イーサリアムの買い方

Livecoin(ライブコイン)の特徴・登録方法・使い方などを徹底解説!

海外取引所のLivecoinってどんな取引所なんだろう…?

上記のような疑問にお答えすべく、今回の記事では「海外取引所Livecoin(ライブコイン)の概要・特徴・登録方法・使い方」について徹底解説していきます!

海外取引所Livecoin(ライブコイン)はロシア発祥の仮想通貨取引所で、300種類以上の非常にたくさんの仮想通貨(アルトコイン)を取り扱っています!

特徴やメリット・デメリット・アカウント登録(口座開設)・仮想通貨の買い方など画像付きで詳しく解説しているので、Livecoinに興味を持っている方は是非ご覧ください!

また、Livecoin(ライブコイン)は海外取引所ですので、日本円を直接入金することができません。

ライブコインで取引をする際には国内取引所で口座開設し、そこからビットコインをLivecoinに送金する必要があります。

国内取引所で口座開設していない方は、安心・安全の「GMOコイン」で口座開設するのがオススメです!

ざっくり言うと…
  • Livecoin(ライブコイン)はロシア発祥の海外取引所で、取り扱い通貨数が300種類以上と豊富。
  • 海外取引所なので、取引する際は国内取引所からビットコインを送金する必要がある。
  • ビットコインを送金する国内取引所で口座開設するなら、安心安全の「GMOコイン」がオススメ。
  • GMOコインなら、「取引手数料」や、海外取引所へ送金する際の「送金手数料」が無料なので、圧倒的にコストを抑えることが可能。
  • 「コールドウォレット」や「マルチシグ」などの多彩なセキュリティを導入しており、チャート・取引画面も見やすく初心者でも迷わない。
  • 今なら口座開設するだけで、タダで20,000satoshi(ビットコイン)もらうことができる。

 

海外取引所で取引する際に重視しなければならないのが、「送金手数料」です。

法定通貨(日本円)の入出金は国内取引所でしか行えないため、入出金を行う度に、海外取引所から国内取引所への「送金手数料」が必要になってきます。

送金手数料が高いと送金する度に高額な手数料を取られてしまいますが、「GMOコイン」なら送金手数料が完全無料です。

「GMOコイン」はセキュリティや操作性も優れていますので、海外取引所で取引を行う方には「GMOコイン」を利用するのがイチバンです!

 

→GMOコインの公式サイトをチェック

GMOコインで無料口座開設!

海外取引所Livecoin(ライブコイン)とは?

Livecoin(ライブコイン)とは、ロシアに本拠地を置く海外仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨が300種類以上と非常に豊富で、数多くの草コインを取り扱っています。

超有名な海外取引所「Binance(バイナンス)」などでも取り扱いがないマイナーコインなども取り扱っているくらい、取り扱い通貨が豊富です!

Livecoin(ライブコイン)の発祥地であるロシアでは、大統領であるプーチン氏が「仮想通貨の合法化に向けて法整備を行う」と発言しており、仮想通貨に前向きな姿勢を示しています。

そのため、ロシアの取引所である「Livecoin(ライブコイン)」が注目されることなりました。

Livecoin(ライブコイン)ってどんな取引所?特徴は?

ロシア発祥の「Livecoin(ライブコイン)」には、他の海外取引所にはないような特徴がたくさん存在します。

それぞれの特徴について詳しく掘り下げて見ていきましょう!

取り扱い通貨数・通貨ペアが多い

Livecoinの取り扱い通貨数は217種類です。(2018年3月25日現在)

さらに基軸通貨の種類も、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ライトコイン(LTC)モネロ(XMR)、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、ロシアルーブル(RUR)など非常に多く、取引できる通貨ペアは合計で534種類にもなります。

基軸通貨 通貨ペア数
ビットコイン 215
イーサリアム 149
ライトコイン 5
モネロ 5
米ドル 115(EUR/USD含む)
ユーロ 11
ロシアルーブル 24(USD/RUR含む)
その他*1 10

*1:その他の通貨ペアは次の10種類です。
「BCH/ZBC、ESR/DASH、ARC/BCH、PLBT/EMC、POSW/DASH、ESR/BCH、TWC/TER、CRBIT/LEO、EMC/DASH、ZBC/DANC」

これだけ取り扱い通貨数が多いと、どの通貨ペアを取引するべきか迷いそうですが、それだけ多くのチャンスもあるということですね!

