超かんたん!ビットコインの買い方を解説!

イーサリアム(ETH)とビットコイン(BTC)の違いをウルトラ分かりやすく超絶解説!

Satoshi

ビットコインとイーサリアムって、具体的にどんな違いがあるの?
そもそも、ビットコインとイーサリアムでは開発された目的・用途からして異なっておるんじゃぞ!

クリプト博士

今回の記事では、「ビットコインとイーサリアムの違い」について徹底解説していきます。

世界初の仮想通貨となるビットコインは、誕生以来人気1位となっている仮想通貨。

そして、そんなビットコインに次ぐのがイーサリアムとなりますが、実は両者には大きな違いがあることを知っているでしょうか。

ここでは、ビットコインとイーサリアムの違いやそれぞれの特徴、購入におすすめの取引所についてわかりやすく解説していきます!

イーサリアム(ETH)の買い方/購入方法/おすすめ取引所を初心者向けに徹底紹介!【2019年最新版】

ざっくり言うと…
  • ビットコインは決済目的、イーサリアムはプラットフォームを目的として開発されており、両方とも人気の高い仮想通貨。
  • ビットコインの特徴は、世界初となる仮想通貨で、主に決済通貨として使用される。
  • イーサリアムの特徴は、自動契約を可能とするスマートコントラクトを実装していること。
  • 仮想通貨市場はまだまだ発展途上なので、今からビットコイン・イーサリアムに投資するのはまだまだ遅くない!
  • Coincheck(コインチェック)なら、金融庁から「仮想通貨交換業者」として認可されていて、手数料も安く、初心者でも使いやすい。
  • キャンペーン中の今なら、無料口座開設+取引で「最大20,000円キャッシュバック」を受けることができるので、登録するなら今のタイミングがオススメ!

Coincheckで無料口座開設

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の違い

ビットコインとイーサリアムでは、主に「利用用途」「ブロック生成速度」「スマートコントラクトの有無」が大きな違いになります。

項目 ビットコイン イーサリアム
利用用途 決済・送金 プラットフォーム
ブロック生成速度 約10分 約15秒
スマートコントラクト なし あり

それぞれについて見ていきましょう!

ビットコインとイーサリアムの違い① 利用用途

ビットコインというのは、全世界で利用できる決済システムを目的にサトシ・ナカモト氏によって考案された仮想通貨です。

また、ビットコインは世界共通通貨としての役割も持っているため、銀行対策としてのハイパーインフレが懸念されています。

そのため発行上限枚数が約2,100万枚と設定されているのです。

これに対し、イーサリアムは取引を自動化するプラットフォームとして、ヴィタリック・ブテリン氏によって開発されました。

このように、両者は同じ仮想通貨でありながらも、それぞれ全く異なる目的で誕生しています。

MEMO
イーサリアムに関しては特に発行上限枚数が設けられていませんでしたが、後にヴィタリック・ブテリン氏によって1億2,000万枚と定められました。

ビットコインとイーサリアムの違い② ブロック生成速度

ビットコインのブロック生成速度が約10分であるのに対し、イーサリアムではブロック生成速度が約15秒とかなり速くなっています。

ビットコインの場合、通貨としての役割が強く余計なハッシュパワーを使わないよう、長めの時間が設定されているのです。

一方イーサリアムでは、プラットフォームの普及により多くのイーサリアムが消費されると想定しているため、ブロック生成速度を重視した設計になっているんですね。

ビットコインとイーサリアムの違い③ スマートコントラクト

また、ビットコインとイーサリアムの大きな違いには「スマートコントラクトの搭載」があります。

スマートコントラクトとは、簡単にいうと「契約機能」を持たせた技術のことで、取引と同時に契約も果たせるという全く新しい機能です。

従来の契約では当事者同士が話し合いを重ねるというのが一般的で、契約までにかなりの時間を要する場合もありました。

ですが、スマートコントラクトを採用すれば契約が自動化されますので、契約までの手間や時間、コストを大幅に削減することができるのです。

イーサリアムにはこのスマートコントラクトが搭載されており、ビットコインには搭載されていないという違いがあります。

ビットコインとイーサリアムでは、目的が異なることによってブロック生成速度、主な仕様も違っているのじゃよ。

クリプト博士

Coincheckで無料口座開設

ビットコインとイーサリアムの違い④ 時価総額

ビットコイン イーサリアム
時価総額 約15兆円(第1位) 約2兆7,000億円(第2位)

