超かんたん!ビットコインの買い方を解説!

コインチェック(Coincheck)の登録方法を初心者向けに徹底解説!【2019年最新版】

Satoshi

コインチェックで仮想通貨取引を始めたいんだけど、コインチェックの登録方法を教えて欲しい!
コインチェックの登録は簡単じゃから、初心者でもスムーズに登録ができるじゃろう!

クリプト博士

今回の記事では「コインチェックはどうやって登録したらいい?」という疑問にお答えしていきます。

結論から言いますと、コインチェックの登録はとっても簡単なので、仮想通貨初心者でも迷わずに登録することができます。

ただし、アカウント登録だけでは実際の取引はできませんので、併せて個人情報の登録や本人確認書類の提示も必要です。

本記事では、コインチェックの登録方法はもちろん、コインチェックの特徴まで徹底解明していきます!

ざっくり言うと…
  • Coincheckは、東証一部上場企業「マネックスグループ」によって運営されている取引所
  • 登録の手続き自体は2分〜3分ほどで完了し、誰でもかんたんに仮想通貨投資を始めることができる
  • Coincheckの他に「GMOコイン」「BITPoint」「DMM Bitcoin」など、複数の取引所が存在している
  • その中でもやはり、金融庁から認可を受けており、スマホアプリが見やすくて使いやすいCoincheckが断トツ人気でおすすめ
  • 金融庁から正式に認可を受けたこともあり、口座開設数は急上昇中!
  • 今Coincheckで無料口座開設すれば「最大20,000円キャッシュバック」を受けることが可能
  • 登録するなら、キャンペーン期間中の今がオススメ!

Coincheckで無料口座開設

コインチェック(Coincheck)の現在は?NEM流出から再開までの経過を徹底解説!【2019年最新版】

コインチェック(Coincheck)の特徴

Coincheck(コインチェック)の評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 販売所形式なので初心者でもかんたんに売買できる
  • 取り扱い通貨が国内最多(10通貨
  • 現物取引は取引手数料無料
  • スマホアプリが圧倒的に使いやすい
  • 一部上場企業「マネックスグループ」が親会社

コインチェックの特徴① 初心者でも簡単に操作可能

コインチェックは「販売所形式」を用いているので、初心者の方でも簡単に仮想通貨を購入することができます。

購入までの手順
  1. 通貨を選択する
  2. 購入する金額を入力する
  3. 購入ボタンを押す

上記のたった3つのステップで仮想通貨を購入することが可能です!

仮想通貨を取り扱う業者には「取引所」と「販売所」の2種類が存在しており、コインチェックは「販売所」に属しています。

両者の違いをざっくり説明すると、以下のようになります。

「販売所」と「取引所」の違い
  • 「販売所」→業者から直接、仮想通貨を購入する
  • 「取引所」→業者を仲介しつつ、個人間で仮想通貨の取引を行う

コインチェックは「販売所形式」を用いているので、コインチェック社の保有している仮想通貨を直接購入することになります。

ただ販売所の場合、業者が仮想通貨を仕入れているので、取引所と比較するとスプレッドが広くなってしまいがちです。

仮想通貨の短期トレードをメインで行う場合は、スプレッドが狭い”取引所形式”を採用している「GMOコイン」「bitbank」などでも併せて口座開設するのがオススメです。

コインチェックの特徴② 取り扱い通貨が多い

コインチェックは、国内取引所の中では最も多い「10種類」もの仮想通貨を取り扱っています。

コインチェックの取り扱い通貨
  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム (ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. ビットコインキャッシュ(BCH)
  6. ネム(XEM)
  7. イーサリアムクラシック(ETC)
  8. ファクトム(FCT)
  9. リスク(LISK)
  10. モナコイン(MONA)

時価総額が高い「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」といった有名通貨だけではなく、「ネム」「リスク」「ファクトム」など比較的マイナーなアルトコインも取り扱っています。

また最近では、「2019年6月上旬からモナコイン(MONA)の取り扱いを開始する」との発表がありました。

モナコインは日本発祥の仮想通貨でして、「決済通貨」や「投げ銭」としての需要があります。

コインチェックは国内では最も取り扱い通貨が多いので、これから先陣を切って新規通貨を積極的に取り扱う可能性が考えられますね。

コインチェック(Coincheck)の取り扱い通貨/銘柄の特徴を徹底解説!【2019年最新版】

コインチェックの特徴③ 取引手数料無料

コインチェックでは、仮想通貨のトレードを行う際に必要な「取引手数料」が無料です。

その他、「日本円入金手数料」に関しても無料に設定されているので、しっかりとコストを抑えつつ仮想通貨を購入することが可能です!

