GMOインターネット、マイニング事業の報酬額を発表

GMOインターネット株式会社が、仮想通貨マイニング事業によるマイニング報酬と、ハッシュレートの月次状況を一般公開しました。

GMOインターネット株式会社では、2017年12月20日からマイニング事業を本格的に稼働しており、マイニングファームを北欧に設置しています。なぜ北欧なのかというと、仮想通貨のマイニング事業をおこなう場合、膨大な計算処理が可能なコンピューターとその稼働・冷却をおこなうために、安定した電力を確保することが必要だからです。北欧は、再生可能エネルギーが豊富なため、低電力でマイニングを稼働させることができるのです。

国内の大企業によるマイニング事業の成果が発表されたのは業界初。GMOインターネットの今後のマイニング事業計画としては、2018年末までに総額380億円を投資すると表明しています。さらに、半導体設計技術を持つパートナー企業と共に、マイニングをおこなう高性能のコンピューターの研究開発も進めています。2018年の上半期をめどに、新型チップを使用した、次世代マイニングボードを投入する予定のようです。

マイニング<発掘>とは?

マイニングは、仮想通貨の暗号化システム、取引履歴のシステムに参加することです。仮想通貨は、全ての取引記録を取引台帳に記録しています。この取引台帳データのことを「ブロックチェーン」と呼び、追記作業は「ブロック生成」と呼びます。このシステムがあることで、機関を介さずとも正当性を保つことができているのですが、その処理には、莫大な計算量が必要になのです。

そのため、ビットコインなどの仮想通貨は、これらの追記作業のために、有志のコンピュータリソースを借りているのです。すなわち、コンピュータを使っていない時間や、余っているコンピュータの計算能力を借りて、莫大な計算をおこない、共有する大きな取引台帳に追記しているということです。

この作業に参加して、追記処理を成功したユーザーには、報酬として仮想通貨が支払われます。この流れがマイニング(発掘)と呼ばれるものになります。

 

GMOインターネットのマイニング報酬額は?


GMOインターネットによる、マイニング事業の月次報告書(2018年度2月版)です。マイニングによって得たビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)、ハッシュレートを公開しています。

https://ir.gmo.jp/pdf/irlibrary/disclose_info20180305.pdf

上記の月次報告書を見て分かる通り、GMOインターネットのマイニング報酬は、なんと2ヶ月で2.8億円です。また、ハッシュレートの上昇に比例して、報酬額も急上昇していることがわかります。

ハッシュレートとは?

ハッシュレートは、マイニング(採掘)が行われる際の採掘速度のことを表します。マシンの計算力の測定単位であり、hash/s(1秒間に1ハッシュの計算)という単位として使います。ハッシュレートというのは、仮想通貨の価格やマイナーの報酬など、仮想通貨の信頼性にも関係してくるため、とても大事な指標です。

2018年夏、クラウドマイニングサービスを開始

GMOインターネット株式会社は、企業や個人に向けて、GMOのクラウドマイニングサービス「Z.com Cloud Mining」を、2018年夏以降に開始することを発表しました。このサービスは、2018年2月9日に欧州法人を通して運営している、仮想通貨クラウドマイニング施設である「次世代マイニングセンター」によるサービスです。

1口あたり500万ドル(約5.3億円)からで、マイニングに参加したい企業や個人が、必要な設備をレンタルできるという仕組みです。設備としては、独自に研究・開発された「7nm次世代マイニングチップ」が搭載された、高性能マイニングマシンを使用できます。また、対象通貨はハッシュ関数の標準規格である「SHA-256」が対応している、ビットコイン(BTC)、またビットコインキャッシュ(BCH)を予定しているようです。

利用する側のメリットとしては、初期費用と固定の運用費用のみでマイニングに参加することができるため、導入における運用リスクを大幅に下げることができるという点でしょう。なお、「Z.com Cloud Mining」の説明会は、世界9都市でおこなわれ、これから多くの利用者を獲得する動きがみられています。

仮想通貨取引所事業も展開




GMOインターネットグループでは、仮想通貨取引所事業「GMOコイン」もおこなっています。GMOコインは、仮想通貨リップルを扱っている点が大きな特徴になります。リップルを扱っている取引所は数が少ないため、GMOコインはその点で人気があります。また、GMOインターネットグループは、これまで培ってきた金融サービス提供のノウハウを活かすことで、堅固なセキュリティと管理体制を提供しています。さらに、よく知られているようにFX事業も古くからおこなっているため、FX事業のツール・ノウハウがGMOコインにも適用されています。これらの点で多くのユーザーに選ばれているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今や多くのクラウドマイニングサービスが展開されておりますが、1口あたり500万ドル(約5.3億円)からのクラウドマイニングには驚きです。あまりの設定価格の高さに、初期投資を一気に回収したいのではという声も上がっています。

これだけの最新設備で、まだ市場にも出回っていない独自に研究・開発された「7nm次世代マイニングチップ」が搭載された、高性能マイニングマシンを使用してのマイニングができるとなると、もはや高いのか安いのか分かりませんが、夢があっていいですよね。

アメリカのゴールドラッシュで儲けたのは金の採掘人でなく、採掘人にシャベルやスコップや日用品を売った商人と言われていますが、そのことから、今回はGMOが商人で、マイニングで儲けようとしてる側が採掘人とも例えられています。

このように、貸し出しをするということは、マイニングをしても儲からないという事といった厳しい意見もあり、今回の募集でどれだけの参加者が集めるのか気になるところです。

分かりやすい例えで言えば、営業「ワンルームマンション買いませんか?儲かりますよ!」 客「儲かるなら貴方や会社でやれば?」みたいなものでしょうか?

個人的には、マイニング事業には大変興味があるので、5億という資金さえあればぜひこちらのクラウドマイニングに参加してみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です