超かんたん!ビットコインの買い方を解説!

イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引(FX)にオススメの取引所を初心者向けに徹底解説!

Satoshi

クリプト博士!最近ビットコインの相場が不調じゃない?

ビットコインが不調なときはレバレッジがかけられるアルトコインFXがオススメじゃぞ!!

クリプト博士

今回の記事では、アルトコインの筆頭株であるイーサリアムにおけるレバレッジ取引についてご紹介していきます。

ざっくりいうと...
  • イーサリアムFXはレバレッジ取引と呼ばれる取引手法
  • レバレッジ取引は上げ相場でも下げ相場でも儲けることができる
  • レバレッジ取引は損失リスクも大きいため計画的に取引することが重要
  • 初めての取引所はセキュリティの高さと使いやすさで選ぶのがおすすめ!
  • 安全性と使いやすさならCoinCheck(コインチェック)GMOコインDMM Bitcoinが人気。
  • 中でもCoinCheck(コインチェック) は東証一部上場の大手マネックスグループ運営で、スマホからも楽々取引が可能。
  • 既に250万人もの人に利用されており、リップルを買うならCoincheckへの登録

→ CoinCheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引(FX)ができる取引所一覧

イーサリアム(ETH)でのレバレッジ取引ができる主要取引所は次の通りです。

取引所名 レバレッジ倍率
DMM bitcoin 4倍
GMOコイン 10倍
Bitmex(ビットメックス) 100倍

注意点

ビットメックスは、魅力的なレバレッジ倍率を提供する取引所ですがシステムがやや脆弱な一面があります。

口座開設される場合は、国内の仮想通貨取引所も同時に開設することがおすすめです。

イーサリアムFXとは?現物取引と何が違うの?

イーサリアムFXとは、仮想通貨FXの一種です。

仮想通貨FXとは、レバレッジ取引とよばれる手法になります。

ボラティリティの高い仮想通貨市場ではとりわけ相性が良いとされています。

仮想通貨の取引方法には大きくわけて、次の2種類が存在します。

仮想通貨取引の種類
  • 現物取引
  • レバレッジ取引

それでは、順番に確認していきましょう。

現物取引

現物取引とは、実際に投資対象となる仮想通貨を購入し、自身で保有する取引手法です。

実際のモノを売買する事と同様に、仮想通貨を売買します。

現物取引は、仮想通貨取引の最も一般的な取引手法として多くの方に親しまれている手法です。

保有している仮想通貨は自身の資産となるため、自由に買い物をしたり、サービスの決済に利用することも可能です。

現物取引の特徴としては、次があげられます。

現物取引の特徴
  • 仮想通貨の保有者は購入者自身
  • 保有している資産内でしか取引ができない
  • 株式取引などと同様に『指値注文・成行注文』が可能

レバレッジ取引

レバレッジ取引とは、仮想通貨取引所に資金を保管し、その資金(証拠金)を元に取引を行う取引手法です。別名、証拠金取引と呼ばれます。

レバレッジ取引では、証拠金をもとに実際の保有資金より大きな金額の取引が可能です。

現物取引では、通常安い時に購入して、高いときに売るという取引方法になりますが、レバレッジ取引では高い時に売って、安い時に買うという事で利益を生み出すことが可能です。

また、このことはポジションという呼び方をします。(後述あり)

MEMO

ロングポジション:『安く買って、高く売る』

ショートポジション:『高く売って、安く買う』

レバレッジ取引の特徴は、次の通りです。

レバレッジ取引の特徴
  • 買いだけでなく、取引を売りから始めることができる
  • レバレッジを効かせることで、自身が保有している資産以上の取引が可能

イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引のメリットは?儲かる?

イーサリアム(ETH)でのレバレッジ取引はトレンドに関係なく利益をあげることが可能です。

仮想通貨は、ハッキング事件や各所の不祥事などにより相場が左右される傾向があります。

そんな中相場に関係なく、利益をあげることができるレバレッジ取引は非常に有効な手法だといえます。

イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引のメリットは次の2点が挙げられます。

イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引のメリット
  • ビットコインにつぐ市場取引量
  • ほどんどの仮想通貨取引所で取り扱われている
  • 下落トレンドでも利益をあげることができる
  • ビットコイン(BTC)につぐ市場取引量

    イーサリアム(ETH)は、アルトコインの中でも最も期待値が高いとされる仮想通貨です。

    時価総額もビットコイン(BTC)についで高く、安定的な取引量があります。

    安定した地位にありながらアルトコインとしてのボラティリティが損なわれていないため、レバレッジ取引と相性が良いといえます。

    ほどんどの仮想通貨取引所で取り扱われている

    イーサリアム(ETH)は、国内外にかかわらずほとんどの仮想通貨取引所で取り扱われています。

    アルトコインは取引所によってほとんど取扱銘柄が異なりますが、イーサリアム(ETH)が取り扱われていない取引所はほとんどありません。

    アルトコインの中で安定的な地位を確立しているイーサリアム(ETH)取引における様々な選択肢があります。

    下落トレンドでも利益をあげることができる

    レバレッジ取引では売りから取引をはじめることが可能です。

    これは買いからしか取引をはじめることができない現物取引とのおおきな違いです。

    現物取引では相場が下落している場合は、取引に参加しても損をする可能性が高いですが、レバレッジ取引では利益をあげることが可能です。

    イーサリアムでのレバレッジ取引はDMM Bitcoinがおすすめです。

    → DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

    DMM Bitcoinの登録はこちら

    イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引を行う際のリスク/注意点

    イーサリアム(EHT)をはじめとしたアルトコインでのレバレッジ取引はメリットが多い反面リスクもあります。

    しっかりとリスクを理解して、余裕をもった取引をするように心がけてください。

    イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引のデメリット
    • ビットコインより価格変動が大きい

