ビットコイン(仮想通貨)投資日記

ビットコインや仮想通貨への投資記録

銀行決済とも相性が良い仮想通貨「リップル」

20150704112726c7c

安定性が高く、銀行決済とも相性が良いのが特徴

リップル(Ripple)は俗称の一つであり、リップル社が開発した仮想通貨を表しています。単位は「XRP」で表されます。ビットコインをはじめとする仮想通貨の多くは「ブロックチェーン」とよばれる技術を採用していますが、リップルの場合は「XRP Ledger」という仕組みを採用しています。

ブロックチェーンは世界中のノード(PC)の中でいち早く計算を処理できたノードに対して報酬が支払われ、特定の人や組織が取引を承認する「中央集権型」の仕組みではありません。一方、リップルの場合はリップル社が管理している代表者の8割が承認することによって取引が成立します。また、根本的な仕組みとしてビットコインは「決済」の一つの手段として開発されたものであるのに対し、リップルは決済ではなく「送金」を目的として誕生したという経緯の違いもあります。そのため、従来多額の手数料が発生していた国際送金などの分野においてリップルは高い優位性があるとされており、さまざまな企業、金融機関からその価値が注目されているのです。

リップルコインで覚えておきたいポイントは

リップルはビットコインと同様に上限発行枚数があらかじめ決まっています。ビットコインの上限は2,100万枚、リップルは1,000億枚が上限です。発行枚数に大きな差があることはもちろんですが、発行プロセスにも両者には大きな違いが存在します。ビットコインは取引履歴の計算をいち早く処理できたノード(PC)に対して、その報酬として新規発行がなされます。そのため、現時点で2,100万枚が全て世界に存在するものではありません。2140年まで新規発行は継続され、それ以降は増えることはないとされています。

これに対しリップルの場合は、すでに上限発行額である1,000億枚が世界に流通しています。リップルによるトランザクション(取引)が発生するごとに手数料として引かれるため、徐々にその発行枚数は減少していくことになります。

仮想通貨取引所の相場を見ると、ビットコインとリップルは1コインあたり大きな価値の差がありますが、これは発行枚数の違いによる希少価値に差があるということも一つの要因として挙げられます。しかし今後、リップルは徐々に減少していくことになります。それに伴い、取引相場も相対的に上昇していくのか大いに注目の集まるところではないでしょうか。現在、リップルそのものの技術的な価値が広く浸透しているとはいえない状況の中、将来的にその価値が正しく理解されることで今以上の相場に跳ね上がる可能性も十分にあり得ます。

また、リップルは分散処理の仕組みを採用しており、リップル社自体がなくなっても流通性を確保することができるという点もリップルが一定の価値を生んでいる大きな要因といえるでしょう。

リップルは国内主要取引所での購入が可能

日本国内で仮想通貨を取り扱う取引所はいくつか存在しますが、取り扱う仮想通貨の種類は取引所によってさまざまです。ビットコインやイーサリアムとったメジャーなコインはほとんどの取引所で交換が可能であるものの、価値の低いマイナーなコインを取り扱うことはほとんどありません。日本国内で仮想通貨取引所を開設・運用する際には、金融庁による認可を取得する必要があります。かつてはそのような仕組みはありませんでしたが、2018年に発生したコインチェックのNEM流出事件を契機に規制強化が図られたという背景があるためです。

2018年4月時点で金融庁から認可を受けている仮想通貨取引所は16にのぼります。この中でビットコインは16社全てが取り扱っており、その圧倒的な知名度の高さがうかがえます。イーサリアムは9社、ライトコインは7社が取り扱っています。そして気になるリップルはというと、実に6社の取引所ですでに登録されています。リップルはさまざまな企業や金融機関も注目しているコインであるため、今後もさらに対応する仮想通貨取引所が増えてくることが予想されます。仮想通貨の相場が上昇する一つの要因として、仮想通貨取引所への上場が挙げられます。特に国内の仮想通貨取引所は金融庁の認可を受けており、いわば「国のお墨付き」を受けている業者であるため信頼性が高いもの。現在6社の取引所以外にも広がってくれば、リップルの安定性や将来性はますます確かなものに近付いていくといえるでしょう。

企業が注目するリップル

国内ネット証券の大手であるSBIホールディングスはリップルに対して出資を行っています。冒頭でも触れたように、リップルは送金を目的として誕生した仮想通貨であるため、SBIホールディングス以外にもさまざなま金融機関がその将来性に大きな期待を寄せています。

SBIホールディングスとリップル社は2016年に「SBI Ripple Asia株式会社」を設立しており、その密接な関係性を伺い知ることができます。事業内容には「Ripple Solution及び今後開発されるRipple社の各種ソリューションの金融機関への拡販のほか」とあり、リップルの技術的知見を活かして既存の金融機関に技術的なソリューションの支援を行っていくことで金融の世界を変えようとしています。

