NEM/XEM(ネム)はもともと新しい経済運動を指す言葉だった

暗号通貨先生

NEM/XEM(ネム)とはどのような暗号通貨なのでしょうか?

NEM/XEM(ネム)に詳しい方に話を聞いてみました。

NEM/XEM(ネム)とは

NEM/XEM(ネム)はもともと国や政府などの機関に縛られない新しい経済活動をさす略語の1つでした。しかし、ビットコインをはじめ様々な暗号通貨が誕生し、メリットだけでなく実際に利用した際の課題もわかるようになってきました。課題の解決のためにビットコインのフォーラムの中で企画が立ち上がり、まったく新しい通貨を作ろうと活動が始まった結果生まれたのがNEM/XEMです。
開発者の中に日本人がいたことから注目を浴びただけでなく、大手暗号通貨取引所がNEM/XEMの技術を応用したプライベートブロックチェーン技術の開発を行うなど様々な話題を呼んでいます。
NEM/XEMはビットコインの問題を解決するために開発された、まったく新しい暗号通貨なのです。

採掘(マイニング)の見直しが鍵に

NEM/XEMの特徴のひとつに、採掘(マイニング)による報酬が存在しない点が挙げられます。

ビットコインは規定の暗号を解読することで解読者に報酬が与えられ、その権利を誰かが購入することで流通する形になります。暗号をとくためには様々な計算を行う必要があり、パソコンなどのコンピューターが必要になります。ところが、暗号が複雑化するにつれ、一般的なパソコンなどでは暗号の解読が難しくなり、マイニング専用のコンピューターが必要になってきたのです。暗号解読は誰でもチャレンジできますが、複数の専用コンピューターを用意し、お金をかけた人ほど儲けやすい構造が出来上がってしまったのです。ビットコインは国や政府の垣根なく使えると意味では革新的でしたが、富の偏りをもたらしてしまうという不公平も生み出してしまったのです。

また、暗号計算には大量のコンピューターを利用することから、莫大な電力を消費するという問題もあります。暗号通貨を生み出すためのエネルギーの無駄も増えているのです。

NEM/XEMはこの仕組みを見直し、総発行額を定めて流通させている点が特徴です。他人から権利を買うのが最初の入り口になりますが、取引を繰り返すことでPOIと呼ばれるアカウントの貢献度があがっていきます。貢献度が高ければ、その分だけ取引の手数料収入を得られる仕組みになっているのです。暗号通貨が循環することで手数料収入が分配され、富の差がなくなりやすいのが特徴になっているのです。

セキュリティ面での強化も

ビットコインの採掘には、合法的なコンピューターだけでなく違法に接続されたコンピューターが使われている可能性があります。これはウィルス感染などを引き起こすことで、他人のコンピューターをマイニング作業に参加させることが可能だからです。

NEM/XEMではこういった違法と疑われるアクセスが起こらないようにセキュリティを強化しており、犯罪者が容易に利用できない仕組みを作っています。

人為的に取引回数を増やして権利を高めるなど、不正行為を防止するための仕組みも複数存在します。NEM/XEMの仕組みを利用した通貨はNEM/XEMと呼ばれますが、実際に使える金額と手数料収入を得るための参考値として反映されるまでにはタイムラグが存在するのです。24時間ごとに10%ずつ反映されるなど、短期間で集中してお金を増やしづらいようになっているのです。
セキュリティ面の安定性もNEM/XEMが評価されるポイントになっています。

手数料収入を稼ぐには一定の手続きが必要

NEM/XEMの手数料分配の仕組みは非常にユニークで、先進的なものです。一方で、仕組みをしっかり理解しておかなければ増えることもないのがポイントです。POIが高くても、その手数料収入を回収するための手続きをしなければお金は増えないからです。手数料収入を得る仕組みは収穫(ハーべスティング)と呼ばれ、残高が一定以上に達していることが条件になります。

ポイントになるのが、NEM/XEMの利用料と残高です。利用料や取引回数が多ければ、それだけNEM/XEMの流通に貢献しているとみなされ報酬が支払われます。これは取引時の手数料をまとめたもので、POIなどの指標を元に分配される形になっているのです。また、長期間コインを保有するか、流通に貢献するなど、貢献度合いが一定になるまではハーべスティングは行えないようになっています。

具体的には条件をクリアしたNEM/XEMを10,000以上保持していることが条件になります。
また、スーパーノードと呼ばれるNEM/XEM流通に積極的に貢献するための仕組みに参加した場合は報酬額が増える形になります。ただし、常時インターネット回線に接続していることと、コンピューターの性能が一定水準を満たすなど規定があるため注意が必要です。

NEM/XEM(ネム)投資のメリットとデメリット

NEM/XEMは流通の安定性の高さが評価されている一方で、馴染みが薄い暗号通貨でもあります。いわゆる次世代型の暗号通貨の1つであり、ライバルが多いためにまだどこまで普及するのかわからない面があるのです。現状の値動きはほぼビットコインと連動する形になっており、乱高下がより激しくなっています。

うまく利用すればビットコイン以上の上昇が見込める反面、買い時を誤るとすぐに価値が下がるのがメリットでありデメリットでもあるのです。
スーパーノードに参加し、積極的に手数料収入などを得ていく方法もありますが、ハーベストの仕組みを理解した上で利用するまでにはどうしても資本や知識が必要になります。
積極的に向き合えない場合はメリットを生かしきれない可能性が高く、注意が必要なのです。

暗号通貨先生

暗号通貨NEM/XEM(ネム)はZaif(ザイフ)にて購入することが可能です。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。コインチェックでは最近、盗難補償サービスを開始しました。セキュリティ面が不安ならコインチェックがおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.ccなら、アルトコインのトレードも自由自在。 1円未満の単位から、お試しで購入することもできます。24時間365日、PCから、スマホから、スマートで最先端な投資クラスをご体験ください。
bitbank.ccの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式なので透明性の高いお取引が可能です。マーケットの機微な状態も、板があるから一目瞭然、相場に合わせてスマートに注文の管理を行うことができます。
スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャートで、多様な相場局面にあわせた戦略的なトレードを可能にします。本格的なアルトコイントレードをあなたに。

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

BITPOINT(ビットポイント)

上場企業の子会社が運営するビットコイン取引所です。
国内で安心・安全にビットコインの取引をしたい方にオススメの取引所です。
・日本最大級の取引所
・上場企業運営の安心
・売買手数料無料

更新日:

Copyright© ビットコイン(bitcoin)投資日記 , 2017 AllRights Reserved.