ICO QASH(キャッシュ) コインエクスチェンジ ブロックチェーン

仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)の大型ICOが11月6日からスタート!今回はQASH(キャッシュ)魅力に迫ります!

投稿日:

仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)を運営しているQUOINE株式会社が、世界初となる金融庁登録業者によるICOを行うと発表しました。

トークンセールにて最大枚数が販売されると170億円相当になり、実現すればCOMSAを超える超大型ICOになります。

今回はこのICOで販売されるQASH(キャッシュ)に関する情報をまとめました。

※記事中、特に記載がない場合は2017年10月25日時点のデータとなります。

取引所QUOINEXとは?

QUOINEXは金融庁に登録された仮想通貨交換業者で、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュを取り扱っています。

レバレッジが最大25倍であり、ハイレバなビットコイントレードが可能(ビットフライヤーは最大15倍)なので、レバレッジ取引を積極的に行いたいトレーダー向けの取引所と言えます。

なぜ取引所がICOを行うのか?

仮想通貨は現在1100種類を超える種類が発行されていて、その数は日々増えています。

投資家からの注目も集め、急成長を遂げた新しいマーケットなのですが、ビットコインとイーサリアム以外は「流動性」に欠けていると言えます。

「流動性」とは

「流動性」とは、株式投資などで使われる言葉で、売買が頻繁に行われているかどうかを意味します。

流動性が高い銘柄とは…

「流動性」が高い→売買したい価格で取引できる→いつでも売買できる安心感がある→だから売買参加者が増える→参加者が多いので「信用性」が高まる

…となります。

つまり、「流動性が高い」=「信用性が高い」となるのです。

そこでQUOINEは仮想通貨業界全体に流動性をもたらすため、プロジェクトをスタートさせました。

プロジェクトとは?

プロジェクトは「QUOINE LIQUIDプラットフォーム」と「QASHのブロックチェーン」の開発です。

「LIQUID」は液体という意味で、「流動性」を英語で言うと「LIQUIDTY」になります。

「QUOINE LIQUID」とは?

QUOINE LIQUIDとは

QUOINE LIQUIDとは、世界中に散らばる仮想通貨取引所の流動性をひとつの取引プラットフォームに集約する機能を持ち、さらにその機能を利用するために必要なサービスも一体化して提供する「金融サービス」です。

例えば、ビットコインを買うのに、日本円・ドル・中国元などの流通量が多い国の人と、そうでない国の人との間に差をなくすことができるのです。

QUOINE LIQUIDを利用するユーザーは世界中の高い流動性にストレスなくアクセスが可能となります。

この機能はプラットフォームの中では「ワールドブック」と呼ばれ、この機能を可能にするシステムは「クロスカレンシー換算エンジン(CCCE)」で、世界中の投資家と安全に取引できるシステムが「プライム・ブローカレッジ」です。

これにより、QUOINE LIQUIDのユーザーは自分の大切な資金をQUOINEに預けた安心できる状態で、さまざまな国の売り手や買い手と、相手の国の通貨にとらわれずに、自分の希望する価格で売買することができるのです。

その他の特徴として、トレーダーに必要不可欠と言える高機能な取引ツールの利用や、公開された自動アルゴリズム戦略リストの中からユーザーが選べる自動取引戦略などがあります。

今後のロードマップ(計画の進行)によると、2018年にはQUOINE LIQUIDが公式スタート予定で、2019年には正式な銀行免許の取得を予定しています。

「QUOINE LIQUID」の将来性は?

仮想通貨取引所の現状として、大口の注文に耐えられないという問題があります。

現在の仮想通貨マーケットには、大口の投資を行う機関投資家がまだ存在していません。

これから機関投資家が仮想通貨マーケットに参入し始めたとき、その注文に対応できるシステムがQUOINE LIQUIDになります。

これは一般の投資家には関係ないように思えますが、動くお金の桁が違うため、もし本当に機関投資家がこのサービスを利用することになれば、流動性はより一層高まり、その将来性は大いに期待できるはずです。

一般の投資家にとって、機関投資家が作り出す大きなボラティリティ(レートの値幅)は非常に魅力的なのです。

「QASHブロックチェーン」とは?

金融機関やフィンテックスタートアップ向けの金融パブリックブロックチェーンです。

処理速度の速さ・ノードを特定の地域に偏らせない機能(※)・マネーロンダリングさせない機能…などを備えていることが特徴となります。

※例えば、ビットコインのマイナーが中国に多いなど。

仮想通貨「QASH」の使われ方や将来性は?

