メガバンクの海外送金手数料(円建て)を比較してみた

7644fbac572c5e30aa7582b044ffe92a_s

海外送金手数料

ビットコインのメリットはなんといっても海外送金の手数料の安さ。

では実際に、日本のメガバンクから海外に送金するといくらくらい手数料がかかるのでしょう?

三菱東京UFJ銀行,みずほ銀行,三井住友銀行,りそ銀行な,ゆうちょ銀行の手数料を比較してみた。

今回は1番多いであろう、円建てのケースで比較します。

大手メガバンク インターネットバンキング 窓口
三菱東京UFJ銀行 2,500円~3,000円 4,000円~5,000円
みずほ銀行 窓口のみ 5,500円
三井住友銀行 3,500円 4,000円
りそな銀行 窓口のみ 6,000円
ゆうちょ銀行 窓口のみ 2,500円
送金できない国あり
ビットコイン 数十円 窓口はありません

メガバンクたかっ。。。!!

この差をみれば歴然で、圧倒的な差がありますね。

しかも期間は数日~数週間かかるし、銀行によっては審査もあるうえ、面倒な手続きや書類が必要となる場合もあり、審査落ちしてしまうと海外送金できないケースだってある。

一方ビットコインは、手数料が数十円しかかからない上に、ほんの数分で相手に届く。

もうメガバンクで海外送金するのがバカらしくなるレベル…

この動画で紹介されている親子も、もうすでにビットコイン送金をはじめています。

このように日本でも徐々にビットコインを使った送金が増えていくんでしょうね。

開発を急ぐ銀行

最近では三菱東京UFJ銀行が「MUFJコイン」を開発したり、みずほフィナンシャルグループもSBIホールディングスと共同で海外送金にかかる手数料と時間を短縮させるような新システムの開発に乗り出しています。

このように銀行が急いでフィンテック関連に力をいれているのも納得がいきます。

ビットコインなどの仮想通貨が普及すれば、恐らく銀行は海外送金手数料の収益が激減するでしょう。

手数料が激減すれば人員削減を余儀なくされます。

銀行も大慌てで開発をすすめているんでしょう。

このようにどんどん競争がすすみ、便利な世の中になれば私たちは万々歳ですね。

今後もフィンテック関連のニュースからは目が離せなくなりそうです。

ビットコイン購入

本日もビットフライヤーでビットコインを購入。

160914

まだ少ししか保有していませんが、毎日貯金感覚で購入することになれてきました。

資産というには程遠い金額ですが、塵も積もれば山となります。

5年後くらいには。資産と呼べるくらいの額の積み立てができると良いのですが。

それにしても…もっと大きな額の取引したいなーと思う今日この頃です。

ビットコインの購入・買い方まとめ
[st-card id=812]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です