Coincheckで無料口座開設

コインチェックの特徴④ アプリ&ウィジェットが使いやすい

他の国内取引所と比較しても、コインチェックのリリースしているスマホアプリ&ウィジェットは圧倒的に使いやすいです。

スマートフォンのウィジェットに仮想通貨の価格を表示させることができるので、スライドするだけで価格・価格変動率を把握することができ、非常に便利です!

その便利さ故に、アプリダウンロード数は2017年12月の時点でなんと「200万」を突破しています。

初心者の方が仮想通貨を始めるなら、コインチェックはやはりイチオシです。

コインチェックの特徴⑤ 一部上場企業を親会社に持つ

コインチェックは、東証一部上場企業である「マネックスグループ」を親会社に持っています。

マネックスグループは、以下のような様々な事業を行ってます。

マネックスグループの事業
  • マネックス証券(ネット証券)
  • マネックスベンチャーズ(VC)
  • マネックスオーストラリア証券
  • マネックスBoon証券

金融関係の数々の事業を持っているので、安全性・セキュリティに関しては万全の対策を取っています。

ですので、以前よりも信頼性は非常に高まっています!

コインチェック(Coincheck)の登録方法

コインチェックの登録は非常にかんたんで、初心者でもスムーズに登録することができます。

極端にいえばメールアドレスを登録すれば良いだけなのですが、それだけでは実際の取引ができませんので、併せて個人情報の登録が必要です。

とはいえ、流れに沿って入力していくだけなので、空いている時間にサクッと数分で、登録を行うことができます。

また、コインチェックの登録は「パソコン」「スマホ」のどちらからでも行えますので、自分が使いやすい方で登録を行うことができます。

コインチェック(Coincheck)の利用条件

20歳未満、75際以上、および日本国外に居住している方は、コインチェックに登録することができません。

パソコンからの登録方法

まずは、パソコンからの登録方法を見ていきましょう。

  • STEP.1
    公式サイトにアクセス
    コインチェック-登録方法-PC1出典:https://coincheck.com/ja/

    公式サイトから「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「新規登録」をクリックします。

    *今後は、ここで入力したパスワードを使用するようになります。
    コインチェック-登録方法-PC2出典:https://coincheck.com/ja/

    Facebookアカウントを持っている人は、「Facebookで10秒登録」をクリックするとより簡単に登録が可能です。

    また、法人として登録したい場合は、画面右上の「新規登録」から「取引アカウント」「法人として登録」を選択して登録を行なっていきましょう。
    コインチェック-登録方法-PC法人出典:https://coincheck.com/ja/
    コインチェック-登録方法-法人2出典:https://coincheck.com/ja/

  • STEP.2
    確認メールの受信

    入力したメールアドレス宛にコインチェックから確認のメールが届きますので、本文に記載されているURLをクリックすれば、登録は完了です。

  • STEP.3
    電話番号認証

    登録だけでは実際の入出金や取引ができませんので、続けて個人情報の登録を行なっていきます。
    コインチェック-登録方法-PC3出典:https://coincheck.com/ja/

    まず、メールアドレスとパスワードでログインし、 「本人確認書類を提出する」をクリックします。
    コインチェック-登録方法-PC5出典:https://coincheck.com/ja/

    すると電話番号認証のお願いという画面が出てきますので、携帯電話番号を入力し「SMSを送信する」をクリック。
    コインチェック-登録方法-PC6出典:https://coincheck.com/ja/

