ビットコイン(仮想通貨)投資日記

ビットコインや仮想通貨への投資記録

ICO

“資本の論理”に縛られない「ICO」の可能性とは

投稿日:

近年はクラウドファンディングや仮想通貨を使用した資金調達など、従来とは異なった巻き込み型の新たな手段が注目されており、またそのような動きに伴って、ICO(新規仮想通貨公開)と呼ばれる新たな資金調達の手段が盛り上がりを見せています。

ICOとは、資金を集めたい企業が「トークン」と呼ばれる独自の仮想通貨を発行し、投資家がそのトークンをビットコインなどで購入することで資金を調達する仕組みです。トークンの所有者は、発行した企業のサービスを利用できる権利を得られたり、そのトークンの価格が値上がりしたタイミングで売れば利益を得ることができるようになっています。

世界でICOによる資金調達額は15年時点では約46億8000万円でしたが、17年には約4000億円に達し、急成長しています。このように急成長しているICOについて、メリットについてと、ビジネスについて今回見ていきたいと思います。

ICOは企業のビジネス、社会をどう変革させる?

ICOの起源は13~14年頃と言われています。年間の調達額が50~100億円に急拡大し、世間に認知されるようになったのは16年末あたりからで、17年には約4000億円の調達が行われ、ベンチャーキャピタル(VC)の調達額を超えました。ICOの歴史は浅いですが、この数年で急速に存在感を高めています。

しかしながら、ICOを実行する企業はまだまだ多くないのが現状で、特に大手企業は慎重です。というのも、世界的に仮想通貨に関する法整備はまだ整っていませんし、中国や韓国などでは既にICOの利用を禁止していることもあります。日本は世界に先駆けて法整備を進めてきましたが、ICOについてはこれからですね。

今後、法律がどう変わっていくのか分からないリスクがあるので、もう少し様子を見ていたいというのが実情と思われます。

企業がICOを活用して資金調達をするメリットについて

株式出資では、経営の支配権を手放すリスクがあり、融資には返済のリスクがあります。また前提として、「その会社が利益をどのくらい出せるのか」という評価に縛られてしまいますが、ICOは違います。この“資本の論理”から脱却しているので、株式のように配当もなければ、融資のように利息もありません。

つまり、投資側は投資先の事業に利益を求めません。求めているのは、手にした通貨(トークン)がより多くの人に流通すること、つまり通貨の価値が上がることです。

なので、その通貨でしか使えないサービスが人気になれば、その通貨を欲しい人が増え、価値が高まり、その結果として投資家は利益を得ることができるわけです。いわゆる事業の収益性=通貨の価値向上ではないので、既存の資金調達の概念とは性質が大きく異なるのです。

つまり、「そのサービスを使いたいと思ってもらえるか」、また「いかに共感してもらえるか」が投資家からの評価のポイントになるので、企業は「利益を出す」といった資本の論理に縛られず、資金調達を行えます。ここがICOの最大の特徴でありメリットでしょう。

ICOで人の夢を応援できる世界がくる可能性

また、芸能界でも同じことが言えますね。例えば、芸能事務所が通貨の発行体になったとします。対象はまだ売れていないけど、これから売れる可能性のある人たちのコインを発行します。ブロックチェーン上に、アイドルの卵や、芸能界を目指す人たちのプロフィールを載せて投票(通貨の購入)をさせれば良いという仕組みが出来上がり、市場から応援したい人を選んでもらうことで、芸能事務所がオーディションを開催しなくてもいい時代が来るかもしれません。

今後、このような「人を応援する」ためのICOの事例が出てくると考えています。「儲けよう」「株式上場を目指そう」という理由で事業をつくるなら、既存の資金調達の手法で十分であり、そうではなく、「社会にとって必要だからこの事業をつくる」といった収益の枠組を超えた思想にICOは向いています。

そもそも論に立ち返る

ICOの考え方として、そもそもビジネスは社会資本の推進活動です。たまたま資本主義のというルールの中で会社は利益を出さなければならなかっただけで、本質的には「世の中にどういう価値を提供するか」をみんな考えたいというのが始まりのはずなのに、多くの場合は、「利益を上げなきゃ」と走ってしまいます。

ICOは利益に走ろうと考える前に、「社会のためにやりたかったことは」と“そもそも論”に立ち返るきっかけになるかもしれません。

ウィキペディアも事業の収益性ではなく「社会のために」という思いで立ち上がった事業です。こうした事業こそICOをするべきなのだと思います。

その一方で、インターネットの黎明期と一緒で、過渡期にはいろいろな課題が出ています。このようなICOの考え方は時に「うさんくさい」「危険なもの」と捉えられることが多く、実際、プロジェクトの実態がないのに資金を集めて姿を消すなど、「ICO詐欺」が横行しているのも事実。

