超かんたん!ビットコインの買い方を解説!

リップル(XRP)の購入方法・買い方を徹底解説

Satoshi

ハカセ、最近人気の仮想通貨「リップル」の買い方を知りたい!なるべく安くて、かんたんに買いたいな!
良いじゃろう!初心者でもわかるように、リップルの買い方をかんたんに解説するんじゃ!

クリプト博士

仮想通貨リップル(XRP)は、ビットコインとイーサリアムに続いて「時価総額3位」に君臨しているアルトコイン。

日本人からの人気も非常に高く、知名度もぐんぐん広がっています!

それゆえ「リップルを購入してみたいけど、どうやって買えば良いのかわからない…」と悩んでいる方も多いでしょう。

本記事を読めば、リップルの格安かつかんたんな買い方や、リップルを保有するときのコツ・注意点までバッチリと理解することが可能ですよ!

ざっくり言うと…
  • リップル(XRP)は、ビットコインやイーサリアムに続いて「時価総額3位」を誇る仮想通貨で、非常に人気が高い。
  • 国際送金(海外送金)を円滑化・低コスト化する」という目的を持っており、リップルの送金システムの実用化が期待されている。
  • 既に200以上の銀行・金融機関がリップル社と提携を果たしているので、実用化すれば一気に需要が増加し、価格も跳ね上がる可能性が高い。
  • リップルを手数料無料で、かつ安全に購入することができる取引所は「Coincheck(コインチェック)」「GMOコイン」「BITPoint」の3つが挙げられる。
  • その中でも、東証一部上場企業を親会社に持っていて手数料無料の「Coincheck(コインチェック)」の人気が急上昇している。
  • 取り扱い通貨は「10種類」と国内最多を誇り、既に230万人のユーザーが、Coincheck(コインチェック)のスマホアプリを用いてトレードを行なっている。
  • リップルを購入するなら、Coincheckは登録必須な取引所。

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはコチラ

Coincheckで無料口座開設!

【結論】リップルを購入するならCoincheck(コインチェック)一択!

結論を先に言ってしまうと、リップル(XRP)を購入するのに最も最適な取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheck(コインチェック)は東証一部上場企業「マネックスグループ」の完全子会社となり、以前とは比較にならないほどセキュリティ・安全性が強化されています。

2019年1月には金融庁から「仮想通貨交換業者」としての認可も受けており、利用者数はグングン増加しています!

Coincheckのメリット
  1. リップルの取引手数料が無料
  2. 最少「500円」からリップルを購入できる
  3. どの取引所よりもアプリが使いやすい
  4. 一部上場企業を親会社に持っている
  5. 取り扱い通貨が国内最多の「10通貨」

Coincheck(コインチェック)の最も大きなメリットは、スマホアプリの使いやすさ。

初心者の方でもほとんど迷うことなく操作でき、その使いやすさから2018年12月時点で「200万ダウンロード」を突破しています!

ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも仮想通貨の価格変動を確認することが可能です!

また、Coincheck(コインチェック)ならリップルを「500円」という少額から購入することができ、低リスクで仮想通貨デビューすることが可能です!

投資というと「少なくとも元手は数万円ないとダメなんじゃ…」と思いがちですが、Coincheckならワンコインからリップルを購入することができるんです!

Satoshi

とりあえず、安くて簡単にリップルを購入するなら「Coincheck」を使えばオッケーなんだね!
そうじゃ!迷ったらとりあえずCoincheckで購入すれば大丈夫じゃぞ!

クリプト博士

そもそも仮想通貨リップル(XRP)って?

通貨名(通貨略称) リップル(XRP)
発行上限 1,000億枚
承認方式 Proof of Consensus
時価総額 第3位
発行母体 Ripple Labs Inc(リップル社)
発行目的 国際送金の円滑化/低コスト化

リップルは他の仮想通貨とは異なり、ブロックチェーンを利用してない通貨です。

「国際送金に使われる」「送金手数料が安い」などの特徴を持ち合わせており、特に日本人投資家からの人気が非常に高いです。

かの有名な投資家「与沢翼さん」もリップルを長期保有しており、既に「億単位」の利益を生み出したことでも有名ですよ!