ビットコインのような一般的な仮想通貨は、細かな違いはあるものの根本的には「決済の代替手段」として誕生した経緯があります。これは法定通貨に代わる存在を目指しているということですが、リップルの場合は現在の通貨や金融機関とうまく共存し、金融の繁栄を支援していくといったポリシーが根本にあります。仮想通貨という一つの括りで見ると同じように見えますが、その生まれた背景や目的を正しく理解すると、リップルは他の仮想通貨と全く違う位置付けにあるものだと知ることができるはずです。単なる投機目的やニッチな分野に特化した仮想通貨ではなく、極めて現実的で技術的にも裏付けがあり、説得力が高いことからさまざまな企業がリップルの将来性に大いに期待を寄せているのです。

初心者にオススメのビットコイン取引所ランキング

日に日に増え続ける仮想通貨の取引所ですが、ビットコインを始めとする仮想通貨(アルトコイン)をどの取引所で購入してよいのか解らない。という方もいらっしゃると思います。そこで、実際に私がビットコインを売買してみて使いやすかった取引所をランキングにしてみました。初心者の方の参考になれば幸いです。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)

bitbank Trade

【bitbank Tradeの特徴】
・証拠金20%で強制ロスカットだが、追証なし
・レバレッジ20倍を実現
・最短30分で取引を開始することができる
・チャートツールが機能的で使いやすい
・コールドウォレット管理でセキュリティバッチリ
・ビットコインFXをするなら国内取引所最高峰

GMOコイン

ビットコインでのFX取引ならGMOコイン
■GMOコイン「仮想通貨FX」の特徴
∟新規注文(買建・売建)、決済注文、ロスカット、すべて無料!
∟24時間取引
∟「追加証拠金制度」なし
∟「ロスカットルール」のみ採用!追加入金に追われません!
∟注文価格が「Bid/Ask」の2way表示!取引価格が明瞭で分かりやすい!
∟最低0.001BTCから発注可能、数十円から取引できる

ビットトレード(BitTrade)

BitTradeでは世界で最も親しまれ、100を超えるテクニカル分析が使えるTradingViewを採用。トレンドラインや一目均衡表はもちろん、通貨ペアの比較分析も可能です。

シンプルで軽量、しかも高い機能性を備えた充実のトレーディングプラットフォームを提供しています。スマートフォンユーザーでもストレスのない、他では体験できない卓越した取引が可能になりました。

スマートフォンユーザーにも使いやすいウェブインターフェースを開発。考えぬかれたUIで外出先からいつでも取引。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

DMM Bitcoin

DMM FXでお馴染みのDMM.comグループが運営する仮想通貨取引所。
■現物取引
  ┣ビットコイン(BTC)
  ┗イーサリアム(ETH)
■レバレッジ取引
  ┣ビットコイン(BTC)
  ┣イーサリアム(ETH)
  ┣ネム(XEM)
  ┣リップル(XRP)
  ┣ライトコイン(LTC)
  ┣イーサクラシック(ETC)
  ┗ビットコインキャッシュ(BCH)
取扱い通貨が豊富で各種アルトコインのレバレッジ取引ができるのが特徴です。

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.ccなら、アルトコインのトレードも自由自在。 1円未満の単位から、お試しで購入することもできます。24時間365日、PCから、スマホから、スマートで最先端な投資クラスをご体験ください。
bitbank.ccの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式なので透明性の高いお取引が可能です。マーケットの機微な状態も、板があるから一目瞭然、相場に合わせてスマートに注文の管理を行うことができます。
スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャートで、多様な相場局面にあわせた戦略的なトレードを可能にします。本格的なアルトコイントレードをあなたに。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

【QUOINEサービス特徴】
・ビットコイン、イーサリアムの仮想通貨の取引所を運営
・世界最高水準のセキュリティ
・業界最多の14通貨ペア数
・標準で15種類のインディケーターを搭載するシステム
・スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone, Android, iPad)
・レバレッジは業界最大、個人25倍、法人50倍(予定)
・BTCJPYの取引手数料が無料
・大口トレーダーも大満足のロット制限、建玉制限なし(例外あり)
・0.01BTCから購入可能(必要証拠金約130円)
・一括決済ボタンでボラティリティの高い相場に備える
・クイック入金提携数業界最多。約380の金融機関に対応。
・業界では珍しいLINEを活用したチャットサポート

投稿日:2016年9月24日 更新日:

Copyright© ビットコイン(仮想通貨)投資日記 , 2018 All Rights Reserved.