取引所「リップルトレードジャパン」の代表が詐欺容疑で逮捕!

仮想通貨取引所「リップルトレードジャパン(RTJ)」の代表が詐欺容疑で今日(10/18)、警視庁サイバー犯罪対策課に逮捕されました。

取引所の摘発は全国初。

リップルトレードジャパンは、2014年5月に設立された静岡県浜松市にあるリップルの取引所でした。

ところが竹中容疑者は顧客の預金を勝手に使い込んだようで、2014年末には取引所の資金はすでに底をつき、すでに破たん状態にありました。

にも関わらず、リップルと交換できる「IOU(電子借用証書)」を発行、顧客から資金をだまし取ったとされます。

被害者は40人以上とも、被害総額は2千万円以上とも言われています。

さらに竹中容疑者は自分宛てにIOUを発行、1億円以上を不正に受け取ったとも報じられています。

IOUとは?

IOUとは、超簡単に言えばトークンで、トークンには色々な意味があり、この場合…

IOUは「私はあなたに借りている」という意味なので、IOUのトークンは発行した人にお金を貸して、その代わりに受け取った“換金可能なトークン”…となります。

そしてこのIOUの仕組みを持つのがリップル。

竹中容疑者はこの仕組みを利用して、自社でIOUを発行しました。

リップルは詐欺通貨ではありません

いくつかの記事でリップルが悪い(詐欺)のように書かれていますが、この件は決して仮想通貨「リップル」が悪いわけではなく、悪用された形になります。

リップルに興味がある方は、似たような詐欺に遭わないよう注意しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です