イーサリアムの買い方

coincheck(コインチェック)とは?口座開設方法や本人確認法などを徹底解説


Warning: tempnam(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/bitcoinjim/bitcoinjim.com/) in /home/bitcoinjim/bitcoinjim.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 416

Warning: unlink(): open_basedir restriction in effect. File() is not within the allowed path(s): (/home/bitcoinjim/bitcoinjim.com/) in /home/bitcoinjim/bitcoinjim.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 442

Warning: tempnam(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/bitcoinjim/bitcoinjim.com/) in /home/bitcoinjim/bitcoinjim.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 416

Warning: unlink(): open_basedir restriction in effect. File() is not within the allowed path(s): (/home/bitcoinjim/bitcoinjim.com/) in /home/bitcoinjim/bitcoinjim.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 442

coincheck(コインチェック)とは?

仮想通貨の取引所である「コインチェック」は、2014年11月5日にコインチェック株式会社(旧レジュプレス株式会社)により開設されました。
ビットコインやイーサリアムのみならず、Ripple(リップル)、Monero(モネロ)、Augur(オーガ)、Factom(ファクトム)、Litecoin(ライトコイン)、NEM(ネム)、DASH(ダッシュ)、ビットコインキャッシュ(BCH)など、時価評価額の大きい通貨を取り扱っています。
ビットコインやイーサリアムを扱う取引所は多いですが、注目を集めつつある通貨や未公開通貨を取り扱っていることが特徴です。一つの取引所内で分散投資を行う事が可能なので、リスクを分散することができます。特に新しい通貨は、大きく価値が上がる可能性がありますが、同時に暴落の可能性もあります。複数通貨に資産を分散させることで、より安全に資産運用を行う事が可能です。

また、通貨を購入する際に日本円から直接購入が出来るのも大きな利点の一つです。他の取引所では、ビットコイン以外の通貨を購入する際は「日本円→ビットコイン→他通貨」のように一度他の通貨を経由させないといけないところが多いため、「日本円対ビットコイン」「ビットコイン対他通貨」の両方の価格を鑑みて取引を行う必要があります。

上記の理由から、コインチェックは仮想通貨取引の初心者にも使いやすい取引所であると言えます。

登録や本人確認の段階でつまずいてしまう初心者の方も多いかと思いますが、コインチェックではFacebookアカウントを使って登録が可能であり、完了までわずか1分程度でした。本人確認も自宅に送られてくるハガキを受け取るだけとシンプルでした。本人確認前であっても50,000円までの入金が可能なので、登録したその日から取引を開始できる点もメリットとして挙げられます。
また、インターフェイスもシンプルでわかりやすいデザインになっています。私は他社取引所で仮想通貨取引を始めましたが、恥ずかしながら使い方がよくわからず一度挫折してしまいました。知人に勧められてコインチェックでの取引を始めたところ、操作が簡単でわかりやすかったため、今ではメインの取引所として利用しています。

シンプルでわかりやすいコインチェックのチャート

シンプルでわかりやすいUIは仮想通貨の価格チャートにも反映されています。「1時間」「1日」などの期間を指定してグラフを表示させますが、その操作も非常に直感的でわかりやすいです。

コインチェックのアプリは使いやすい

コインチェックはiPhone、Androidのアプリにも対応しています。外出先でWi-Fiが無い場所でも価格の変動を見逃さずオンタイムで取引することができます。

ウィジェット機能を使えば、わざわざログインしなくても相場を確認できます。

コインチェックのAndroidアプリ

コインチェックのiPhoneアプリ

コインチェック独自のサービスとして、価格変動があった際にメール・SMS・電話・プッシュ通知等で知らせてくれる機能があります。用事がありチャートに張り付いていられない時でも、価格の変動を逸早く知る事ができるため、非常に重宝します。
24時間取引が可能なコインチェックですが、寝ている間に変動があっても通知で起こしてくれるので安心です。
スマホからのログインの際には二段階認証を利用することもできるため、セキュリティ面でも配慮が行き届いていると言えそうです。

仮想通貨購入の際、まず取引所に入金を行う必要があります。他取引所が銀行振込のみで対応しているのに対し、コインチェックではクレジットカードでの支払いも可能です。銀行振込による入金では、手間がかかること、入金まで時間がかかること、土日に素早く対応することが出来ないなどのデメリットがありましたが、クレジットカード払いによってより機動的に資金を動かすことができるようになりました。
多少割高になる点は注意が必要ですが、ドラスティックに変化する仮想通貨市場で取引を行う上でスピードは大きなアドバンテージとなります。

コインチェックで仮想通貨を購入する方法は以下を参考にしてください。

ビットコインの購入・買い方まとめ
[st-card id=812]

