超かんたん!ビットコインの買い方を解説!

コインチェック(Coincheck)の手数料は高い?入金/出金/送金手数料/スプレッドについて解説!【2019年最新版】

Satoshi

ハカセ、コインチェックの手数料って高いって聞いたけど、本当なの!?
コインチェックは、全ての仮想通貨の取引手数料が無料なんじゃぞ!

クリプト博士

今回の記事では、「コインチェックの手数料って高いの!?」という疑問にお答えしていきます。

結論から言いますと、コインチェックの手数料は「めちゃくちゃ高い!」というわけではありませんし、正しい使い方をすれば手数料を最小限にまで抑えることが可能です。

本記事では、コインチェックの具体的な手数料や、コインチェックを利用する魅力についてご紹介していきます!

ざっくり言うと
  • Coincheck(コインチェック)は、東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社にもつ仮想通貨取引所。
  • 取り扱い通貨は国内最多の「10通貨」を誇っており、手数料無料で仮想通貨を取引することができる。
  • ただし「販売所形式」を用いているため、スプレッドが広く、短期売買を行う際は注意が必要。
  • 中期・長期保有の場合は、Coincheck(コインチェック)を用いて「ほぼ手数料0円」で仮想通貨の取引を行うことが可能!
  • 金融庁からの認可を得てから、登録者数は急上昇中!既に230万人のユーザーがCoincheckで取引を行っている。
  • 手数料を抑えて仮想通貨取引を行うなら、Coincheckは登録必須な取引所。

Coincheckの公式サイトはコチラ

Coincheckで無料口座開設

コインチェック(Coincheck)の登録方法を初心者向けに徹底解説!【2019年最新版】

コインチェック(Coincheck)の手数料一覧

Coincheck(コインチェック)は、東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っている取引所。

2019年1月に金融庁から認可を受けてから、登録者数は急上昇していますよ!

そんなCoincheckでは、以下の5つの手数料が必要になります。

Coincheckの手数料
  1. 取引手数料
  2. 入金手数料
  3. 出金手数料
  4. 仮想通貨送付手数料
  5. スプレッド

上記で最も注意するべきなのが、仮想通貨の「購入価格」と「売却価格」の差である「スプレッド」です!

それぞれの手数料について見ていきましょう。

コインチェック(Coincheck)の入金手数料

仮想通貨取引をするにはまず入金をしなければなりませんが、コインチェックでは入金方法によって手数料が発生します。

また、入金できるのは「日本円」「仮想通貨」の2種類となっており、それぞれで手数料が異なります。

入金できる通貨の種類
  • 日本円
  • 仮想通貨

日本円の場合

コインチェックの日本円入金には「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3つの入金方法があります。

銀行振込の場合は手数料が無料となりますが、銀行口座が必要ないコンビニ入金と、早急に入金ができるクイック入金については手数料が発生。

しかも、金額がやや割高になっているので注意が必要です。

銀行振込(日本円) 無料(振込手数料は自己負担)
コンビニ入金 ~3万円 756円
3万円~30万円 1000円
クイック入金 ~3万円 756円
3万円~50万円 1000円
50万円~ 入金金額×0.108%+486円
コンビニ入金とは

コンビニに設置されている端末で日本円を入金する方法で、全国のローソン・ミニストップ・ファミリーマート・セイコーマートが対象となっています。

入金可能金額は1,000円〜30万円となっており、金額によって手数料が異なります。

クイック入金とは

ネットバンキング、もしくはATMから入金を行うという方法で、24時間365日入金ができるというメリットがあります。

入金可能金額は1,000円〜99万9,999円となっていますが、金融機関によってはクイック入金に対応していない場合もあるため、事前に確認をしておくと安心です。

仮想通貨入金の場合

注意
2019年6月現在、コインチェックでは仮想通貨の入金機能が制限されている状態です。

現状は利用することができませんが、今後復活したときのために手数料をご紹介しておきましょう!

コインチェックでは、仮想通貨を入金する場合も基本的に手数料は無料です。

ただし、ビットコインに関しては高速入金を選択できるようになっており、その場合はやや割高な手数料が発生します。

そのため、必要でなければ通常入金をするのがおすすめです!