    その後、入力した電話番号宛にSMSが届きますので、本文に記載されている6桁の承認コードを入力し、「承認する」をクリックしましょう。
    コインチェック-登録方法-SMS承認出典:https://coincheck.com/ja/

    このような画面が出れば、電話番号認証の登録は完了です。

  • STEP.4
    重要事項の承諾
    コインチェック-登録方法-PC3出典:https://coincheck.com/ja/

    トップ画面に戻ると、再び「本人確認書類のご提示をお願いします」という画面が表示されるので、 先ほどと同じように「本人確認書類を提出する」をクリック。
    出典:https://coincheck.com/ja/

    添付のPDFファイルを確認し、すべてのボックスにチェックを入れたら「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」を選択しましょう。

  • STEP.5
    本人確認書類の提示
    コインチェック-登録方法-PC4-2出典:https://coincheck.com/ja/

    今度は承諾画面から「本人確認書類を提出する」をクリックし、個人情報を入力していきましょう。
    コインチェック-登録方法-本人確認1出典:https://coincheck.com/ja/

    氏名、性別、年齢、居住国、住所、職業、取引目的を入力し、最後に本人確認書類をアップロード。

    その際、コインチェックではIDセルフィーの提示が必要となりますので、本人確認書類と本人の両方が写っている写真をアップロードしてください。
    コインチェック-登録方法-本人確認2出典:https://coincheck.com/ja/

    IDセルフィーというのは、本人が「本人確認書類」を持った写真のことになります。

    「カメラを起動する」をクリックすれば、スマホのカメラが起動しますので、スマホの内カメラで撮影するのが最も簡単かと思います!

    MEMO
    Web上での登録が完了すると、後日コインチェックから本人確認完了のハガキが届きますので、実際に取引ができるようになるのはハガキ到着後となります。

ハガキが到着するのは、本人確認が完了してから3日〜4日後くらいになります。

不在時に到着した場合は、郵便局の方で管理されているはずです。

日本郵便の荷物保管期間は「1週間」となっておりますので、それまでには再配達依頼を出すようにしましょう!

書類を受け取らないと、本人確認を最初からやり直すことになってしまうので、十分注意しましょう!

スマートフォンからの登録方法

今度はスマートフォンからの登録方法を紹介します。
登録する内容はパソコンと同じなので、最初の手順だけ簡単に紹介しますね。

  • STEP.1
    メールアドレス・パスワードの入力
    コインチェック-登録方法-S1出典:https://coincheck.com/ja/

    まず、アプリのトップ画面で「メールアドレス」「パスワード」を入力します。

    その際、Facebookアカウントがある人は、下の「Facebookで登録」をクリックしましょう。
    コインチェック-登録方法-S2出典:https://coincheck.com/ja/

  • STEP.2
    個人情報の入力および本人確認書類の提示

    あとはパソコンでの登録と同じで、個人情報の入力や本人確認書類の提示を行なっていきます。

    入力を進めていくと画面に指示が出ますので、それに従って登録を完了させましょう。

  • コインチェック(Coincheck)の入金方法

    コインチェック_入金

    コインチェックへの入金も、口座開設同様かんたんに行うことができます。

    コインチェックにログイン後、画面左側のメニューバーから赤枠で囲った「日本円の入金」をクリックしましょう。

    コインチェック_使い方_入金

    上記のような画面に移動します。

    コインチェックでは、以下の3種類の方法で日本円を入金することが可能です!

    コインチェックの入金方法
    1.  銀行振込→通常の銀行振込と同様
    2. クイック入金→インターネットバンキングを使用する
    3. コンビニ入金→コンビニから入金する

