超かんたん!ビットコインの買い方を解説!

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の取引/出入金/送金手数料・スプレッドについて解説!

Satoshi

ハカセ、DMM Bitcoinを使うときにかかる手数料について知りたいんだ!手数料は安いのか?
DMM Bitcoinは、取引にかかる手数料はほとんどかからないんじゃぞ!今回はDMM Bitcoinの各種手数料について解説していくのじゃ!

クリプト博士

今回の記事では「国内取引所DMM Bitcoinの各種手数料」について徹底解説していきます!

DMM Bitcoinは、たくさんの事業を展開している「DMMホールディングス」が展開している仮想通貨取引所。

地名度も抜群ですし、大手グループが運営している安心感が非常に高いです。

結論から言いますと、DMM Bitcoinの各種手数料はほとんど無料なので、無駄な費用があまりかかりません。

しかし、取引の際に注意すべきポイントもありますので、そちらについてもしっかり解説していきます!

是非最後までご覧くださいね!

ざっくりいうと…
  • DMM Bitcoinは、国内でも非常に有名な「DMMホールディングス」の傘下にある取引所。
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が無料なので、コストを抑えて取引可能。
  • 現物取引に加え、合計7種類ものアルトコインのレバレッジ取引に対応している。
  • 15分で口座開設でき、「新規登録で1,000円キャッシュバックキャンペーン」実施中!
  • 口座開設するだけで1,000円もらえるので、登録するなら今がチャンス!

→DMM Bitcoinのキャンペーンをチェック!

▶︎DMM Bitcoinで無料口座開設

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の概要・特徴

仮想通貨交換業者名 DMM Bitcoin
金融庁登録 関東財務局長 第00010号(仮想通貨交換業者)
設立日 2016年11月7日
資本金 12億9000万円
取引形式 取引所/販売所
取り扱い通貨 7種類

DMM Bitcoinは、日本国内にある仮想通貨取引所。

最も大きな特徴は、国内でも非常に多い「7種類」のビットコイン・アルトコインを取り扱っている点。

現物取引は「ビットコイン」「イーサリアム」の2種類のみ取り扱いですが、レバレッジ取引では合計7種類のアルトコインが取引可能。

「リップル」や「ビットコインキャッシュ」などの将来性のあるアルトコインを取引することができますので、非常にオススメです!

そしてDMM Bitcoinでの「各種手数料」ですが、なんとほとんどの手数料が無料なんです!

その一方で、「スプレッド」というものがかかってしまいますので、取引の際には注意する必要があります。

→DMM Bitcoinのキャンペーンをチェック!

▶︎DMM Bitcoinで無料口座開設

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の各種手数料一覧

取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
仮想通貨送付手数料 無料
口座開設手数料 無料
口座維持手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日

DMM Bitcoinではほとんどの手数料が無料に設定されていまして、「取引手数料」「入金手数料」「送金手数料」の他「口座開設・維持手数料」も無料です!

ですので、手数料等のコストをしっかりと抑えて取引することが可能。

 

その一方で「レバレッジ手数料」というものが必要になってきます。

「レバレッジ手数料」は、レバレッジ取引をする際に必要になりまして、ポジションを持ったまま日を跨ぐと、ポジション(建玉)ごとに0.04%の手数料が必要になります!

もし手数料が気になるのであれば、日を跨ぐ前にポジションを決済してしまえば手数料はかかりませんので、安心です!

 

そしてもう一つ、「スプレッド」という手数料が必要になります。

スプレッドとは?

仮想通貨の「購入価格」と「売却価格」の差額のこと。実質の取引所への手数料。

この「スプレッド」というものは、基本的に仮想通貨取引所の「手数料一覧」に記載されていませんので、しっかりと確認してから取引しましょう!

「スプレッド」についても、以下でそれぞれ詳しく解説していきます!

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の取引手数料

取引手数料というのは、その名の通り仮想通貨取引を行う度に必要になる手数料のことです。

DMM Bitcoinでは、取引手数料は無料に設定されています!

DMM Bitcoinの「取引手数料」を他の取引所と比較

DMM Bitcoin GMOコイン ビットポイント bitbank
取引手数料 無料 無料 無料 makerのみ無料

他の国内取引所でも、基本的に取引手数料は無料に設定されているようですね!

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)のスプレッド

DMM Bitcoinで最も意識すべきなのが、「スプレッド」という手数料。

先ほども解説した通り、「スプレッド」とは仮想通貨の「購入価格」と「売却価格」の差額のことを意味しています。

とは言っても文字だけではピンと来ないと思いますので、実際の取引画面を見ていきましょう!

上記の画像は、DMM Bitcoinのビットコイン(現物取引)の価格になります。

左が売却価格、右が購入価格となっていまして、その2つの差額がスプレッドになり、DMM Bitcoinへの実質の手数料となります。

購入価格(401,887円)ー売却価格(390,887円)なので、この場合のスプレッドは「11,000円」となり、1BTCを購入する際に必要になる手数料は「11,000円」となります。

「え、ちょっと高くない…?」と思われた方、実はその通りなんです。

 

便宜上、「取引所」と呼ぶようにしていますが、実はDMM Bitcoinは「取引所」ではなく「販売所形式」を用いて仮想通貨を販売しています。

この両者の違いは、実はスプレッドを理解する上で非常に重要なことなんです!

