超かんたん!ビットコインの買い方を解説!

GMOコインの入金方法を徹底解説!手数料や注意点も!

Satoshi

ハカセやっべぇ!GMOコインに入金する方法を忘れちまったぜ!
安心するんじゃSatoshi、GMOコインには超かんたんに日本円を入金することができるのじゃぞ。

クリプト博士

Satoshi

それは良かったぜ!GMOコインでビットコイン、ゲットだぜ!

今回の記事では、「GMOコインへの日本円の入金方法と入金手数料・注意点」について徹底解説していきます!

GMOコインは、東証一部上場企業である「GMOインターネットグループ」を親会社にもつ国内の仮想通貨取引所でして、その使いやすさゆえに非常に高い人気を誇っています!

GMOコインなら、日本円は無料で、かつ即座に入金することが可能ですよ!

本記事を見れば、入金方法から注意点などについて全て網羅することができますので、是非最後までご覧ください!

GMOコインの登録/口座開設方法・アプリの使い方まで徹底解説!

大まかにいうと…
  • 仮想通貨投資するなら、手数料無料で安心・安全の「GMOコイン」がオススメ。
  • GMOコインなら「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が全て無料。
  • 定期的にセキュリティの強化を行っていて、ハッキングされたケースは今まで全くなし。
  • 口座開設は10分で完了し、今登録すれば無料でビットコインもらえる!

→GMOコインの公式サイトをチェック!

GMOコインで無料口座開設!

GMOコインとは?

GMOコインの入金方法を解説する前に、GMOコインという仮想通貨取引所がどのような取引所なのか説明していきます!

GMOコインは「GMOインターネットグループ」を親会社に持つ仮装通貨取引所です。

レバレッジ最大10倍の取引やFXに特化したアプリを用意している国内では有名な仮想通貨取引所になります!

ビットコインや有名なアルトコインを、合計で5通貨取り扱っています!

関連記事のIDを正しく入力してください

会社名 GMOコイン株式会社
設立 2016年10月
代表取締役社長 石村 富隆
住所 東京都渋谷区桜丘町20-1渋谷インフォスタワー
資本金 18億円
取り扱い通貨
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン

→GMOコインの公式サイトをチェック!

GMOコインで無料口座開設!

GMOコイン口座開設方法

入金方法の説明の前に、まだGMOコインで口座開設していない方のために口座開設の方法を解説したいと思います。

「もう口座開設済みだから、早く日本円の入金方法が知りたいよ!」という方は、ここは読み飛ばしちゃって大丈夫ですよ!

難しいことは何もないので簡単に口座開設でき、口座開設の大まかな流れは以下の通りです。

  1. メールアドレスの登録
  2. パスワードの登録
  3. 管理画面へのログイン
  4. 個人情報の入力
  5. 本人確認書類の提出

このような手順です。GMOコインの登録自体は15分ほどで完了しますが、本人確認書類の承認などに数日ほどかかります。

ですので、早く仮想通貨投資を始めたい方は、今すぐにでも口座開設手続きを進めてしまいましょう!

GMOコイン口座開設方法① メールアドレス登録

→GMOコインの公式サイトをチェック!

GMOコインで無料口座開設!

まずはGMOコインにアクセスし、「新規口座開設はこちら」をクリックして先に進みましょう!

 

はじめにメールアドレスの登録を行います。

メールアドレスはキャリアのものやgmailなどどちらでも利用することができますよ!

メールアドレスの入力が完了したら、「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「無料口座開設」をクリックしましょう。

メモ

FacebookやGoogleのアカウントでも口座開設することが可能です!

入力したメールアドレス宛に「認証メール」が送信されますので、メールボックスをチェックします!

このような認証メールがGMOコインから届きますので、リンクをクリックして次に進みましょう!

リンクの有効期限は1週間ですので、注意しましょう。

GMOコイン口座開設方法② パスワード登録・電話番号認証

続いて、ログイン時に使用するパスワードを設定していきます。

パスワードには複雑さに応じて強度が決まっており「弱」「中」「強」で表示されますのでセキュリティの関係上、中以上になるように設定してください!

 

また、ログイン時にはパスワードの入力が必須でして、無くしてしまうとログインできなくなってしまいます。

ですので、メモなどにパスワードをしっかりと記録しておきましょう!

続いては電話番号の認証を行います。

赤枠内に電話番号を打ち込んで「コードを送信」ボタンを押すとSMSでコードが送られてきますので、そちらのコードを入力しましょう!

GMOコイン口座開設方法③ 管理画面へのログイン

メールアドレスとパスワードの設定が完了したら、管理画面へのログインを行います。

入力したメールアドレス宛にログインURLが記載されているのでそちらのリンクをクリックします。

こちらのログイン画面で先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

GMOコイン口座開設方法④ 個人情報の入力

ログインが完了したら個人情報の入力を行います。

基本的な情報を入力していくだけですので、そこまで手間はかかりません。

入力する項目は以下の通りです。

  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • 取引を行う目的
  • 職業
  • 国籍

またこの画面で入力する内容は、次に行う「本人確認書類の提出」でアップロードするものに記載されてい情報と同じ情報を入力しましょう!

