分散処理による高速取引と、拡張性の高さが特徴のLISK(リスク)

lisk

暗号通貨先生

LISK(リスク)とはどのような暗号通貨なのでしょうか?

LISK(リスク)は次世代型暗号通貨の一つ

リスクはビットコインの技術を応用した次世代型暗号通貨の一つです。比較的後発のため知名度が低いものの、その拡張性の高さや処理にかかる負担の少なさが魅力となっています。リスクとよく比較されるのが同じく次世代型暗号通貨のイーサリアムです。イーサリアムの特徴は取引情報などの記録が容易で、契約情報や財産の情報を扱うのに適しています。

ビットコインは匿名性が高い分、取引データの記録には不向きで、契約との紐づけが難しいと言う難点があります。これは資金の流れの不透明さにもつながるため、マネーロンダリングや不正な取引にも使われやすいと言う欠点にもなっています。イーサリアムは、ビットコインの技術を下敷きにし、契約情報や財産情報を記録できるようになっており、証券や債権として利用可能な仕組みになっています。

つまり、第三者が取引の情報を確認できる事が可能で、貨幣自体に価値や記録を担保する機能があるのです。第三者機関が情報を確認できる暗号通貨は他にもありますが、導入のタイミング速さやその機能性が注目され、イーサリアムはビットコインに次いで業界2位のシェアを誇っています。

リスクはイーサリアムとほぼ同じ機能を有しながら、さらに拡張性を高め、処理を分散せる仕組みを作ることで高速取引を実現しています。拡張性の高さと流通の小回りの良さがリスクの持ち味となっているのです。

リスクの魅力は汎用性と拡張性の高さによる優位性

リスクをはじめとした暗号通貨を扱うために、暗号化技術をはじめ様々な下敷きが必要になります。暗号通貨を扱うためにはデータの流通性を保ちながらセキュリティに気を配り、なおかつ機能性を高める技術力が重要になります。

特に次世代型暗号通貨は拡張性が高い物が多く、新しいサービスと紐づけられるかで知名度や利便性が一気に変わる可能性があります。暗号通貨に応じた各種技術を取得し、新しい技術を開発する事も大切になるのです。一方で、こういった技術は非常に専門的になる事が多く、技術の取得や人材の登用に多くのコストがかかります。

リスクはプログラムに、JavaScriptと呼ばれる世界的に普及しているプログラム言語を利用しています。そのため、JavaScriptの技術者であれば、簡単にリスクの加工を行うことが出来るのです。

もちろん、リスク自体を容易に改変できれば価値が下がる可能性があるため、あくまで貨幣事態の価値ではなく付加情報を追加する形になりますが、技術者の育成や転向が簡単なのは大きなメリットです。開発に使えるリソースが大きいからこそ、画期的な技術や、サービスが生まれる可能性が高まります。

JavaScriptの技術者は世界中に存在するため、リスクは技術開発の速度で優位な点が魅力なのです。

分散処理による処理速度の速さも魅力

リスクは処理速度の速さでも他の暗号通貨より優位に立っています。これは分散処理と呼ばれるネットワークを通して負荷を分散し、より高速で処理できるシステムを構築しているからです。

これは処理用のコンピューターに負担がかかりにくいだけでなく、取引の高速化に貢献します。ビジネスの世界では一分一秒を争うケースがありますが、通貨の世界ではそれがより顕著になります。為替取引を代表するように、貨幣間の取引によって収益を得るビジネスも成立しているからこそ、高速処理ができるか否かは重要になってくるのです。

イーサリアムも分散処理を採用し、ビットコインよりも大幅に処理速度を上げることに成功していますが、リスクはさらに高速の取引に対応することを目指して開発されています。為替の世界では人工知能やプログラムを応用したシステムトレードを用いて、高速取引で差益を得る事は一般的になりつつあります。

リスクは処理速度を向上させることにより、高速取引を視野に入れた貨幣の流通や、小回り良さも魅力になっているのです。

日本国内でも購入が可能

リスクは日本国内の暗号通貨取引でも購入が可能です。暗号通貨は取引所が増えるたびにシェア拡大の期待が高まることから貨幣価値が上がることが多く、日本での取り扱いが始まった際も大きく相場が上昇しました。すでに大規模なリスクの発行は終了しているため、これから伸びが期待できる通貨の一つとなっています。

まず、リスクを購入する場合はビットコインを購入する必要があります。複数の暗号通貨を扱う取引所を通じてビットコインを両替し、リスクに変えていきます。
日本語サイトがあるため、操作手順は簡単に把握することが出来、入門のハードルが低いのも魅力となっています。

知名度が低いのが弱み

リスクは後発の暗号通貨であり、知名度が低いのが弱みとなっています。伸びしろは大きいものの、同じような特徴を持ったイーサリアムが先行していることもあり、成功するかどうかは未知数の部分もあるのです。

伸びしろが大きい反面、想定通りに開発が進むかは不確定であるため、その点をどう評価するかが投資や利用を見極めるポイントになっているのです。

リスク投資家

リスクを実際に売買できる取引所はコチラです

コインチェック

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

暗号通貨先生

これからもリスクの動向が楽しみです。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。コインチェックでは最近、盗難補償サービスを開始しました。セキュリティ面が不安ならコインチェックがおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.ccなら、アルトコインのトレードも自由自在。 1円未満の単位から、お試しで購入することもできます。24時間365日、PCから、スマホから、スマートで最先端な投資クラスをご体験ください。
bitbank.ccの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式なので透明性の高いお取引が可能です。マーケットの機微な状態も、板があるから一目瞭然、相場に合わせてスマートに注文の管理を行うことができます。
スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャートで、多様な相場局面にあわせた戦略的なトレードを可能にします。本格的なアルトコイントレードをあなたに。

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

BITPOINT(ビットポイント)

上場企業の子会社が運営するビットコイン取引所です。
国内で安心・安全にビットコインの取引をしたい方にオススメの取引所です。
・日本最大級の取引所
・上場企業運営の安心
・売買手数料無料

投稿日:

Copyright© ビットコイン(bitcoin)投資日記 , 2017 AllRights Reserved.