ビットコイン(仮想通貨)投資日記

ビットコインや仮想通貨への投資記録

ビットコイン 投資

【ダウ理論でトレンド転換を見極める】ビットコインはどこまで上昇すれば「上昇トレンド」に入ったと言えるのか? ダウ理論の解説と合わせて説明します

投稿日:

2018年2月10日、ビットコインの価格が、価格上昇を前日まで妨げていたレジスタンスラインを超えました。

ビットフライヤーのチャートでは、98万円を超えています。

ここまでくると「100万を超えれば上昇トレンドに突入か?」と思ってしまいそうです。

↓の画像はQUOINEXで保有中のロングポジション

(↑QUOINEXの15分足チャートは多機能で使い勝手バツグンですよ)

4時間足チャートで引けるトレンドラインを上抜いたので、ロングでエントリーしていますが、いつダーッと下がるかわからない。正直言って怖いです。

ひとまず間近の高値付近に上昇するまで辛抱強く待とうと思います。もしくは下がって損切か…。

これだけガンガン上がっているのに、何を怖がっているの?と思いますよね。

↓のチャートはビットコインの4時間足チャート

これを見ると、ビットコインは依然下降トレンドです。

確かに100万円というキリの良い数字を超えることができれば、あとは上昇しそうです。

ところが、相場の世界では、100万円を超えただけでは上昇トレンドに変わったとは言えないのです。

かねてからしつこく言っていますが、基本的にこのような記事を書く場合、私は個人的な意見を書きません

あくまで、マーケットが、多額の資金を持つ参加者の多くが、『どう考えて動くか』を書きます。

少ない資金しか持たない投資家が1万人集まって「ビットコインは上昇する」と予想しても、たった10人の多額の資金を持つ投資家が「ビットコインの価格は下がる」と予想してショートポジションを持てば、相場は一気に下がります。

そういうことなのです。

多くの投資家はどうやって判断する?

では、相場を動かせる…とまではいかなくても、それなりに多額の資金をもつ、いわゆる勝ち組の投資家も含めて、多くの投資家はどうやって「ビットコインの上昇・下降トレンド」を判断するのでしょうか?

トレンドを判断する手段はさまざまですが、より多くの投資家が利用している手段ほど良く機能すると言えます。当たり前ですけどね。

ひとつの手段として「ダウ理論」が挙げられます。

トレンド判断ツールのひとつ「ダウ理論」とは?

ダウ理論とは、アメリカの金融ジャーナリストであり、アメリカで初めてチャート分析を構築した人物チャールズ・ダウ氏が構築した理論です。

江戸時代の日本、米商人であった本間宗久氏が考案したと伝えられる「ローソク足」が今なお世界中の投資家に利用されているように、ダウ理論も今なお多くの投資家に利用されています。

ダウ理論では、一般的に以下のように言われます。

  1. チャートは全ての情報を織り込んでいる
  2. トレンドには「1年~数年続く長期トレンド」「数週間~数ヶ月続く中期トレンド」「1ヶ月未満の短期トレンド」の3つの波動がある
  3. トレンドは「先行期」「加速期」「利食い期」の3段階がある
  4. トレンドは明確に転換シグナルが発生するまでは継続する

私の好きな相場の格言に「頭と尻尾はくれてやれ」があります。これは「先行期」と「利食い期」でのトレードは避け、「加速期」の始めでエントリーして「加速期」の終わりで利食いをしたほうが手堅く利益が残せることを意味しています。手堅いトレンドフォロータイプの手法で、私もこの方法でトレードしています。

さて、投資ビギナーにとって最も重要なことは4つ目の「トレンドは明確に転換シグナルが発生するまでは継続する」です。

ダウ理論でトレンドを見極める方法とは?

そもそもトレンドとは、

  • 上昇トレンド:高値を更新して、安値は更新しない(安値を切り上げる)こと
  • 下降トレンド:安値を更新して、高値は更新しない(高値を切り下げる)

…となります。

そしてトレンドの転換とは、

  • 上昇トレンド中に高値を更新できずに、安値を更新した場合
  • 下降トレンド中に安値を更新できずに、高値を更新した場合

…を指します。

↓の図を参考に

上昇トレンド中、Aの部分で、価格は安値を切り上げて再度上昇します。

ところが、高値を更新できず、Bの部分で下落します。

そして、Aの価格帯の手前で上昇できれば良いのですが、上昇できずにAの価格帯を下抜けました。

の部分でトレンドが転換したと言えるのですね。

下降トレンド中なら、Cの部分で、価格は高値を切り下げて再度下降します。

Dの部分まで下がっても、安値を更新できずに上昇します。

そして、Cの価格帯を超えてしまったの部分でトレンドが転換したと言えます。

ダウ理論にも注意が必要!

以上の説明に基づいて多くの投資家が相場の状況を見ているので、トレンドが本格的に転換する可能性が高まります。

ですが、相場には「だまし」がつきものです。

また、「だまし」でなくても、の部分を超えて少しした後、利益確定の注文が多数入ると、価格は青いラインに戻ることもあるでしょう。

そんなときは損切をして、一時撤退する勇気も必要です。

●ココ重要!

「トレンドは明確に転換シグナルが発生するまでは継続する」と上述しましたね。

の部分でトレンドが転換したと思っても、転換した時の勢いに力がないと、そのまま元のトレンドに戻ることがあるのです。

これこそが、多くのデイトレーダーを苦しめる『世にも恐ろしい「トレンドの継続性」』です。

の部分を価格が少し超えただけでは、後に、チャート上に存在する『誤差』になってしまうのです。

この「トレンドの継続性」には、多くのデイトレーダーやスキャルパーが資金を溶かしてきました。私もです(ですから、多くの投資家がトレンドフォロー手法を好みます)。

ビットコインはどこまで上がれば上昇トレンド?