内容が異なっているとGMOコイン側での審査をスムーズに通過できなくなってしまう可能性がありますので、注意が必要ですよ!

GMOコイン口座開設方法⑤ 本人確認書類の提出

最後に本人確認書類の提出を行います。

本人確認には「アップロード」「対面確認」の2種類がありますのでどちらかお好きな方を選択してください。

「対面確認」の場合ですと、郵送されてくるGMOコインからの書類を受け取るときに、対面で本人確認をする必要がありますので、非常に面倒です。

ですので、基本的には本人確認書類は「アップロード」で提出するのがオススメです!

 

「アップロード」と「対面確認」では使える本人確認書類が異なるので、しっかりと確認しておきましょう!

アップロードで使える本人確認書類
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
対面確認で使える本人確認書類
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

本人確認書類の提出が完了すると手続きはほとんど完了です。

この後1日〜2日ほどでGMOコイン側での審査が行われ、さらにその後2日〜3日ほどでGMOコインから口座開設コードが記載されたハガキが自宅に届きます。

そこに記載されているコードを、GMOコインの「口座開設手続きのご案内」に入力すれば、口座開設が完全に完了になります!

これで、GMOコインにおける出入金や仮想通貨の取引など、ほとんどの機能を使用することが可能になります!

GMOコインへの入金の種類・入金方法

GMOコインには「即時入金」と「振込入金」の2種類の入金方法があるんじゃぞ!

クリプト博士

GMOコインの入金方法である「即時入金」と「振込入金」についてそれぞれ見ていきましょう!

入金方法 即時入金 振込入金
銀行口座 特定の銀行 全ての銀行
入金反映時間 即時 2時間ほど
手数料 無料 数百円
入金限度額 1000万まで なし

「即時入金」は、その名の通りインターネットバンキングを利用して24時間いつでもすぐに入金できる入金方法になります。

「振込入金」は基本となる入金方法でして、自分が利用している銀行からGMOコインにお金を振り込むことで入金します。

 

基本的には、手数料が無料で入金が即反映される「即時入金」がオススメです!

どちらも簡単に使うことができるのでそれぞれの方法について詳しく見ていきましょう!

GMOコイン入金の種類① 即時入金

はじめに「即時入金」の方法について解説して行きます!

即時入金で日本円を入金する場合、以下のどれかのインターネットバンキングに登録する必要があります!

即時入金に対応している銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行
  • Pay-easy(ペイジー)

この中でも、同じ「GMOグループ」が運営している「GMOあおぞらネット銀行」を利用するのがオススメです!

一度登録してしまえば入金の時は全て「即時入金」を利用することができますので、まだの方は登録しておきましょう!

GMOあおぞらネット銀行に無料登録!

それでは具体的な即時入金の入金方法を図解とともに説明して行きたいと思います。

入金はホームの入出金の日本円をクリックします。

すると入金や出金についてのメニューが表示されるので即時入金をクリックします。

即時入金にはいくつか種類があり、楽天銀行、住信SBIネット銀行、その他の銀行(Pay-easy)の中から金融機関を選択します。

いずれかの金融機関ををクリックすると入金金額を入力する画面が表示されます。最低入金額は1000円なので1000円を上回る金額で入金額を入力します。

するとそれぞれの銀行のサイトに移動するリンクが表示されるのでそちらから金融機関のページに飛んで入金します。

入金画面は以下の通りです!

<楽天銀行>

<住信SBIネット銀行>

<その他の銀行(Pay-easy)>

メモ
  1. 即時入金は利用環境や状況によって多少入金まで時間がかかることがあります
  2. 毎月第3日曜日の3:00~6:00と、各金融機関の利用時間外はサービスが利用できないので注意してください
即時入金の特徴
  • GMOコインでは即時入金の入金手数料が無料
  • 24時間365日いつでも入金することができる
  • 1度の入金の上限は1000万円

GMOコイン入金の種類② 振込入金

次に振込入金の方法について説明していきたいと思います。

振込入金では、普段使っている金融機関からGMOコインの指定の口座に現金を振り込むことで入金を行います。

振込入金では入金限度額が設定されていないのでいくらでも入金することができます。

振込入金の反映時間と受付時間は以下の通りです!

受付時間 反映時間
0:00~8:59 当日10時30分まで
9:00~16:59 当日90分以内に反映
17:00~23:59 翌営業日10時半までに反映

振込入金の具体的な方法は以下の手順で行います。

会員ホームから入出金の日本円をクリックします。

振込入金をクリックし、入金する金融機関を選択します。

選択できる金融機関は以下の通りです!

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

金融機関を選択すると振込入金先の口座情報が表示されるので、口座に現金を入金します!

これで振込入金が完了になります!