QASHの使われ方ですが、各種金融機関やパートナー企業だけでなく、とにかくスピードが命のフィンテックスタートアップなど、利用が予想される場面はさまざまです。

現在QUOINEは、QASHを推奨決済トークンとするために、複数の金融機関やフィンテック企業などと協議しています。

QASHは、ビットコインやイーサリアムに続く金融サービスの決済通貨になると期待され、開発チームは、数年以内にQASHが仮想通貨のトップ3に入ることを目指しています。

また、QASHは取引の担保にも使えます。

保有者へのサービスとして、定期的な広告活動・手数料の割引・新商品や新サービスへの優先的なアクセス・今後QUOINEが支援するICOへの投資チャンス、などもあります。

さらに、保有者によるQASHの貸付サービスも用意されるようなので、大量に保有する予定の投資家にとっては期待したいサービスになりそうです。

QASH ICOの概要は?

QUOINEが行うICOは、金融庁登録業者が法令に遵守した形で行う、世界初の試みです。

メモ

  • 仮想通貨名:QASH(キャッシュ)
  • 発行総数:10億QASH
  • 初回販売価格:1QASHあたり0.001ETH(約34円)
  • 販売数:最大販売数5億QASH(約170億円)/最小販売数0.5億QASH(約17億円)
  • 販売開始日:2017年11月6日(日)1時00分01秒(日本時間)
  • 販売終了日:最短1週間/最長1ヶ月

 

QASH ICOの参加方法は?

すでにQUOINEXの口座をお持ちの方はQASHトークンセール参加へ

日本人でまだ口座をお持ちでない方がICOに参加するには、まずQUOINEXに登録し、本人確認を済ませましょう。

その後、ビットコイン・イーサリアム・日本円(※)での購入が可能となるので、日本円を入金するか、ビットコインやイーサリアムをQUOINEXに送金しておきましょう。

ビットコインの購入方法は以下

ビットコインの購入方法・買い方・まとめ「bitFlyer(ビットフライヤー)・Coincheck(コインチェック)・Zaif(ザイフ)」の3社を比較

目次1 ビットコインの購入方法・買い方・比較まとめ2 ビットコインを入手する方法は?3 取引所でビットコインを購入しよう4 コインチェック(Coincheck)でビットコインを購入する4.1 まずはコ ...

続きを見る

イーサリアムの購入方法は以下

イーサリアムの購入方法・買い方・まとめ(bitFlyer・Coincheckの2社を比較)

目次1 イーサリアムの購入方法・買い方・まとめ2 イーサリアムを入手する方法は?3 取引所でイーサリアムを購入しよう4 コインチェック(Coincheck)でイーサリアムを購入する4.1 まずは仮想通 ...

続きを見る

※通常ICOはトークンの配布先などの事情からイーサリアムでの参加が多いのですが、QASHは資金決済法上日本円でもOKです。

ICOはリスクがあると聞いたけど?

ICOにもリスクはあります。

ICOとは何?というかたは、まず下記をご覧ください。

ICOって何?トークンって?参加方法は?…色々なギモンにお答えします!

現在ICOで注目されるCOMSAは、ICOスタートわずか2週間で92億円以上の資金を集めています。 COMSAを皮切りに、日本国内のICOはこれからもっと注目を集めるでしょう。 そこでこれから仮想通貨 ...

続きを見る

ICOで資金を集めておいてそのまま行方をくらますケースや、悪意はなくてもプロジェクトが途中で止まる(失敗する)場合もあります。

この場合、仮想通貨が発行されないわけですから、トークンはただの「引換券」のままです。

また、仮想通貨の発行にこぎつけても、取引所で公開されないとせっかく底値に近い価格で買ったのに、売却して利益が出せない場合もあります。

さらに、ICOで底値で買ったはずなのに、取引所に公開されたらICOの価格よりも安い値段になってしまった、なんてこともあります。

ではQASHのICOのリスクは?

QUOINEは2014年に設立され、取引所QUOINEXを作り、日本の金融庁に登録されるなど着々と地盤を固めてきました。

長期的にプロジェクトが進められているため、ICOを行った直後に計画が失敗するリスクは他のICOに比べて低いと言えます。

また、自身も仮想通貨取引所を保有していますし、海外の取引所Bitfinexなどにも上場する予定なので、入手したQASHを売却できないというリスクはかなり低いと言えます。

QASHトークンはICO終了後、タイミングが重なると予想されるビットコインのハードフォークによる混乱を避け、状況を見て速やかに上場される予定です。

無料でQASHを入手する(貰う)方法がある?