    それぞれの詳しい手順を、下記で確認していきましょう。

    コインチェックへの入金方法① 銀行振込

    コインチェック_使い方_銀行振込

    入金用画面から、赤枠①の「銀行振込」を選択します。

    赤枠②で囲ったところに、振込先の情報が表示されます。

    ここで指定された口座に振り込めば、入金手続きは完了です。

    コインチェックへの入金方法② コンビニ入金

    コインチェック_使い方_コンビニ入金

    赤枠①で囲った、「コンビニ入金」をクリックしましょう。

    赤枠②には、自分が入金したい金額を入力します。

    コインチェック_使い方_コンビニ

    続いて、赤枠①で囲ったところから、入金で利用するコンビニを選択していきましょう。

    今回は「ローソン」を選択しました。

    選択が完了したら、赤枠②の「お支払い情報を発行」をクリックします。

    コインチェック_使い方_コンビニ

    すると、上記のように支払い情報に関する画面が表示されます。

    赤枠①の内容をメモするか、スクショやスマホで画面を撮影しておきましょう。

    情報を控えたらコンビニへ行き、支払いすればコンビニ入金は完了になります!

    支払い方法を確認したい場合は、赤枠②の「お支払い方法の確認」をクリックします。

    コインチェックへの入金方法③ クイック入金

    コインチェック_使い方_クイック入金

    最後に、クイック入金の手続き方法を確認しましょう。

    赤枠①で囲った「クイック入金」を選択しましょう。

    続いて、赤枠②に入金したい金額を入力します。

    完了したら、赤枠③の「お支払い情報を発行」をクリックします。

    コインチェック_使い方_クイック入金

    すると、赤枠①でコンビニ入金と同じように、支払いに関する情報が表示されます。

    スクリーンショットやメモに控えるなどで、情報を抑えておきましょう!

    インターネットバンキングで入金を行えば、クイック入金はこれにて完了です!

    支払い方法がわからない場合には、赤枠②の「お支払い方法の確認」をクリックします。

    コインチェック(Coincheck)での仮想通貨の購入方法

    コインチェック_使い方_購入方法

    入金まで完了してしまえば、すぐに仮想通貨を購入することができます。

    画面左側のメニューバーから、「コイン購入」をクリックしましょう。

    コインチェック_使い方_購入方法

    続いて、赤枠①から購入したい仮想通貨を選択します。

    赤枠②には、購入したい量を入力します。

    ①と②が完了したら、赤枠③の「購入する」をクリックして仮想通貨の購入は完了です!

    コインチェックのスマホアプリの使い方

    コインチェックの大きな強みは、スマホアプリが使いやすいこと。

    ここからは、そのスマホアプリの使い方を確認していきましょう!

    コインチェックアプリの画面の見方

    コインチェック_使い方_スマホアプリ

    コインチェックのアプリは、大きく分けて3つのエリアで構成されています。

    コインチェックアプリの3つの構成
    1.  チャートエリア→チャート画面の表示や時間足の切り替え
    2. 銘柄切り替えエリア→チャート確認や売買したい銘柄を選択する
    3. メニュー選択エリア→設定や資産の確認、入出金など各種メニューの選択を行う

    これらのエリアを使い、仮想通貨の取引や設定、価格の確認などを行っていきます。

    コインチェックアプリの取引方法(購入/売却)

    ここからは、アプリを使って仮想通貨を売買する手順を確認していきましょう。

    まずは、仮想通貨の購入方法を見ていきます。

    コインチェックアプリの仮想通貨購入方法

    コインチェック_使い方_アプリ

    購入したい銘柄を、中央のエリアから選択します。

    今回は赤枠①で囲った、ビットコインを選択します。

    コインチェック_使い方_購入

    すると、ビットコインの購入画面に移動します。

    赤枠①に、日本円でビットコインをどれくらい購入したいか、金額を入力します。

    入力が終わったら、赤枠②の「閉じる」をクリックします。

    画面下部に「購入する」の表示が出ているので、クリックして購入完了です。

    コインチェックアプリの仮想通貨売却方法

    コインチェック_使い方_売却

    続いて、売却方法を確認していきましょう。

    画面中央の銘柄選択エリアから、売却したい仮想通貨を選択します。

    今回は、赤枠①のビットコインを売却しようと思います。

    赤枠①をタップしたら、赤枠②の「売却」をクリックします。

    コインチェック_使い方_アプリ

    ビットコインの売却画面に移動します。

    赤枠①に、売却したいビットコインの数量を入力しましょう。

    入力が完了したら、赤枠②の「閉じる」をクリックします。

    画面下部に「売却する」という項目が出るので、タップすれば売却が完了です。

    コインチェックアプリの入金手順

    コインチェック_使い方_入金

    入金を行う場合、画面下部のメニューエリアから「入出金」をタップします。

    続いて、赤枠②の3つの入金方法から、自分が入金したい方法を選択します。

    試しに「銀行口座から入金」をタップしてみましょう。

    コインチェック_使い方_入金

    上記の画像のように、振込先の詳細情報が表示されます。

    指定されている口座に振り込めば、入金完了になります!