もちろん全ての通貨ペアが活発に取引されているわけではなく、なかには取引量が少ないものゼロのものもあります。

最近注目されているのはスイスのプライベートバンクが実施しているプロジェクト「Swissborg」のICOトークン「CHSB」です。

CHSB」はHitBTCとLivecoinに2018年2月1日に上場されました。

また日本発の仮想通貨「モナコイン(MONA)」も取り扱っていたりと、なかなか面白い通貨を取り扱っているので一度チェックしてみるといいでしょう。

フィアット(USD、EUR、RUR)の入金ができる

通常、海外の取引所への入金は国内の取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入してから送金しますが、Livecoinでは法定通貨(フィアット)の入金も受け付けています。

入金できる法定通貨は、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、ロシアルーブル(RUR)の3種類です。

入金方法は「Capitalist」「Perfect Money」「Payeer」「Advcash」「qiwi」などのデジタル・ペイメントサービスを利用します。

ビットコインなどの仮想通貨をLivecoinに入金する場合は入金手数料は無料ですが、上記のデジタルペイメントを利用してフィアットを入金すると入金手数料がかかります。

デジタル・ペイメント 入金手数料
Capitalist 0%
Perfect Money 5%
Payeer N/A
Advcash 10%
qiwi RUR:9%

さらにこれらのデジタル・ペイメントサービスへ支払う手数料なども発生する場合もあるので、普段からこれらのサービスを使っているという方以外、わざわざこれらのサービスを使ってフィアットを入金するメリットはないです。

ですので、国内取引所でビットコインを購入し、Livecoinに送金するようにしましょう!

→国内取引所「GMOコイン」の公式サイトをチェック!

GMOコインで無料口座開設!

たくさん取引すれば取引手数料が安くなる

Livecoinの取引手数料は、30日間の合計取引金額が大きいほど安くなります。

月間2,000,001USD以上取引すれば0.02%と非常に安くなりますが、さすがに200万ドルの取引できる方は多くないと思うので、実質的な手数料はそれほど安くありません。

30日間の取引金額 手数料
0 – 100,000$ 0.18%
100,001 – 200,000$ 0.16%
200,001 – 400,000$ 0.14%
400,001 – 600,000$ 0.12%
600,001 – 800,000$ 0.10%
800,001 – 1,000,000$ 0.08%
1,000,001 – 1,500,000$ 0.06%
1,500,001 – 2,000,000$ 0.04%
2,000,001 – ∞ 0.02%

ビットコインのバイナリーオプションができる

 

ちょっとしたゲームのような扱いですが、Livecoinでは仮想通貨のバイナリーオプションができます。
上部メニューから「THE GAME」をクリックします。

バイナリーオプションをご存じない方のために簡単に説明すると、元々はFXなどの為替金融商品の一種で、ある日時での価格から、価格が上がるか下がるか予想するという単純なギャンブルみたいなものです。

Livecoinでは、BTC / USDの開始価格(月曜日00:00 GMT + 3)から、最終価格(次の日曜日23:59 GMT + 3)が上がっているか下がっているかどちらに賭けます。

もし予想が当たれば、負けた人の賭け金を勝った人で分配し、自分の賭け金も戻ってきます。

もし予想が外れれば自分の賭け金を失います。

レバレッジをかけることはできませんが、賭ける金額が大きいほど勝った時の分配率が大きくなります。

日本語には未対応

Livecoinは日本語に対応していません。

対応言語は「英語」「中国語」「スペイン語」「ポルトガル語」「ロシア語」「イタリア語」「フランス語」「インドネシア語」「トルコ語」とかなり多いですが日本語対応はまだのようです。