仮想通貨の入金手数料
通常入金 無料
高速入金 0.002BTC

コインチェック(Coincheck)の取引手数料

コインチェックでは「販売所取引」「取引所取引」「レバレッジ取引」の3種類の取引を利用することが可能です。

しかし、2019年6月現在はレバレッジ取引が利用停止となっているため、現状で利用できるのは「販売所取引」「取引所取引」の2種類のみ。

とはいえ、レバレッジ取引が復活したときのために、ここでは3種類の取引手数料をご紹介しておきます。

取引の種類
  • 販売所取引
  • 取引所取引
  • レバレッジ取引

販売所取引の場合

販売所取引というのは、ユーザーとコインチェックとで取引を行う方法で、好きな価格で、好きなタイミングに売買することが可能です。

そのため、板取引に慣れていない初心者などは、販売所形式の方が使い勝手が良いかもしれませんね。

気になる手数料ですが、コインチェックでは販売所の取引手数料が無料となっています。

取引所取引の場合

取引所取引とは、コインチェックのユーザー同士が取引を行うという仕組みです。

一般的には「板取引」とも呼ばれていて、自分が売買したい条件に合う相手が現れないと、その取引はいつまでたっても成立しません。

そのため、その取引所のユーザー数というのも使い勝手に大きく影響するといえるでしょう。

ただ、ユーザー同士の取引であるためスプレッドがかなり狭く、コストを抑えて取引するには最適。

コインチェックの場合は取引手数料も無料となっていますので、コストを気にせず取引を楽しむことができますよ!

注意

取引所形式で取引できるのはビットコイン(BTC)のみとなります。

レバレッジ取引の場合

コインチェックのレバレッジ取引では、「スワップ手数料」「借入手数料」の2つが発生します。

まずは、日を跨ぐごとに発生する「スワップ手数料」について見ていきましょう!

ロングポジション ショートポジション
新規約定時 取引約定金額×0.04% 取引約定数量×0.05%
繰り越し時

スワップ手数料というのは、ポジションが約定した時点から決済完了までの24時間ごとに発生する手数料のことです。

ちなみに、「ロングポジション=買い」「ショートポジション=売り」になります。

コインチェックのスワップ手数料はさほど高いわけではありませんが、24時間ごとに加算されていきますので、「気がついたら莫大な手数料がかかっていた…」なんてことも。

また、レバレッジ取引は信用取引になるため、コインチェックから日本円や仮想通貨を借りることになります。

その際には以下の借入手数料というのも発生し、こちらも1日単位で0.05%が発生します。

ビットコイン借入手数料 0.05%/日

つまり、レバレッジ取引ではスワップ手数料借入手数料の両方がかかり、ポジションを長く保有するほど手数料も大きくなってい区のです。

注意

2019年6月現在、レバレッジ取引は停止中となります。

また、レバレッジ取引ができるのはビットコイン(BTC)のみです。

コインチェック(Coincheck)のスプレッド

コインチェックを利用する際に最も注意すべき手数料は「スプレッド」です。

スプレッドとは?
  • 仮想通貨の「購入価格」と「売却価格」の差額のこと。実質の業者への手数料。

スプレッドは「目に見えない手数料」とも言われており、知らず知らずのうちに取られてしまっている可能性が高いです。

上記の画像は、ビットコイン販売所の取引画面になります。

この場合の購入価格と売却価格の差額は「30,058円」となりますので、1BTCを購入する場合に3万円近くのスプレッド(手数料)が取られる計算になります…。

上記でも述べた通り、Coincheckはビットコインのみ「取引所形式」を採用しており、アルトコインは全て「販売所形式」を採用しています。

一般的に「販売所」はスプレッドが広い傾向がありますので、Coincheckでの「アルトコインの短期売買」はオススメする事ができません。

知らないうちに多額のスプレッドを取られてしまう可能性も考えられるので、基本的に「長期保有」を心がけましょう!

コインチェック(Coincheck)の出金手数料

コインチェックで得た利益を日本円で出金する場合は、金額に関係なく一律400円の手数料がかかります。

日本円出金手数料 400円

これは1回の出金に対する手数料となりますので、回数が多いと手数料も高くなってしまいます。

そのためコインチェックでは、ある程利益が貯まってからまとめて出金するのがおすすめです。

コインチェック(Coincheck)の送金手数料

コインチェックでは、取扱通貨10種類の全てが送金に対応しています。

そのため、わざわざビットコインや日本円に換金する必要がなく、ダイレクトに別のウォレットへ送金することが可能です。

ただし、その際は通貨ごとに送金手数料が発生しますので注意しましょう。

仮想通貨送金手数料
BTC 0.001BTC
ETH 0.01ETH
XRP 0.15XRP
LTC 0.001LTC
BCH 0.001BCH
LSK 0.1LSK
FCT 0.1FCT
XEM 0.5XEM
MONA 0.001MONA

また、以前は海外送金にも対応していたのですが、現在は日本国内のみとなっており、海外送金は停止となっています。

MEMO
コインチェックユーザー間の送金手数料は無料です。

コインチェック(Coincheck)の取り扱い通貨/銘柄の特徴を徹底解説!【2019年最新版】

Coincheck(コインチェック)の手数料を抑えるコツ

Coincheckを利用する際に以下のことを実践すれば、手数料をしっかり抑える事ができます。

是非実践してみましょう!