さて、現在下降トレンド真っ最中のビットコインは、どこまで上がれば上昇トレンドになるのでしょうか。

↓bFの4時間足チャート

bFのチャートにおいて、現在98万円付近にいる価格が、黄色いラインの106万円を大きく・そして力強く超えた時、上昇トレンドへと転換したと言えます。

さらに言えば、Bで下落した時、B1B2のように再度上昇してAの高値を更新すると、相当強い上昇トレンドになる可能性が出てきます。

早めにロングを仕込みたい!

今のチャートの状態では、ビットコインが106万円のレジスタンスラインを、大きく力強く超えるのはかなりキツイでしょう。

106万円の高値のライン・4時間足のボリンジャーバンドの+2σ・100EMA…このチャートを見ただけでも、売りの壁が厚いことは見て取れます。

まだ明確に上昇トレンドに突入していないのに、上がってほしいという希望だけでロングでエントリーすることはおススメできませんよ。

ちなみに、冒頭でお見せしたロングポジションですが、これ以上の上昇は難しいと判断して、たった今利確しました。そんな日もあります。う~ん、そんな日…のほうが多いかな(笑)。うまくいきません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
mukai

mukai

まだまだトレーダーとしては未熟者で、ただ今絶賛勉強中なので、自分のペッポコなトレードをお見せするのは恥ずかしいのですが、しばらくお付き合いください。

初心者にオススメのビットコイン取引所ランキング

日に日に増え続ける仮想通貨の取引所ですが、ビットコインを始めとする仮想通貨(アルトコイン)をどの取引所で購入してよいのか解らない。という方もいらっしゃると思います。そこで、実際に私がビットコインを売買してみて使いやすかった取引所をランキングにしてみました。初心者の方の参考になれば幸いです。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)

bitbank Trade

【bitbank Tradeの特徴】
・証拠金20%で強制ロスカットだが、追証なし
・レバレッジ20倍を実現
・最短30分で取引を開始することができる
・チャートツールが機能的で使いやすい
・コールドウォレット管理でセキュリティバッチリ
・ビットコインFXをするなら国内取引所最高峰

GMOコイン

ビットコインでのFX取引ならGMOコイン
■GMOコイン「仮想通貨FX」の特徴
∟新規注文(買建・売建)、決済注文、ロスカット、すべて無料!
∟24時間取引
∟「追加証拠金制度」なし
∟「ロスカットルール」のみ採用!追加入金に追われません!
∟注文価格が「Bid/Ask」の2way表示!取引価格が明瞭で分かりやすい!
∟最低0.001BTCから発注可能、数十円から取引できる

ビットトレード(BitTrade)

BitTradeでは世界で最も親しまれ、100を超えるテクニカル分析が使えるTradingViewを採用。トレンドラインや一目均衡表はもちろん、通貨ペアの比較分析も可能です。

シンプルで軽量、しかも高い機能性を備えた充実のトレーディングプラットフォームを提供しています。スマートフォンユーザーでもストレスのない、他では体験できない卓越した取引が可能になりました。

スマートフォンユーザーにも使いやすいウェブインターフェースを開発。考えぬかれたUIで外出先からいつでも取引。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

DMM Bitcoin

今なら口座開設完了で1,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!(6/30迄)
DMM FXでお馴染みのDMM.comグループが運営する仮想通貨取引所。
■現物取引
  ┣ビットコイン(BTC)
  ┗イーサリアム(ETH)
■レバレッジ取引
  ┣ビットコイン(BTC)
  ┣イーサリアム(ETH)
  ┣ネム(XEM)
  ┣リップル(XRP)
  ┣ライトコイン(LTC)
  ┣イーサクラシック(ETC)
  ┗ビットコインキャッシュ(BCH)
取扱い通貨が豊富で各種アルトコインのレバレッジ取引ができるのが特徴です。

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.ccなら、アルトコインのトレードも自由自在。 1円未満の単位から、お試しで購入することもできます。24時間365日、PCから、スマホから、スマートで最先端な投資クラスをご体験ください。
bitbank.ccの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式なので透明性の高いお取引が可能です。マーケットの機微な状態も、板があるから一目瞭然、相場に合わせてスマートに注文の管理を行うことができます。
スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャートで、多様な相場局面にあわせた戦略的なトレードを可能にします。本格的なアルトコイントレードをあなたに。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

【QUOINEサービス特徴】
・ビットコイン、イーサリアムの仮想通貨の取引所を運営
・世界最高水準のセキュリティ
・業界最多の14通貨ペア数
・標準で15種類のインディケーターを搭載するシステム
・スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone, Android, iPad)
・レバレッジは業界最大、個人25倍、法人50倍(予定)
・BTCJPYの取引手数料が無料
・大口トレーダーも大満足のロット制限、建玉制限なし(例外あり)
・0.01BTCから購入可能(必要証拠金約130円)
・一括決済ボタンでボラティリティの高い相場に備える
・クイック入金提携数業界最多。約380の金融機関に対応。
・業界では珍しいLINEを活用したチャットサポート

-ビットコイン, 投資

Copyright© ビットコイン(仮想通貨)投資日記 , 2018 All Rights Reserved.