ICOを行うにあたり、QASHが貰えるキャンペーンがあり、キャンペーン参加者にはICO終了後にQASHが配布されます。

QASHが貰えるキャンペーン

  1. アフィリエイトプログラムに参加
  2. テレグラムグループに参加
  3. QUOINEX口座を開設
  4. YouTubeビデオを作成
  5. @QUOINE_Japanのツイートをリツイート
  6. QASH紹介記事の作成
  7. QASHミーム(QASH宣伝画像)の作成
  8. お友達を紹介

LIQUIDホームページ:https://www.liquid.plus/ja/
公式Telegram :  https://t.me/joinchat/GuaLbkJUWB5nVgzLYlV-YA
公式Facebook : https://www.facebook.com/Quoine.jp
公式Twitter : https://twitter.com/QUOINE_Japan
公式LINE@ : https://line.me/R/ti/p/%40syz5409g

8つのキャンペーンがあるので、参加しやすい方法でチャレンジしてICOを盛り上げましょう。

QASHトークンセールへ参加したい方はコチラ

QUOINEXの口座開設は以下からどうぞ。

QUOINEX

初心者にオススメのビットコイン取引所ランキング

日に日に増え続ける仮想通貨の取引所ですが、ビットコインを始めとする仮想通貨(アルトコイン)をどの取引所で購入してよいのか解らない。という方もいらっしゃると思います。そこで、実際に私がビットコインを売買してみて使いやすかった取引所をランキングにしてみました。初心者の方の参考になれば幸いです。

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。コインチェックでは最近、盗難補償サービスを開始しました。セキュリティ面が不安ならコインチェックがおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.ccなら、アルトコインのトレードも自由自在。 1円未満の単位から、お試しで購入することもできます。24時間365日、PCから、スマホから、スマートで最先端な投資クラスをご体験ください。
bitbank.ccの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式なので透明性の高いお取引が可能です。マーケットの機微な状態も、板があるから一目瞭然、相場に合わせてスマートに注文の管理を行うことができます。
スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャートで、多様な相場局面にあわせた戦略的なトレードを可能にします。本格的なアルトコイントレードをあなたに。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

【QUOINEサービス特徴】
・ビットコイン、イーサリアムの仮想通貨の取引所を運営
・世界最高水準のセキュリティ
・業界最多の14通貨ペア数
・標準で15種類のインディケーターを搭載するシステム
・スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone, Android, iPad)
・レバレッジは業界最大、個人25倍、法人50倍(予定)
・BTCJPYの取引手数料が無料
・大口トレーダーも大満足のロット制限、建玉制限なし(例外あり)
・0.01BTCから購入可能(必要証拠金約130円)
・一括決済ボタンでボラティリティの高い相場に備える
・クイック入金提携数業界最多。約380の金融機関に対応。
・業界では珍しいLINEを活用したチャットサポート

GMOコイン

ビットコインでのFX取引ならGMOコイン
■GMOコイン「仮想通貨FX」の特徴
∟新規注文(買建・売建)、決済注文、ロスカット、すべて無料!
∟24時間取引
∟「追加証拠金制度」なし
∟「ロスカットルール」のみ採用!追加入金に追われません!
∟注文価格が「Bid/Ask」の2way表示!取引価格が明瞭で分かりやすい!
∟最低0.001BTCから発注可能、数十円から取引できる

ビットトレード(BitTrade)

BitTradeでは世界で最も親しまれ、100を超えるテクニカル分析が使えるTradingViewを採用。トレンドラインや一目均衡表はもちろん、通貨ペアの比較分析も可能です。

シンプルで軽量、しかも高い機能性を備えた充実のトレーディングプラットフォームを提供しています。スマートフォンユーザーでもストレスのない、他では体験できない卓越した取引が可能になりました。

スマートフォンユーザーにも使いやすいウェブインターフェースを開発。考えぬかれたUIで外出先からいつでも取引。

-ICO, QASH(キャッシュ), コインエクスチェンジ, ブロックチェーン

Copyright© ビットコイン(仮想通貨)投資日記 , 2017 All Rights Reserved.