最近では自動翻訳の精度もかなり高いので特に問題はないでしょう。

運営会社が不明

Livecoinはロシアを拠点としているのではないか、と言われていますが、サイトには運営会社の情報はなく、どこの国のどんな会社が運営しているのかが不明です。

LivecoinのURL「livecoin.net」の登録情報(whois)を調べてみると、登録者はイギリス・ロンドンの「DELTA E-COMMERCE LTD」という会社で、登録者は「SAID YUSIPOV」となっています。

SAID YUSIPOVという名前からやはりロシア系なのかな?と思いますが、DELTA E-COMMERCE LTDという会社についてもSAID YUSIPOVという人物についても確かな情報は見つからず詳細は不明です。

そもそもドメインの登録者というだけで、この会社がLivecoinを運営しているのかどうかも確かではありません。

運営会社が不明ということは、万が一、取引所がハッキング被害に遭うなどして資金が引き出せなくなった・破綻した等という緊急事態にきちんと対応してくれるのかどうかが未知数です。

きちんと対応してくれない場合、なんらかのアクションを起こすにも運営会社を突き止めることから始めないといけないので大変です。

Livecoin(ライブコイン)での口座開設・セキュリティ設定方法

Livecoinは海外取引所ですので、口座開設には運転免許証などの身分証明書は不要です!

メールアドレスのみで簡単に登録できすぐに入金して取引を始めることができます。

Livecoin(ライブコイン)でのアカウント登録方法(口座開設方法)

まずは以下のリンクをクリックしてLivecoin公式ページを開きます。

→ライブコインの公式サイト

右上の「Open a Trade Account」と書いてある赤いボタンをクリックします。

REGISTRATION(登録)画面です。

Usernameには任意のユーザー名を入力します。

Referral codeは紹介コードです。そのままで大丈夫ですよ!

おなじみの「私はロボットではありません」にチェックを入れると画像認証が表示されます。

画像が分かりにくければ左下の丸い矢印をクリックすれば変更できます。

以下の英文は「利用規約に同意します。利用規約をちゃんと読んでないせいで何らかの損害を負っても文句を言いません。

アカウントにアクセスできなくなった場合、アカウントを回復するにはアカウントの本人確認をしないといけません。」ってなことが書いてあります。
(本人確認手続きをしていないアカウントがアクセスできなくなった場合は回復させることはできないということ。)

チェックを入れて「Continue」をクリックします。

入力したメールアドレスに確認コードを記載したメールを送ったよ、と表示されるのでメールボックスを確認します。

「Registration confirmation at livecoin.net」という件名で、以下のようなメールが届いているはずです。

「To complete registration, enter verification code:」の次に太字で書いてある数字をコピーして、上図の「Confirmation code」の欄に入力して「Confirm」をクリックします!

「Your account has been successfully activated.(あなたのアカウントは有効になりました。)」と表示されるので、ユーザー名またはメールアドレスとパスワードを入れて「Sign in」をクリックしてログインします。

「SET YOUR PAYMENT PASSWORD (PIN) 」と表示されるので、PINコード(暗証番号)の設定を行います。

PINコードは出金などの際に必要となります。

数字4桁で入力して「Continue」をクリック!

確認用に再入力します。

セキュリティ上の理由で後でPINコードの変更をした場合は10日間出金はできません。

PINコードを忘れないでね!と書いてあります。

これで口座開設は完了です。

Livecoin(ライブコイン)でのセキュリティ設定方法

アカウント登録ができれば次にセキュリティ設定を行います。

右上のメニュー「ACCOUNT>Security」を開きます。

上記の「Security」から、以下の2つのセキュリティを設定することが可能です!

設定可能なセキュリティ
  • 2段階認証
  • UNIQUE GETTING

それぞれについて見ていきましょう!

