銀行決済とも相性が良い、暗号通貨リップルコイン

20150704112726c7c

暗号通貨先生

ripple Coin(リップルコイン)とはどのような暗号通貨なのでしょうか?

安定性が高く、銀行決済とも相性が良いのが特徴

リップルコイン(ripple Coin)は俗称の一つであり、リップル社が提供するサービス内で使われる暗号通貨を表しています。特徴は価値の安定性の高さです。ビットコインをはじめとする暗号通貨と仕組み自体が大きく異なっており、相場の波の影響を受けにくくなっているのです。

リップルコインの開発研究自体はビットコインの開発よりも早いと言われており、現実の通貨に替わる安定性や、取引の柔軟性を確保するために作られたものです。そのため、暴騰や暴落といったリスクが少なく、比較的誰でも扱いやすい暗号通貨の一つになっているのです。

その安定性は、世界各国の銀行とすでに提携しており、取引所が多く作られていることが証明しています。世界の通貨との両替がしやすく、他の暗号通貨とも交換がしやすいのが特徴であり、最大の魅力となっているのです。

リップルコインで覚えておきたいポイントは

リップルコインはリップル社が提供する取引システム内で使われる通貨の俗称です。特徴は上限額が決まっており、そのほとんどをリップル社が所有することで価値をコントロールしやすくなっていることです。

他の暗号通貨は発行の過程が複雑である場合が多いだけでなく、流通性を確保するために大量のセールを行い価値が乱高下したケースがあり、投機的な意味合いを含む面がありました。しかし、リップルコインは大規模な発行を行わず、社会に貢献する研究に対する報酬や紹介手数料として発行されています。常に現実資金の裏付けがあっての発行であるため、誕生から現在に至るまで比較的安定した価値を持っているのです。

もちろん、取引所の設立によって価値が上がるなどある程度の変動はありますが、他の暗号通貨のように初期発行額から10倍以上の価値がつくなど大きなプレミアムがついたことが無いのです。

また、リップルコインは分散処理の仕組みを採用しており、リップル社自体がなくなっても流通性を確保することが出来ます。その安定性の高さを評価され、世界各国の銀行と提携を結ぶと言う、暗号通貨としては画期的な取り組みにも成功しているのです。

貨幣価値自体の確保がしやすいため取引所も多く、世界各国に取引所があります。銀行との提携にも成功しているため、世界の主要通貨とも両替が可能になだけでなく、他の暗号通貨との取引も容易になっていることが特徴なのです。

取引所は交換手数料で運営されている

リップルコインの特徴は流通性の高さと信頼性の高さですが、その信頼性担保するために発生するのが手数料収入です。手数料収入は世界各国のリップル社のサービスを扱う取引所運営のために使われています。

収益源がわかりやすいこともリップルコインの魅力の一つで、その分安定性や信頼性を担保する役割も果たしているのです。これは、投機的な資金が多く、資金の引き上げなどが起きやすい場合は、取引所の存続自体が危うくなる可能性もあるからです。

新規でリップルコインを購入する際の手続きもポイントで、純粋にリップルコインを購入できるケースは稀になっています。これはリップルコインの購入に本人確認が必要になるからです。しかし、本人確認は通貨の信頼性を担保する一方で、流通のハードルを高める現認にもなります。

そのため、各国の取引所が代行でリップルコインを購入し、その権利をリップルコイン購入希望者に貸与し、取引するスタイルが一般的になっているのです。権利を返却すればその権利に結びついたリップルコインも返却され、リップルコインに相当する金額の現地通貨の払い戻しを受けることが出来るのです。多少複雑な面がある一方で、取引所での価値の保障があることもリップルコインの魅力です。

また、他の暗号通貨の場合はビットコインなどに一度両替してから現金にするなど、余分な手間がかかることが多くなっています。現金化が容易であることは他の暗号通貨に比べて非常に優れた点なのです。

商用のシステムにも応用が可能

リップルコインはリップル社が開発してたシステム上の暗号通貨です。しかし、システムを応用すれば様々な商用施設やサービスと結びつけることも可能なため、通貨間取引以外にも利用は可能となっているのです。

日本にも取引所があるため比較的入手の難易度が低いのも特徴で、今後商用施設などでリップルコインを導入する企業が増えれば、さらに価値が高まる可能性もあるのです。

リップルコインの注意点

リップルコイン購入を代行し、権利を貸与する方法は日本の取引所での運用方法です。つまり、権利の返却は他の取引所では行えず、すぐに現金化できない場合もあるのです。もちろん、他の暗号通貨などに交換し現金化することも可能ですが、取引所間で運用が違うことは理解しておく必要があります。他の暗号通貨との両替を挟んだ場合、余分に手数料を支払わなければいけないケースも出てくるからです。

また、国際間取引や暗号通貨間の取引など、取引を多用する人でなければ投資効果は得辛いと言う側面もあります。これは仕組み状貨幣価値が大きく上昇する確率が少ないためで、大きな伸びに期待し辛いからです。

もちろん、流通システムの向上などで価値の上昇がおこることもありますが、他の暗号通貨と比べれば上昇幅はゆるやかであることを想定する必要があるのです。

暗号通貨先生

これからもリップルコインの動向から目が離せなそうです。

リップルが購入できる取引所はコチラ

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

BITPOINT(ビットポイント)

上場企業の子会社が運営するビットコイン取引所です。
国内で安心・安全にビットコインの取引をしたい方にオススメの取引所です。
・日本最大級の取引所
・上場企業運営の安心
・売買手数料無料

bitbank(ビットバンク)

bitbankは仮想通貨の安全を最大限に考えた、トレードを行いたい人のためのプロ向け取引所です。マルチシグによる第三者監視のもとで仮想通貨の出口を管理。ネットワークから遮断されたマルチシグのコールドウォレットを用い内外からの攻撃に耐えうる、多重層のセキュリティ対策を施しています。

更新日:

Copyright© ビットコイン(bitcoin)投資日記 , 2017 AllRights Reserved.