    コインチェックアプリの出金手順

    コインチェック_使い方_出金

    出金する場合は、まず赤枠①の「入出金」をタップします。

    続いて、赤枠②の「銀行口座に出金」をタップします。

    コインチェック_使い方_

    画面中央の赤枠に口座が表示されるので、タップしましょう。

    口座の登録が済んでいない人は、登録画面が表示されるので済ませておきましょう。

    なお、口座を追加する場合には、画面右上の赤枠で囲ったところから可能です。

    コインチェック_使い方_出金

    出金申請の画面に移動したら、赤枠①に出金したい金額を入力します。

    入力が終わったら、赤枠②の「出金申請をする」をクリックします。

    以上で、コインチェックアプリからの出金手続きは完了です。

    もしも確認メールが届かない場合は?

    コインチェックの登録でよくあるのが、「メールアドレスを入力したのに確認メールが届かない」というトラブル。

    1回ならまだしも、2回、3回とやってみても一向にメールが届かないという場合は、メールの受信設定を確認してみましょう。

    メールが届かない原因のほとんどは、メールの設定によってコインチェックからのメールが拒否されているというもの。

    そのため、以下の2つのドメイン情報を「指定受信」にし、メールの際受信を行えば、コインチェックからのメールが受信できるはずです。

    コインチェック-登録方法-ドメイン出典:https://coincheck.com/ja/

    二段階認証の設定方法

    仮想通貨取引所では、ユーザーの大切な資産が流出しないよう厳重なセキュリティ体制を整えています。

    しかし、ハッキング手口も年々高まってきていることから、自分でもセキュリティ対策を取ることが大切です。

    コインチェックではユーザーの任意で二段階認証の設定が行えますので、アカウント登録と一緒に二段階承認の設定も行っておきましょう。

    二段階認証とは?
    通常のログインが「メールアドレス・パスワード」で行われるのに対し、二段階認証ではさらに「ワンタイムパスワード」を追加することで、第三者による不正ログインを予防します。
  • STEP.1
    GoogleAuthenticatorのダウンロード
    コインチェックでは、二段階承認アプリとして「GoogleAuthenticator」を推奨していますので、まずはスマートフォンにGoogleAuthenticatorアプリをインストールしましょう。
  • STEP.2
    二段階認証画面の表示
    コインチェック-登録方法-二段階認証出典:https://coincheck.com/ja/

    コインチェックにログイン後、トップページの「取引アカウント」から「二段階認証」をクリック。

  • STEP.3
    6桁の数字を入力
    コインチェック-登録方法-二段階認証3出典:https://coincheck.com/ja/

    次の画面でQRコードが表示されますので、GoogleAuthenticatorアプリでこのQRコードを読み取ります。

    すると、GoogleAuthenticatorアプリ上に6桁の数字が表示されますので、これをコインチェックの画面に入力し、最後に「設定する」をクリックすれば、設定は完了です。

コインチェック(Coincheck)の登録方法 まとめ

今回の記事では「コインチェックはどうやって登録したらいい?」という疑問にお答えしてきました。

結論、コインチェックの登録は初心者でも簡単に行え、スムーズに取引を始めることができます。

また、登録の際は、セキュリティ対策として二段階認証も一緒に設定しておくと、より安心して取引を始めることができるでしょう。

コインチェックはスマホアプリも使いやすいと評判ですので、ぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

今のうちに登録すれば、最大20,000円キャッシュバックを受けることも可能ですよ!

Coincheckで無料口座開設