Factom(ファクトム)はデータの公平性を担保する暗号通貨

factom

暗号通貨先生

Factom(ファクトム)とはどのような暗号通貨なのでしょうか?

Factomはビットコインの進化形

ファクトムはビットコインの長所を生かしつつ、さらに付加機能を高めた次世代型の暗号通貨の一つです。ビットコインの特徴として、国をまたいだ通貨取引の際に為替の影響を受け辛く、両替手数料等がかからない点や、強力な暗号化技術により改変が難しい事が挙げられます。

一方で、匿名性が高い代わりにどのような資金の流れで手元にわたってきたのか、どのような取引に使われてきたか把握が難しく、公的な決済には向かないと言った問題が挙げられます。これはマネーロンダリングなどにも簡単に利用できることを意味し、公的な資金としては扱いづらい面があるのです。民間で流通させることが出来ても、国家規模の取引や企業間取引には向かないため、市場の拡大がしづらいのです。

また、暗号化が強力であり、付加的なデータを加えることが難しいのもビットコインの欠点です。ビットコインの中のブロックチェーンと言う部分にデータを加えることで、信用性の担保や取り扱う情報量を増やす事も出来ますが、この加工には手数料が掛かってしまいます。また、ブローックチェーンのデータの更新頻度は10分に1回と、スピーディーな取引には向かないのも欠点です。

ファクトムはブロックチェーンに取引の記録や様々な契約情報を登録することが出来ます。しかも、第三者に確認できる形で、漏れなく記録が残るのです。そのため、銀行等貨幣価値の保証を行う機関でも使える可能性が高く、社積や証券としても使える可能性があると言う面で注目されているのです。

メリットは広範囲の決済に使える点

ファクトムは取引の記録の自由度が特徴であり、かつビットコインのように手数料をかけて処理を行う必要が無いのが改善点になっています。本来は国や銀行が行うべき情報の公正性をファクトム自体が担保するため、公的な資金として使える可能性があるだけでなく、企業間取引でも使いやすい物になっています。

また、土地の所有情報など複雑な情報を付加することも可能であり、支払いと同時に契約情報の変更や書き換えを行うようなシステムも作成できるようになっています。これはファクトムのデータを第三者が確認可能であるため、データの正確性が常に担保されているからです。ファクトム自体に取引データが記録されることから、データ管理の負担を少なく出来るだけでなく、コストの削減にもつながります。

商取引の証書の保管等は膨大なコストに繋がることも多く、ひとたびミスがあれば大きな損失が生まれる可能性があります。ヒューマンエラーが入る余地のない記録情報の担保は非常に魅力的であり、企業間取引のコストの削減や取引の加速にも繋がります。

また、付加情報の量を増やすことで応用範囲が大きく広がり、利用分野が増える可能性もあります。広範囲の決済に使えるだけでなく、拡張性が高く可能性に溢れている点がファクトムのメリットなのです。

ファクトムの投資メリットは

ファクトムは開発からまだあまり時間が経っていない暗号通貨の一つですが、発行から10ヵ月で価値が10倍になるなど、その将来性には大きな期待が寄せられています。また、マイクロソフトとも提携しており、ソフトウェアを扱う企業からは熱い視線を受けています。多くの資金を集めていることから開発が順調な暗号通貨の一つであり、今後も安定した市場の成長に期待できるのが特徴です。

一方で、スタートアップの時期は過ぎたため、爆発的な価値の上昇は見込みづらいと言う見方もあります。実際に2015年にはシステムの安定性等を高める資金を集めるために、開発元がファクトムのセールが行い、市場に多くのファクトムが流入しています。セール後も貨幣価値が伸びている一方で、バブルような一攫千金に繋がる可能性は低くなっているのです。

それでも、ファクトムを利用した市場の成長により需要が高まり、価値も高まり続ける可能性もあります。一時的な価値の上昇よりも長期的な伸びを期待する人向けの暗号通貨になっているのです。

ファクトム投資のデメリットは

ファクトムの開発元は大手企業と提携するなど、成長のための下地を確実に整えています。一方で、投資に確実なものは無いように、開発の失敗や、普及が進まない事によって価値が下落することもあり得ます。

また、ファクトム以外にも様々な次世代型の暗号通貨が開発されているため、暗号通貨間の競争にもさらされています。あくまで、絶対的に価値が上昇するものではない事を理解しておく必要があるのです。

ファクトムの購入方法は

ファクトムの購入にはまずビットコインを用意する必要があります。これはビットコインとファクトムを両替する形になるからです。専用口座を作って必要なファクトムとビットコインを両替する形になりますが、日本語のマニュアルが存在するため比較的購入難易度が低くなっています。

ただし、ログインパスワードとは別に12ケタのマスターパスフレーズを記録する必要があり、記録に漏れがあると購入したファクトムを利用できなくなります。必ずメモに取るなど、忘れないように工夫をする必要があるのです。
ファクトムもビットコインも常に相場が動いているため、日々レートが変動する点にも注意が必要です。

ファクトム投資家

ファクトムを実際に売買できる取引所はコチラです

コインチェック

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

暗号通貨先生

これからファクトムが日本での知名度が広がれば一気に価格が上がりそうな予感がしますね。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

BITPOINT(ビットポイント)

上場企業の子会社が運営するビットコイン取引所です。
国内で安心・安全にビットコインの取引をしたい方にオススメの取引所です。
・日本最大級の取引所
・上場企業運営の安心
・売買手数料無料

bitbank(ビットバンク)

bitbankは仮想通貨の安全を最大限に考えた、トレードを行いたい人のためのプロ向け取引所です。マルチシグによる第三者監視のもとで仮想通貨の出口を管理。ネットワークから遮断されたマルチシグのコールドウォレットを用い内外からの攻撃に耐えうる、多重層のセキュリティ対策を施しています。

更新日:

Copyright© ビットコイン(bitcoin)投資日記 , 2017 AllRights Reserved.