DMMが仮想通貨を扱う理由 ビットコインの「価値」の考え方は

大手企業であるDMMが仮想通貨取引所の運営に早期から着手していることは、仮想通貨利用に詳しい人ならご存じと思います。しかしながら今現在、仮想通貨に参画する企業はそう多くはありません。DMMはどうして仮想通貨を扱っているのでしょうか?

2018年に入ってからも価格の乱高下が続く「ビットコイン」。テレビCMや街頭広告を見て、ビットコインなどの仮想通貨に新たに関心を持った人も多いと思いますが、なぜ仮想通貨に価値があるのか?という問いに答えを持つ人は多くはないと思われます。

「仮想通貨が、法定通貨と同じ振る舞いや役割を持つ日が来る可能性がある」と話すのは、仮想通貨取引所を運営しているDMM Bitcoinの田口仁社長です。同社は今年2018年1月に社名を「東京ビットコイン取引所」から「DMM Bitcoin」に変更し、同名の取引所を新サービスとして展開しています。このように仮想通貨に積極的なDMMの考えについて、詳しくみていきましょう。

DMM.comグループの同社が仮想通貨やビットコインに見込む「価値」とは?

田口社長は、取引所から見た仮想通貨の将来性について、ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)が単なるポイントプログラムと異なる点は、その多くが採用している基盤技術「ブロックチェーン」だと指摘しています。ブロックチェーンは「分散型管理台帳」ともいわれており、銀行のような主体が送金履歴や残高を管理するのではなく、参加者それぞれが同じ台帳を持っています。

取引が一定数書かれた「ブロック」を相互に承認し、それまでのブロックに鎖のようにつなげることで、送金や着金を成立させるのが特徴です。過去の全取引履歴が記録されたひとつなぎの台帳を多数の参加者間で共有するために、取引履歴の改ざんが難しいとされています。また、遠くない将来、仮想通貨が法定通貨と同じ振る舞いや役割を持つ日が来る可能性があり、そうした期待から多くの人々が投資するようになるとも社長は語っています。

仮想通貨の価値が上がる鍵は「実物資産とのひも付き」

現在では、ヨドバシカメラなど日本の家電量販店や飲食店でも、仮想通貨で代金を支払える店が出てきていますが、その上で社長は、「今は、消費活動の非常に限定的な範囲で、実物資産や消費財とのひも付きを持ち始めている段階かなと思っています。しかし、この状態からすぐに進化できるかはちょっと疑問ですね。」と述べています。というのも、必要なのは、「誰が見ても価値がある」といえる実物資産とのひも付けです。

[st-card id=481]

通貨の歴史を振り返ると、「金」と価値をひも付けた「金本位制」の時代を経て、金とのひも付けがなくても国の信任が価値を与える今の通貨の形になりました。しかしながら、ビットコインなどの仮想通貨はそういった分かりやすい実物資産のひも付けがない状態からスタートしています。

この状態は長続きしないと思っていて、これから1~2年のうちのどこかのタイミングで金のような希少性のある実物資産とのひも付けが生まれないと、価値の信頼性が高まる時期はかなり先になってしまうかもと危惧しています。

仮想通貨取引で注意すべきポイントは?

このように、DMM田口社長は仮想通貨の価値と将来性について考察しています。また仮想通貨の取引について注意すべき点として、

「私たちとしては分散投資、つまり一気に大きな取引をするのではなく、投資する資金や時間を分散させて、比較的長い時間をかけて取引していただくことを考えています。私自身の経験からいえば、ドルコスト平均法のように同じ数量を毎月買っていく、あるいはある価格帯で買い、ここまで利益が出たら確定して売るというスタンスがよいと思います。」

と述べています。買い方には注意と経験が必要なようですね。

DMM Bitcoinが取り扱う仮想通貨の種類

DMM社長は、最近は「買って放置する」という考え方もあるようですが、分散投資の考え方としては、価値が一定以上になったら数量を落として別のアセットに分散したり、価格の上げ下げを見て、計画的に投資額や数量を見直したりすることをお勧めしたいと考えています。

そのうえで、DMM当社が運営する「DMM Bitcoin」では、分散投資を比較的しやすい環境の提供を行っています。もともとDMM.comグループが運営する「DMM.com証券」で評価をいただいている取引ツールと同じものをDMM Bitcoinでも採用しており、PC版とスマートフォン版で同じユーザーインタフェース、同等の機能を持ったサービスを提供していました。内容としては、PC版取引ツールの画面。口座情報やレバレッジ・現物のリアルタイム状況、各通貨ペアのオーダーやポジションを一覧的に見ることができるものとなっています。

仮想通貨全体の価値を高めていきたい

DMM Bitcoinは今後、仮想通貨関連でどのような取り組みを考えているのかというと、社長は、「先ほども金やダイヤモンドなど、希少性のある実物資産とのひも付けが仮想通貨に必要だとお話ししましたが、そういったものを取り扱うプラットフォームが出てきたときに、例えばサービスの一翼として当社が連携できると、仮想通貨全体の価値を高めていくことにもなるので一番良いかもしれません。」と述べており、仮想通貨の価値を上げるために今後も積極的な姿勢を見せています。

また、「もしくはそうしたプラットフォームを立ち上げたいという相談があれば、われわれも可能な限り支援したいです。当社としては、実物的な価値のバックグラウンドがない「絵に描いた餅」のようなものを取り扱うつもりは全くなく、実物資産とのひも付けを今後の取り組み課題として強く認識しています。」と言っています。

その一方で、DMM Bitcoin自体も多くのお客さまから信頼していただく必要があり、そのために、まずは1人でも多くの方に利便性が高いと感じていただける取引サービスを実現していく必要性をDMMでは考えられています。今後にますます期待です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?DMMという会社を調べてみて分かったことは、亀山社長の先見性はただただ凄いということに尽きます。DMMと言えば、良くも悪くも、アダルト産業が1つの軸になっている面もありますが、アメリカでウケてるのが日本のAVで、日本で一番凄いAV会社がDMMと言えるのではないでしょうか。もちろん、それだけでなく実際のところ、DMMFXなどをはじめ、金融業でも多大なる信用を築いてます。

DMMが、ZaifトークンのようなDMMオリジナルの通貨をもし発行した場合ですが、その独自の通貨を使ってDMM内のコンテンツ(例えば動画など)を安く購入できるとしたらどうなるでしょうか。現金購入であれば、通常10000円のものが、独自通貨での購入であればコイン1枚で手に入るとし、これが現金で購入するよりも、30%安いとしたら、皆がおそらくDMMのコインで購入するのではないでしょうか。

ゲーム内で使える決済トークンが出てきてますし、DMMの独自通貨が普及するのは全然あり得る話と思います。それは企業にとって、独自の仮想通貨が買われて、それが流通するようになれば更に更に儲かるわけですからね。亀山社長なら、それくらいは当然考えている上でのことでしょう。

日本では仮想通貨に対して、様々な事件より否定的な見方も強くなってきているかもしれませんが、このように仮想通貨の将来性に加担している日本企業も多くあります。考え方や課題についての取り組みにますます期待ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です