    ビットコインより価格変動が大きい

    イーサリアム(ETH)をはじめとしたアルトコインはビットコインと比べ価格変動が大きいです。

    イーサリアムは、2014年に公開された仮想通貨です。

    当時の値段は、1ETH:約26円程で、2018年1月には最高値で1ETH:186,000円まで高騰しました。

    公開当初から約7,100倍の上昇です。

    ボラティリティ(価格変動幅)が大きいのはメリットですが、FXにおいては大きなリスクとなることもあります。

    イーサリアム(ETH)はレバレッジ取引において利益をあげやすい仮想通貨ですが、同時に損失のリスクがあることを理解しておく必要があります。

    FXの単語解説

    次にFX取引において基本的な用語を学習しておきましょう。

    以下の用語は、いずれもFX取引において初歩的な用語です。

    必ず抑えておくようにしてください。

    ポジション

    ポジションとは、決済せずに保有している注文のことをさします。

    たとえば、1BTCを購入してそのまま売らずに保有していれば、それがポジションに該当します。

    ロング

    ロングとは、買いから取引を始めて、売りで終わる取引をさします。

    このときの注文をロングポジションと呼びます。

    ショート

    ショートとは、売りから取引を始めて、買いで終わる取引をさします。

    このときの注文をショートポジションと呼びます。

    スワップ

    スワップとは、2通貨間の金利差を指します。

    低金利の通貨を売って高金利の通貨を買うポジションを保有している場合、

    金利差から得られる利益をスワップポイントとして受け取ることができます。

    逆に高金利の通貨を売って低金利の通貨を買っている場合、スワップポイント分の金額を支払うことになります。

    スプレッド

    スプレッドとは、買値と売値の差をさします。

    例えば、1ビットコイン(BTC)の購入価格が1,000,000円で、売却価格が980,000円の時、 20,000円の差額があります。

    この差額のことをスプレッドといいます。

    このスプレッドが実質的な販売所へ支払う手数料になります。

    つまり、スプレッドが大きいほど、手数料が高くなるといえます。

    イーサリアム(ETH)の初心者向けのレバレッジ取引ができるオススメ取引所の評判・口コミ

    DMM Bitcoin

    dmmbitcoin

    出典: https://bitcoin.dmm.com/

    DMM Bitcoinは販売所形式の仮想通貨取引所です。

    イーサリアム(ETH)を含めたアルトコインで最大4倍のレバレッジ取引が可能です。

    セキュリティにも大変定評があり、コールドウォレットや2段階認証はもちろん、資産の分散管理など万が一ハッキング被害を受けた際にも被害を最小限に抑える仕組みが整っています。

    また日本の仮想通貨取引所の中でも唯一行政処分をうけておらず、信頼性が高い取引所でもあります。

    イーサリアム(ETH)FXをはじめるには最有力の仮想通貨取引所だといえます。

    DMM bitcoinの特徴
    • 販売所形式なので、ワンクリックでビットコインが取引できる
    • スマホアプリが使いやすい
    • アルトコインを含めた7種類の通貨のレバレッジ取引が可能
    • 強固なセキュリティ
    → DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

    DMM Bitcoinの登録はこちら

    GMOコイン

    出典: https://coin.z.com/jp/

    GMOコインとは、2017年5月にオープンした東証一部上場企業であるGMOインターネット社のグループ企業です。

    グループ会社の金融ノウハウを活かし運営されている仮想通貨取引所で仮想通貨FXに特化していることが特徴としてあげられます。

    BITPointと同じく取引・出金手数料が完全無料で利用できます。

    レバレッジ取引に対応しており、最大10倍までレバレッジ倍率を設定可能であることが特徴的です。

    また、同社が提供しているスマホアプリ『ビットレ君』は非常に評判がよく有名です。

    GMOコインの特徴
    • 全通貨ペアの取引手数料が無料
    • 強固なセキュリティ(コールドウォレット)
    • ビットコインとアルトコインの5種でレバレッジ取引ができる
    • アプリが秀逸

    → GMOコインの公式サイトはこちら

    GMOコインの登録はこちら

    イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引まとめ

    今回の記事では、イーサリアム(ETH)におけるレバレッジ取引について詳細にご紹介しました。

    イーサリアムFXの魅力をご理解いただけたと思います。

    イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引のメリット・デメリットは次の通りです。

    イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引のメリット
    • ビットコインにつぐ市場取引量
    • ほどんどの仮想通貨取引所で取り扱われている
    • 上げでも下げでも儲けられる
    イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引のデメリット
    • ビットコインより価格変動が大きい

    仮想通貨FXは儲かる可能性が高い魅力的な取引手法です。

    メリット・デメリットをしっかりと理解して、イーサリアム(ETH)でぜひレバレッジ取引をはじめてみてください。

    イーサリアムのレバレッジ取引はDMM Bitcoinがオススメです!

    → DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

    DMM Bitcoinの登録はこちら