振込入金の特徴
  • 一度の入金に限度がなくいくらでも入金できる
  • 入金の反映には少し時間がかかる
  • 楽天銀行以外からの入金は振込手数料がかかる
メモ

GMOコインに登録した名義と異なる名義で入金した場合取引を停止する場合があるので注意してください。

GMOコイン入金の種類③ ペイジー入金

最後にPay-easy入金の方法について詳しく説明していきたいと思います。

手順は簡単なのですぐになれると思います!

具体的な入金手順は以下の通りです。

入金金額を入力し、入金開始をクリックします。

金額を確認して進むをクリックします。

氏名や電話番号などの情報が表示されるので確認の上入金お手続きへをクリックします。

こちらのページから金融機関を選択するページに進み入金手続きをします。

ペイジーに対応しているネットバンキングは以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行

GMOコインへ入金する際の注意点

これまでGMOコインの入金の方法を一通り説明してきましたが、簡単に入金できることがわかってもらえたかと思います。

しかしその一方で、いくつか注意しなくてはいけないこともあるので紹介していきますね!

GMOコインへ入金する際の注意点① 即時入金には限度額がある

即時入金では最低入金額が1000円最高入金額が1000万円と限度額があるので注意してください。

1000万円以上の金額を入金したい場合は銀行振込を選択してください。

銀行振込は入金限度額が決まっていないのでいくらでも入金することができます。

GMOコインへ入金する際の注意点② GMOコインはコンビニ入金に対応していない

GMOコインは銀行振込かPay-easy、インターネットバンキングを使っての入金しかできず、コンビニでの入金はできません

他の取引所ではコンビニ入金にも対応している取引所がいくつかあるのでコンビニ入金を利用したい方はbitFlyerなどで口座を開設しましょう。

GMOコインへ入金する際の注意点③ 銀行振り込みでは本人名義の口座以外は使用できない

GMOコインで銀行振込をする際は登録してある名義と異なる名義では入金することができません

もし間違えて入金してしまった場合には組戻しという作業を依頼する必要があるので注意が必要です。

メモ

組戻しとは客の以来に基づいて金融機関を通じて振込取り消し手続きを行うことです。組戻手数料と時間がかかります。

GMOコインの特徴

入金方法の前にGMOコインの特徴について解説して行きたいと思います。

それぞれの仮想通貨取引所には異なる特徴があるので、特徴を見比べて自分に合っている取引所で口座を解説しましょう!

GMOコインの特徴・手数料・評判について徹底解説!

GMOコインの特徴① 各種手数料が無料

GMOコインでは日本円の即時入金、日本円出金、ビットコインの引き出しが無料となっています。

またビットコインの現物取引や出金にかかる取引手数料も無料です。

手数料が無料というのは仮想通貨取引所を選ぶ上でかなり魅力になってくると思います。

GMOコインの手数料が安すぎ!取引手数料/出入金手数料/スプレッドを比較!

GMOコインの特徴② 販売所で一部のアルトコインを安く売買することができる

GMOコインではアルトコインはビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ライトコインを取り扱っています。

販売所でこのようなアルトコインを売買すると手数料(スプレッド)がかかるためどうしても高くなりがちです。

ですがGMOコインはスプレッドがとても小さい取引所でアルトコインをお得に売買することができます。

ビットコインキャッシュを例に見てみて行きましょう

こちらがビットフライヤーでのビットコインキャッシュのスプレッドです。

現在2100円ほどのスプレッドがあります。

一方こちらがGMOコインのスプレッドなのですが1700円ほどなので500円ほどGMOコインの方が安いということになります。

スプレッドは一定ではなく時間を追うごとに常に変化していくのでいつもではありませんが、他の取引所に比べると低く設定してあります。

GMOコインの特徴③ 仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」

GMOコインにはFX専用アプリであるビットレ君が用意されています。

iOS、Androidに対応しているため誰でも使うことができます。

ビットレ君ではチャートやテクニカル指標も充実しています。

チャート
  • 単純移動平均線(MA)
  • 指数平滑移動平均線(EMA)
  • 一目均衡表
  • 平均足
  • ボリンジャーバンド
テクニカル
  • RSI
  • MACD
  • RCI
  • DMI/ADX

注文方式も豊富に用意されており、「成行注文」「指値注文」「OCO」「IFD」「IFD-OCO」と様々な注文方式を利用することができます。

GMOコインへの入金 まとめ

今回の記事では、「GMOコインへの日本円の入金方法」について解説しました!

本記事内で説明した通り、GMOコインでは非常にかんたんに日本円を入金することが可能です!

入金手数料は「即時入金」を使えば完全に無料ですので、無駄なコストもかかりません。

 

GMOコインは、初心者にとっても非常に使いやすく、専用アプリの「ビットレ君」を使用すれば、高度なテクニカル分析を行うことも可能です!

この機会に、GMOコインで是非仮想通貨取引を初めて見ましょう!

→GMOコインの公式サイトをチェック!

GMOコインの評判は?メリット/デメリットや口コミまで徹底解説!

GMOコインではいくらからビットコインを買えるの?【少額でもOK】