、夕食の支度の時間になったので、仕方なく逆指値を入れて放置。

夜中にチャートを見たら、いい感じに上がっていて、もっと上がりそうだけど決済して+8204円。


11月20日のトレード結果:+8204円

寝ている間に高値更新して、その後暴落したらいやだなって思って利食いしたけど、今なお高値圏にいるビットコイン。

すごいよね、このパワー。

今日も最後まで読んでくれてありがとう♪

2017年12月8日 追記


ビットコインの価格が220万円を更新!!


ビットコインの購入方法・買い方はコチラ
[st-card id=812]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です