コインチェックに貸出していたネム(XEM)が返却されたので実際に貸仮想通貨を利用してみた感想をすこしだけ

今年の5月からコインチェックではじまった貸仮想通貨サービス。

いかがなものかと、私も試しでコインを預けていたのですが、先日コインチェックに預けていたコインが返却されたので、実際に貸仮想通貨サービスを利用してみた感想を述べたいと思います。

[st-card id=1940]

プランは以下から選択でき。

14日間 年率1%
30日間 年率2%
90日間 年率3%
365日間 年率5%

私が利用したのは「90日間 年率3%」のコース。

当初はリップル(XPR)とネム(XEM)を貸し出す予定でしたが、リップルは承認がおりず、結局ネムだけ貸し出すことに。

ツイッターでは、リップルの貸し出し承認が降りない…と嘆いていた人がけっこういたので、恐らく貸出が殺到したんでしょうね。

ネムを90日間 貸出して金利が3%付いた結果が以下の画像になります。

注文量22000XEMに対して、22162.756の返済。

162 XEMが付与されました。

日本円にすると約4,000円です。
(※9/21のレート)

それで、実際に利用してみた感想ですが…

90日間で4,000円の利息が付いたわけですから、銀行なんかに預けるよりはるかにお得です。

ですが…

もう1度利用してみたいか?と、問われると答えはNOです。

上記は直近3ヵ月間のネムのチャートです。

貸し出して1ヶ月後、10円台まで落ち込み、今月(9月)の初めには37円台まで回復しています。

その差、27円!!

もし、この間にうまいこと売買できていたら…いくらの利益になっていたのだろうか。。

もちろん、そんなに上手く売買できないことは百も承知ですが、コインを貸出ししていて何よりも不便だと思ったことは。

売買できないことです!

規約に承諾して貸出ししてみたものの、やはり価格が上がった時に売れないのは、損した気分になるものだな-と痛感しました。

投資の世界は「たら・れば」を言っても仕方がないことは重々承知していますが、やはり何もアクションを起こせないのはモヤモヤします><;

なので、貸仮想通貨のサービスはしばらく利用しません。

安くなった時に買い増しして、高くなったところで売る、攻めのスタイルの方が仮想通貨に投資していて楽しいかも。

仮想通貨はボラティリティが激しいのが魅力ですし。

損することの方が多いとは思いますが、それも経験としてありなのかなーと。

もちろん、今後もずっと寝かせておく!と決めている人には貸仮想通貨のサービスはとてもオススメです。

貸仮想通貨のサービスを利用してみたいなーという方は、まずはコインチェックでアカウントを作りましょう。

coincheckの貸仮想通貨のサービス

以上、「コインチェックに貸出していたネム(XEM)が返却されたので実際に貸仮想通貨を利用してみた感想をすこしだけ」でした。

コインチェックでのアカウント開設方法は以下

[st-card id=488]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です