仮想通貨・コイン

仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)とは?上場から約2ヵ月間の価格推移などをチェック!

投稿日:

■仮想通貨モバイルゴーとは?

「MobileGo(モバイルゴー)」は、「GameCredits(ゲームクレジット)」が新しく作った、その名の通りモバイルゲームのための仮想通貨です。

ICOと呼ばれる資金調達のためのプレセールで、当時の日本円にして60億円近いお金を集めたことでも有名になりました。

仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)の基本情報は以下のとおりです。

モバイルゴー基本情報

通貨単位: MGO
総発行枚数: 100,000,000MGO
時価総額: $81,418,876(31,757BTC)
(2017年7月26日のデータ)
ランキング: 47位

■モバイルゴーの価格のチェック方法は?

モバイルゴー(MGO)の投資に興味があるなら、やっぱり相場(価格)が気になると思います。

価格チェック方法は以下のとおり。

Cryptocompare」ではモバイルゴーのBTC/MGOETH/MGOのチャートを確認できます。

ここのサイトでは、「OVERVIEW」と「CHARTS」の2種類のチャートが見れるけど、前者は簡易的なもの、後者はインジケーター表示ができる多機能的なものと思えばOKです。

簡易チャートは、1時間・1日・1週・1ヶ月の期間
多機能チャートは、1時間・1日・2週・1ヶ月・3ヶ月の期間
…ここまでは誰でも見れます。

これ以上の期間をチェックしたい場合は、フェイスブックやグーグルのアカウントでログインすれば見ることができます。

■モバイルゴーの価格をチェック!

それでは早速モバイルゴー(MGO)の価格(2017年7月26日時点のデータ)を見てみましょう。

BTC/MGO
1MGO=0.000342BTC

ETH/MGO
1MGO=0.004380ETH

1MGO=$0.858218
1MGO=96円

モバイルゴー(MGO)は日本円では直接購入できません。
ビットコインかイーサリアムで購入する必要があります。間に手数料が加算されますが、それでもローリスクハイリターンが期待できる通貨です。

安値の今から買っておけば十分な利益が見込めますが、必ず価格が上がるという保証はないので要注意。

次はモバイルゴー(MGO)価格の推移を見てみましょう。
今なら3ヶ月のチャートを開けば全体が把握できます。

2017年6月に取引所での販売が開始されると、価格は一気に1MGO=0.00094BTC・1MGO=0.0077ETHまで上昇しました。

その後、7月上旬にはかなり値を下げてしまい、ビットコインは1/3・イーサリアムは1/2ほどに価格は落ち込んでいて、今は横ばいの状態が続いています。

■モバイルゴーは価格が下がった? 将来性はない?

せっかくモバイルゴー(MGO)に投資しようと思ったのに、価格が下がったのはちょっと気になるところですが、ずっと下がり続けているのではなく、一度下がった後で横ばいになっているってことには、それなりの理由があります。

なぜモバイルゴー(MGO)が販売直後、急激に値上がりしたのか?

それはICOのプレセール時に、たくさんの人が色々な理由で「欲しい」と思って買ったから販売直後に価格が上がるのは当然です。

それだけ期待値の高い仮想通貨である証拠です。

なぜ急な値上がり直後、ジリジリと値を下げたのか?

モバイルゴー(MGO)を買った人には色々な理由がありますが、その理由のひとつに「短期トレード」があります。

この「短期トレード」が目的の人は、安値で買ったモバイルゴー(MGO)をある程度の高値で売ってしまいます。

モバイルゴー(MGO)が販売後に価格が下がってしまったのは、価値がないからではなく「短期トレード」で売った人がそれだけいたことになります。

もちろん、価格が下がったのには安全性に対する不安とか、他の理由もありますが、株のIPOと同じで上場後は一定の売りが入り、価格を下げてしまうことは良くあること。

むしろ今が安定水準に近づいたとも言えます。

■「MobileGo(モバイルゴー)」の購入方法は?

モバイルゴー(MGO)を購入するには仮想通貨取引所を利用します。

ですが、残念ながら日本国内の取引所では、モバイルゴー(MGO)を購入することはできず、海外の取引所で購入する必要があります。

モバイルゴー(MGO)を購入できる取引所は以下

  1. Tidex
  2. Liqui
  3. AllCoin

今のところ3社とはいえ、今後取り扱う取引所が増える可能性もあるので、モバイルゴーの公式サイト(https://mobilego.io/ja/)でまめにチェックすると良いかも知れません。

海外サイトは当然だけど英語が理解できないと内容を知ることはかなり難しいです。

私も購入したい気持ちはあるのですが、まだ購入に至っていたいのも事実。ネットの翻訳機能を使って購入することもできるのですが…なんとなく気が引けます。

それでも、モバイルゴー(MGO)を購入してみたいと思う方は、上記の3社でまずは口座開設をし、口座にビットコインやイーサリアムを送金。
そしてモバイルゴーを購入!という流れになります。

今は価格が安定しているモバイルゴー(MGO)ですが、今後いつ急騰するかわかりません。

ゲーム市場は、バーチャルリアリティ(VR)を筆頭に今後まだまだ伸びていく市場でしょう。

確実に価値が上がるとは言い切れませんが、投資を検討する価値は十分にあると思います。

以上、「仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)とは?上場から約2ヵ月間の価格推移などをチェック!」でした。

初心者にオススメのビットコイン取引所ランキング

日に日に増え続ける仮想通貨の取引所ですが、どこでビットコインを始めとする仮想通貨(アルトコイン)を購入していいのか解らない。という方もいらっしゃると思います。そこで、実際に私がビットコインを売買してみて使いやすかった取引所をランキングにしました。初心者の方の参考になれば幸いです。

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。コインチェックでは最近、盗難補償サービスを開始しました。セキュリティ面が不安ならコインチェックがおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.ccなら、アルトコインのトレードも自由自在。 1円未満の単位から、お試しで購入することもできます。24時間365日、PCから、スマホから、スマートで最先端な投資クラスをご体験ください。
bitbank.ccの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式なので透明性の高いお取引が可能です。マーケットの機微な状態も、板があるから一目瞭然、相場に合わせてスマートに注文の管理を行うことができます。
スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャートで、多様な相場局面にあわせた戦略的なトレードを可能にします。本格的なアルトコイントレードをあなたに。

BITPOINT(ビットポイント)

上場企業の子会社が運営するビットコイン取引所です。
国内で安心・安全にビットコインの取引をしたい方にオススメの取引所です。
・日本最大級の取引所
・上場企業運営の安心
・売買手数料無料

-仮想通貨・コイン

Copyright© ビットコイン(bitcoin)投資日記 , 2017 AllRights Reserved.