「リップル」には2つの意味合いがある

「リップル」という言葉には2つの意味合いが存在しています。

未だに両者を混同して考えてしまう方が多いのですが、リップルに投資を行う上で両者の違いを理解するのは非常に重要です。

2つのリップル
  • リップル→仮想通貨リップルを発行する会社のこと。リップル社。
  • 仮想通貨リップル(XRP)→リップル社によって発行されている通貨のこと。

ビットコインやイーサリアムなどは、発行主体を持たない「非中央集権」という体制を取っていますが、それに対してリップルは「中央集権」でして、発行主体が存在します。

仮想通貨リップルを発行しているのは「リップル社(Ripple Labs Inc.)」です。

そしてリップル社によって発行されている通貨が「仮想通貨リップル(XRP)」になります。

リップル社は、従来の国際送金よりもさらに便利な「Ripple Net」という送金システムを開発しており、仮想通貨リップルはそのシステム内で使用されるんです!

仮想通貨リップル(XRP)はいくらから買えるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月16日にSWELLのイベントを控え緩やかに上昇を続けるリップルの価格。

リップルって何?という方は下記の記事をご覧ください。
[st-card id=554]

思えば今年の3月、まだ1円にも満たなかったリップルの価値は、3月31日に東京三菱UFJ銀行がリップルの送金技術を採用するとの発表があり、翌日4月1日には一時7円まで高騰。

その後、5月には最高値45円を更新するなど、2ヶ月足らずのうちで約45倍も高騰しました。

5月以降、価値を下がったものの、日本国内のでリップルの人気は衰えることを知りません。

ツイッターなどでもリップルに関するニュースは常に目にするようになりました。

私もそうですが、きっと今年の暴騰を目の当たりにし、リップルを購入した方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

今日は、「これからリップルを購入してみたい」、または「リップルってどうやって購入したら良いの?」という方のために、リップルの購入方法を解説したいと思います。

少し長いですがお付き合いください。

リップルの購入方法・買い方

リップルを取り扱っている取引所で私がオススメするのは下記の1社。

リップルを取り扱っている取引所

 

 

ビットバンクでリップルを購入する方法

早速ビットバンクでリップルを購入する方法を見ていきましょう。

ビットバンクのアカウント開設はコチラ

ビットバンクにお金を入金する

まずリップルを購入するには、ビットバンクにお金を預けなければいけません。

預けたお金でリップルを買うイメージです。

ビットバンクにお金を預ける方法は1種類のみ。

  • 銀行振り込み

※クレジットカード購入やクイック入金ができません。

銀行振り込みで日本円を入金する

ビットバンクはお金を預けるには銀行振り込みを利用するしか方法がありません。

土日・平日15時を過ぎてしまった場合は、翌営業日の入金になってしまうので注意が必要です。

ちなみに銀行振込をするなら住信SBIネット銀行を作っておくと便利です。

※手数料は銀行振込手数料のみです。

入金したお金でリップルを購入する

ビットバンクでリップルを購入する方法は1種類

メモ

  • チャートツール(TradingView)を利用する

ビットバンクはチャートツール(TradingView)を使った注文方法しかないのがデメリットですが、手数料が安いので売買に慣れた方にオススメです。

 

メモ

  1. 通貨ペアで[XRP/JPY]を選択
  2. 指値・成行※を選択します。(今回は指値注文を説明します)
  3. [買い]をクリック
  4. 買いたい価格を設定します・
  5. リップルの数量を指定
  6. 数量をパーセンテージで指定できます。
  7. 最後に[注文]をクリック。

※指値・成行の違い

  • 「指値注文」・・・株価優先の注文方法
  • 「成行注文」・・・時間優先の注文方法

「指値注文」は、指定した株価で取引を行う「株価優先」の注文方法で、「成行注文」は、とにかくすぐに買いたい(売りたい)といった「約定優先」の注文方法です。

初心者の株式投資道場より引用

一見難しく見えますが、何度か注文を繰り返すと慣れてくると思います。

リップルの売買で利益を出したいのなら、絶対にチャートツールを使った注文方法を覚えておいた方が良いですよ。

将来的に圧倒的な差がでてくると思います。

その他ビットバンクでは、イーサリアム、モナーコイン、ライトコイン、ビットコインキャッシュの売買が可能です。

チャートツールを使った取引をするならビットバンクの口座を持っておくと便利ですよ。

その他ビットバンクの特徴などは以下にまとめてあります。

[st-card id=2091]

 

リップル購入方法・買い方まとめ

いかがだったでしょうか。

意外とかんたんにリップルが売買できることがわかったと思います。

2018年1月には過去最高値330円を記録しています。

 

今後もリップル関連のニュースからは目が離せなませんね。

以上、「リップル(XRP)の購入方法・買い方を徹底解説」でした。

ビットコインの購入方法は以下で解説しています。

[st-card id=812]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です