コインチェックの貸仮想通貨サービス

仮想通貨を長期の値上がりを目当てに保有している方も多いと思いますが、コインチェックではそのような方を対象に「貸仮想通貨」サービスを行っています。簡単に言うと銀行の定期預金のようなサービスで、どの仮想通貨でも最大年利5%で貸し出すことができます。仮想通貨を長期で保有する人にとって乗っ取りなどの盗難被害は大きなリスクですが、貸出期間中はコインチェックが責任を持って管理してくれるため安心です。銀行の定期預金の利息に比べてかなり高くお得なサービスですが、一方で、コインチェックが倒産してしまった際に貸した通貨が返ってこないリスクもあるので見極めが必要です。

主にコインチェックの長所についてお話ししましたが、欠点もあります。

コインチェックのデメリット

まず、障害発生などで取引が一次的に停止してしまうリスクがあります。これはどの取引所を利用していても負うリスクですが、便利なコインチェックだけに取引を集中させるのではなく、いざという時のために複数取引所を利用してリスクを分散することも必要です。

また、取引にかかる手数料が割高というデメリットもあります。ビットコインを売り板・買い板(PC のみ実装)で取引する際は手数料無料(キャンペーン中)ですが,ビットコインやその他の通貨をコインチェックと直接売買する場合には手数料がかかります。特にビットコイン以外の通貨はかなり割高です。手数料は売買する際に表示される価格に含まれているので、注意が必要です。

過度な情報に撹乱されないことが大事

コインチェックにはチャットが設置されています。取引される方々が思いの丈を日々書き込んでいます。中には価格の変動について的を射た意見を見かけることもありますが、情報を撹乱する目的のコメントや事実に基づかないコメントも散見されます。基本的なネットリテラシーとしてチャットの内容を鵜呑みにすることなくきちんと情報の裏を取ること、また、安易にチャットの情報に流されずに資産を運用することが大切です。

長所・短所ともに説明して参りましたが、これらの特徴を鑑みて、コインチェックはメインの取引所として利用するのに相応しい取引所であると言えると思います。周囲でも実際にメインの取引所として利用している人は多く、これからの仮想通貨市場を牽引していく取引所になると思います。

coincheck(コインチェック)で口座開設

coincheck(コインチェック)のアカウント作成方法を説明します。

説明するまでもないくらい簡単なのですが、2017年3月より郵送による本人確認が必要となりましたので、その辺りも併せて説明していきたいと思います。

①:コインチェックのTOPページよりメールアドレスとパスワードを入力しアカウント作成をクリック。
coincheck_01
②:登録したメールアドレスに確認メールが送られてきます。
coincheck_02
③:送られてきたメールアドレス内のURLをクリック。
coincheck_03

以上の3ステップでcoincheck(コインチェック)のアカウント作成は完了です。

所要時間は1分たらず。

続いて本人確認を行いましょう。

coincheck(コインチェック)で本人確認


本人確認には顔写真や、住所が確認できる書類が必要です。(免許書など)

私の場合、この本人確認で少し時間がかかりました、写真が少しでもボケていたりすると認証がおりません。

明るい所でハッキリと撮影しましょう。

認証がおりるとメールにて、認証OKの連絡がきます。

その後、登録した住所に本人確認のハガキが届きます。

このハガキが届けば本人確認が完了です、特に設定をする必要はありません。

本人確認を行っている場合と、していない場合では利用できるサービスが異なります。

本人確認 利用できるサービス
本人確認書類の提出をしていない場合 サービスの閲覧・アフィリエイト
本人確認書類の提出が完了して、郵送ハガキを受け取っていない場合 入金、売買のみ利用可能
上記全てが完了した場合 全ての機能が利用可能

coincheck(コインチェック)の全てのサービスを利用したい場合は必ず本人確認まで済ませましょう。

coincheck(コインチェック)での取扱い仮想通貨

現在coincheck(コインチェック)で取り扱っている仮想通貨の種類は以下のとおりです。

  • ビットコイン(bitcoin)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
  • ダオ(DAO)
  • リスク(LISK)
  • ファクトム(Factom)
  • モネロ(Monero)
  • オーガー(Augur)
  • リップル(Ripple)
  • ジーキャッシュ(Zcash)
  • ネム(NEM)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

これからも他の通貨を取り扱っていく可能性が高いと思われます。

日本国内の仮想通貨取引所で、これだけ多くの仮想通貨を扱っているのはcoincheck(コインチェック)のみです。

2017年4月6日追記

去年から扱っている各仮想通貨ですが、半年でほぼ倍近く価値が跳ね上がっています。

[st-card id=1269]

仮想通貨元年と呼ばれる2017年、ますます価値が上がると思われます。

今後も期待したいですね。

coincheck(コインチェック)への登録はコチラからどうぞ!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck

以上、「coincheck(コインチェック)でのアカウント作成方法」でした。

coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する方法は以下でまとめています。

ビットコインの購入・買い方まとめ
[st-card id=812]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です