販売所と取引所の違い
  • 「販売所」→仮想通貨交換業者が保有している仮想通貨に対して、直接売買する
  • 「取引所」→仮想通貨交換業者を仲介して、個人間で仮想通貨売買を行う

DMM Bitcoinはビットコイン・アルトコイン含めて「販売所形式」で仮想通貨を取り扱っています。

販売所形式は取引所よりもかんたんに取引することができるので初心者向きですが、業者と直接売買する形になりますので「スプレッド」が広がってしまう傾向があります。

ですので、仮想通貨の短期売買には残念ながら向いていないのです…

仮想通貨の現物の長期保有、またアルトコインのレバレッジ取引を行うなら、DMM Bitcoinはオススメです!

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)のスプレッドを他の取引所と比較

DMM Bitcoin GMOコイン ビットポイント bitbank
販売形式 販売所 販売所/取引所 取引所 取引所

仮想通貨の短期売買で利益を出していきたい場合、スプレッドの狭い「取引所形式」を用いている取引所が最もオススメです。

ビットコインをメインでトレードし、かつスプレッドを抑えて取引するのにオススメな取引所は「GMOコイン」になります。

取引所の評価
取り扱い通貨
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
手数料
(5.0)
安心度
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)

GMOコインは「東証一部上場企業」を親会社にもつ取引所でして、ビットコインのみ「取引所形式」に対応しており、スプレッドを抑えて取引することが可能です!

その他4種類のアルトコインも取り扱っており、それぞれレバレッジ取引を行うことも可能。

GMOコインがリリースしている取引アプリ「ビットレ君」を利用すれば、スマホでもテクニカルツールを用いて、精密なチャート分析を行うこともできます!

もちろんDMM Bitcoinと同様、「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」も無料ですので、しっかりコストを抑えて取引でき、今登録すれば20,000satoshi(ビットコイン)もらえます!

登録するなら、今が圧倒的にチャンスですね。

▶︎GMOコインで無料口座開設

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の入金・出金手数料

仮想通貨を購入する場合、まずは元手となる資金「日本円」を取引所に入金する必要があります。

仮想通貨の利益を出金するときも、日本円に戻してから日本円で出金する必要があります!

DMM Bitcoinでは、日本円の出金・入金にかかる手数料も無料になっていますので、安心です。

「銀行振込入金」と「クイック入金」の2つの入金方法が存在しますが、「銀行振込入金」の場合は振込手数料が必要になってしまいますので、なるべく「クイック入金」を利用することをオススメします!

DMM Bitcoinの「入金・出金手数料」を他の取引所と比較

DMM Bitcoin GMOコイン ビットポイント bitbank
入金手数料 無料 無料 無料 振込手数料負担
出金手数料 無料 無料 無料 540円〜756円

「DMM bitcoin」「GMOコイン」「ビットポイント」は出入金共に手数料無料となっています!

しかし入金の場合は3つとも「即時入金」という、インターネットバンキングを使用した入金のみ手数料無料となっており、「銀行振込」で入金する場合は、振込手数料を負担する必要があります。

手数料を抑えたい方は、それぞれの取引所が対応している「インターネットバンク」に登録を行い、そこから入金しましょう!

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の仮想通貨送付手数料

仮想通貨送付手数料とは、その名の通り「仮想通貨を他の取引所・ウォレットに送金する際に必要になる手数料」になります。

「海外取引所」などは日本円を直接送金することができませんので、国内取引所から仮想通貨で元手を送金する必要があります!

DMM Bitcoinでは、「仮想通貨送付手数料」も無料ですので、安心して送金することができます!

DMM Bitcoinの「仮想通貨送付手数料」を他の取引所と比較

DMM Bitcoin GMOコイン ビットポイント bitbank
取引手数料 無料 無料 無料 有料

「DMM Bitcoin」「GMOコイン」「ビットポイント」は仮想通貨送付手数料が無料で、bitbankのみ手数料がかかります!

bitbankの送金手数料は通貨によっても異なりますので、送金する通貨をあらかじめ確認しておきましょう。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)のレバレッジ手数料

仮想通貨のレバレッジ取引を行う際、基本的には「レバレッジ手数料」というものが必要になります。

DMM Bitcoinのレバレッジ取引手数料は「0.04%」となっていまして、ポジションを持ったまま翌日まで持ち越した場合のみ、手数料が発生します!

DMM Bitcoinの「レバレッジ手数料」を他の取引所と比較

DMM Bitcoin GMOコイン ビットポイント bitbank
レバレッジ手数料 0.04%/日 0.04%/日 0.035%/日 0.01%(建玉時)

基本的には、レバレッジ取引のポジションを持ったままロールオーバー(日を跨いだ場合)した場合にレバレッジ手数料が発生します。

レバレッジ手数料で判断すると「ビットポイント」が最も安いことが分かりますね。

bitbankは、建玉する際に全体価格の0.01%の手数料が必要になるようです!

ただ、基本的にどの取引所もレバレッジ手数料が低く設定されており、あまり深く気にする必要はないかと思います。

しかし、複数のポジションを持っている場合などは、レバレッジ手数料に気をつけるようにしましょう!

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の各種手数料 まとめ

今回の記事では「DMM Bitcoinの各種手数料」について解説していきました。

いかがでしたでしょうか?

DMM Bitcoinは、「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」などが無料ですので、しっかりとコストを抑えてトレードすることが可能です!

しかしながら販売所形式を用いているので、「スプレッド」が広いです。

ですので、DMM Bitcoinでは「現物取引の長期保有」または「レバレッジ取引」がオススメですよ〜!

→DMM Bitcoinのキャンペーンをチェック!

▶︎DMM Bitcoinで無料口座開設