2段階認証の設定方法

「SECURITY LEVEL」は最初「Level 1:basic」になっているので、「Level 2:advanced」にチェックを入れて、「Change security level」をクリックします。

2段階認証用のスマホアプリ「Google Authenticator」用の「Secret code」と「QRコード」が表示されるので、「Secret code」をなくさない所にメモしておき、アプリでQRコードをスキャンして2段階認証の設定をしておきましょう。

UNIQUE GREETINGの設定

ログイン時にオリジナルの挨拶文を表示するように設定できます。

常にブラウザのお気に入りからアクセスするなら問題ないですが、Googleなどで検索してログインする場合、フィッシングサイトに間違ってアクセスする可能性があります。

オリジナルの挨拶文を表示するようにしておけば誤ってフィッシングサイトにアクセスしてしまったと気づくきっかけにできます。

初期設定ではOFFになっているので、ONにすると3~150文字で自由に挨拶文を決めてsaveします。

 

Livecoin(ライブコイン)の基本的な使い方

ライブコインでの口座開設・セキュリティ設定が完了したら、次は使い方をマスターしましょう!

基本的には他の取引所と操作方法は同じですが、海外取引所なので少々異なる場合もあります。

一つ一つ解説していきますので、見ていきましょう!

入金方法

フィアット(USD、EUR、RUR)の入金ができる」でも書いたようにLivecoinではデジタルペイメントを利用してフィアットの入金もできますが、使う機会もないと思うのでここでは仮想通貨の入金方法のみ解説しています。

仮想通貨の入金手数料は無料です!

右上のメニューから「BALANCE」を開きます。

入金した通貨の欄の「DEPOSIT」をクリック。

ウォレットアドレスが表示されるのでこちらのアドレスに送金します。

出金方法

「BALANCE」画面で「WITHDRAWAL」をクリックします。

「TRANSFER WALLET」と「ISSUE A VOUCHER」の2つのメニューがありますが、他の取引所に送金するのは左側の「TRANSFER WALLET」です。

Amount欄に出金したい量、address欄に宛先のウォレットアドレスを入力して「SEND A PAYMENT」をクリックします。

出金手数料は通貨ごとに違い、Feeの欄に記載されています。
他の通貨の出金手数料は「Deposits and Withdrawals|Livecoin」に一覧表があります。

仮想通貨の買い方(売り方)

取引画面は上部メニューの「BUY / SELL」から開きます。

取引画面は縦長になっているので一覧性が良くなくちょっと使いづらいです。

チャートのみ非表示にできますが、他のパネルは非表示にしたり、パネルの配置を移動させたりといったカスタマイズもできません。

注文の種類は買いも売りも「指値」と「成行」の2種類のみです。

最初はlimit(指値)になっています。

右下の「Swich to market order」をクリックすればmarket(成行)に変更できます。

Livecoin(ライブコイン)の特徴・登録方法・使い方 まとめ

以上、Livecoin(ライブコイン)の特徴やアカウント登録の手順、入金・出金・買い方などの基本的な使い方について解説しました。

運営会社が不明だったりと不安な点も大きいですが、「CHSB」などここでしか取引できない通貨を買いたい場合は重宝するでしょう!

Binance(バイナンス)などで取り扱っていないようなマイナーコイン(草コイン)などを取引したい場合、Livecoin(ライブコイン)は非常にオススメな取引所です!

気になる方は是非登録して見てくださいね!

→Livecoin(ライブコイン)の公式サイトをチェック

Livecoinで無料口座開設!

 

また、Livecoin(ライブコイン)は海外取引所ですので、日本円の直接の入金はできません。

ですので、国内取引所で口座開設して、そこでビットコインを購入してLivecoinに送金しましょう。

国内取引所なら、安心・安全で送金手数料無料の「GMOコイン」がLivecoinとの相性バッチリですよ!

今なら口座開設するだけで20,000satoshi(ビットコイン)もらえますので、Livecoinと一緒に口座開設しておきましょう!

→GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインで無料口座開設!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です