手数料を抑えるコツ① アルトコインを頻繁に売買しない

上記でも解説した通り、Coincheckの場合はアルトコインを「販売所」で売買する必要があります。

販売所は一般的にスプレッドが広いので、頻繁に売買すると多額のスプレッドが取られてしまいます…。

ですので、アルトコインは極力長期保有を心がけ、短期売買は行わないようにしましょう!

手数料を抑えるコツ② ビットコインは「取引所」を使う

Coincheckはアルトコインを「販売所形式」でしか取り扱っていませんが、ビットコインは「取引所」「販売所」の両方で取り扱いがあります。

ですので、ビットコインを取引する場合は販売所ではなく、必ずスプレッドが狭い「取引所」で売買を行うように心がけましょう!

誤って販売所で売買を繰り返してしまうと、スプレッド分で大幅な手数料を取られてしまう可能性がありますので、十分に注意しましょう。

手数料を抑えるコツ③ 頻繁に出金しない

Coincheckは「出金手数料」が400円に設定されています。

ですので当然ながら、出金を行うたびに手数料が必要になってしまいます…。

コストを抑えるためにも、ある程度まとまった利益を確保する事ができてから出金を行うようにしましょう!

Coincheck(コインチェック)を他の取引所と比較

ここでは、コインチェックの手数料とほかの主要取引所の手数料を比較してみました。

こうして見ると、出金や送金の回数が多い場合は「GMOコイン」「DMM Bitcoin」といった取引所の方がお得なのがわかりますね。

入金手数料

出金手数料

取引手数料

送金手数料

コインチェック

無料
(即時入金:756円~)

400

無料

通貨により異なる

GMOコイン

無料

無料

無料

無料

DMM Bitcoin

無料

無料

無料

無料

BITPoint

無料

無料

無料

無料

Zaif

無料

350円~756

00.3%

通貨により異なる

コインチェック(Coincheck)の魅力は?

出典:https://coincheck.com/ja/

coincheck(コインチェック)の評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(5.0)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
coincheck(コインチェック)の特徴
  • 取引画面やチャートが見やすく、直感的に操作ができる
  • 最近モナコインの取扱を開始した
  • 復活後さらにセキュリティが強化されている
  • 公共料金の支払い、積立といった取引以外のサービスも充実
  • 大手証券会社のマネックスグループに買収され、信頼性もアップ!

コインチェックといえば2018年1月のハッキング事件が記憶に新しいですが、被害額の返済は比較的早い段階で完了し、現在は完全復活を遂げています。

事件後は大手証券会社であるマネックスグループに買収され、これまで以上に信頼度もアップしましたよね!

復活後の2019年1月には金融庁の仮想通貨交換業者を正式に取得し、セキュリティ面もかなり強化されているんです。

さらに、つい最近からモナコインの取扱も開始され、コインチェックは今最も勢いに乗っている取引所だといえるでしょう。

また、コインチェックはとにかく使いやすいというのが大きな魅力。

初めて仮想通貨取引をする人でも直感的に操作ができるため、スムーズに取引を始めることができますよ!

仮想通貨取引以外にも「コインチェックでんき」「貸仮想通貨サービス」といったユニークなサービスもあるため、効率的に利益を出すことができるでしょう。

Coincheckの公式サイトはコチラ

Coincheckで無料口座開設

コインチェック(Coincheck)の手数料まとめ

この記事では「コインチェックの手数料って安いの?」という疑問にお答えしてきました。

結論、コインチェックには大きく「入金手数料」「取引手数料」「出金手数料」「送金手数料」の4つがあり、取引手数料については販売所・取引所によって異なります。

とはいえ、取引手数料は基本無料となっていますので、出金や送金の回数を減らせば比較的安く取引ができるといえるでしょう。

また、コインチェックは初心者でも使いやすく、最近はモナコインの取扱を始めるなど、今最も注目されている取引所でもあります。

ぜひこの機会にコインチェックの手数料を把握し、より効率的に利益を出して行きましょう!

Coincheckの公式サイトはコチラ

Coincheckで無料口座開設

コインチェック(Coincheck)の現在は?NEM流出から再開までの経過を徹底解説!【2019年最新版】