もちろん、これから投資家を守るための法律が整備されていくことで、詐欺などに合うリスクは軽減されていくはずと考えてはいます。

また、ICOがこれから社会にどのような変革をもたらすのか、まだピンときていない人の方が多いと思いますが、これまで述べてきたように、ICOは利益を上げるという資本の論理に縛られていません。資本主義の世界では実現できなかった新たな事業が次々と生まれていく可能性は大いにあると思われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?このように、従来の仮想通貨の利益重視の考え方とは真逆の方法で、拡大を目指しているICO。

「儲けること」「株式上場を目指そう」という理由で事業をつくるというのではなく、「社会にとって必要だからこの事業をつくる」といった収益の枠組を超えた思想に向いているICOは、これからの幅の広がりや拡大に期待ですね。

初心者にオススメのビットコイン取引所ランキング

日に日に増え続ける仮想通貨の取引所ですが、ビットコインを始めとする仮想通貨(アルトコイン)をどの取引所で購入してよいのか解らない。という方もいらっしゃると思います。そこで、実際に私がビットコインを売買してみて使いやすかった取引所をランキングにしてみました。初心者の方の参考になれば幸いです。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)

bitbank Trade

【bitbank Tradeの特徴】
・証拠金20%で強制ロスカットだが、追証なし
・レバレッジ20倍を実現
・最短30分で取引を開始することができる
・チャートツールが機能的で使いやすい
・コールドウォレット管理でセキュリティバッチリ
・ビットコインFXをするなら国内取引所最高峰

GMOコイン

ビットコインでのFX取引ならGMOコイン
■GMOコイン「仮想通貨FX」の特徴
∟新規注文(買建・売建)、決済注文、ロスカット、すべて無料!
∟24時間取引
∟「追加証拠金制度」なし
∟「ロスカットルール」のみ採用!追加入金に追われません!
∟注文価格が「Bid/Ask」の2way表示!取引価格が明瞭で分かりやすい!
∟最低0.001BTCから発注可能、数十円から取引できる

ビットトレード(BitTrade)

BitTradeでは世界で最も親しまれ、100を超えるテクニカル分析が使えるTradingViewを採用。トレンドラインや一目均衡表はもちろん、通貨ペアの比較分析も可能です。

シンプルで軽量、しかも高い機能性を備えた充実のトレーディングプラットフォームを提供しています。スマートフォンユーザーでもストレスのない、他では体験できない卓越した取引が可能になりました。

スマートフォンユーザーにも使いやすいウェブインターフェースを開発。考えぬかれたUIで外出先からいつでも取引。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

DMM Bitcoin

今なら口座開設完了で1,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!(6/30迄)
DMM FXでお馴染みのDMM.comグループが運営する仮想通貨取引所。
■現物取引
  ┣ビットコイン(BTC)
  ┗イーサリアム(ETH)
■レバレッジ取引
  ┣ビットコイン(BTC)
  ┣イーサリアム(ETH)
  ┣ネム(XEM)
  ┣リップル(XRP)
  ┣ライトコイン(LTC)
  ┣イーサクラシック(ETC)
  ┗ビットコインキャッシュ(BCH)
取扱い通貨が豊富で各種アルトコインのレバレッジ取引ができるのが特徴です。

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.ccなら、アルトコインのトレードも自由自在。 1円未満の単位から、お試しで購入することもできます。24時間365日、PCから、スマホから、スマートで最先端な投資クラスをご体験ください。
bitbank.ccの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式なので透明性の高いお取引が可能です。マーケットの機微な状態も、板があるから一目瞭然、相場に合わせてスマートに注文の管理を行うことができます。
スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャートで、多様な相場局面にあわせた戦略的なトレードを可能にします。本格的なアルトコイントレードをあなたに。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

【QUOINEサービス特徴】
・ビットコイン、イーサリアムの仮想通貨の取引所を運営
・世界最高水準のセキュリティ
・業界最多の14通貨ペア数
・標準で15種類のインディケーターを搭載するシステム
・スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone, Android, iPad)
・レバレッジは業界最大、個人25倍、法人50倍(予定)
・BTCJPYの取引手数料が無料
・大口トレーダーも大満足のロット制限、建玉制限なし(例外あり)
・0.01BTCから購入可能(必要証拠金約130円)
・一括決済ボタンでボラティリティの高い相場に備える
・クイック入金提携数業界最多。約380の金融機関に対応。
・業界では珍しいLINEを活用したチャットサポート

-ICO

Copyright© ビットコイン(仮想通貨)投資日記 , 2018 All Rights Reserved.