ビットコインとイーサリアムはそれぞれ「時価総額1位・2位」とツートップに君臨していますが、そこには大きな差が存在しています。

ビットコインの時価総額は「15兆円」なのに対し、イーサリアム2位なのにも関わらず、ビットコインの20%ほどの規模である「2兆7,000億円」となっています。

時価総額3位の仮想通貨リップルの規模が「約1兆7,000億円」ということを考慮すると、ビットコインとイーサリアムの間には大きな時価総額の差があると言えるでしょう!

順位では大差ありませんが、実際の規模にすると5倍以上、ビットコインの方が市場規模が大きいのです!

ビットコインとイーサリアムの違い⑤ 発行上限

ビットコイン イーサリアム
発行上限 2,100万枚 なし

ビットコインとイーサリアムの大きな違いとして「発行上限」が挙げられます。

ビットコインに関しては発行上限が決められており、「2,100万枚」までしか新規発行することができません。

それに対してイーサリアムの場合は、発行上限が定められていないので、必要であればいくらでもイーサリアム(ETH)を発行することが可能です!

2018年春の時点で、イーサリアムは「9,900万枚」もの発行が行われているようで、それだけでもビットコインの4倍以上の通貨流通量になりますね。

ですので、単純な「希少価値」で考えると、ビットコインの方が1通貨あたりの価値は高いですね!

ビットコインとイーサリアムの違い⑥ 半減期

ビットコインには半減期が設けられているのに対し、イーサリアムには半減期の設定がありません。

半減期って?

マイニング報酬が半減する時期のこと。ビットコインの場合は4年に一度のスパンで訪れる。

ご存知の通り、ビットコインの取引データの承認は「マイニング」によって行われ、マイニングに成功した人(マイナー)には報酬として「ビットコイン」が支払われます。

そのマイニング報酬が半減する時期のことを「半減期」と呼び、ビットコインの場合は4年に一度半減期が訪れるようになっています。

ビットコインの新規発行はマイニングでしか行われないので、半減期が訪れるとビットコインの新規発行量は半減することになり、希少価値が高まって価格が上昇することが予想されます!

これに対し、イーサリアムには半減期が存在していません。

そもそもイーサリアムは、莫大な消費電力・マイニング機器を必要する承認方式である「Proof of Work」から、保有量に応じて承認作業を行う「Proof of Stake」への移行が検討されています。

イーサリアムの最終アップデートであるセレニティで、PoWからPoSへの検討が予定されており、大幅なコスト削減が期待されているんです!

Coincheckで無料口座開設

ビットコイン(BTC)の2つの特徴

決済・送金を目的として誕生したビットコインですが、一体どんな特徴があるのでしょうか。

ビットコインの特徴
  • 世界初となる仮想通貨
  • 時価総額ランキング1位の人気コイン

特徴1:世界初となる仮想通貨

ビットコインは、2008年に誕生した世界最初の仮想通貨です。

サトシ・ナカモトと名乗る謎の人物が公開した論文をもとに、興味を持った技術者たちが共同で開発した通貨となります。

そして「銀行を介さない通貨取引」ということで、これまでの通貨概念を覆す存在に。

また、ブロックチェーン技術の無限の可能性に魅了された人も多く、ビットコインをベースにさまざまな仮想通貨が誕生していきました。

ビットコイン(BTC)は今後どうなる?2019年以降の価格予想・将来性を解説!

特徴2:時価総額ランキング1位の人気コイン

ビットコイン誕生当初に比べ、最近ではだいぶ仮想通貨が普及してきましたよね。

それでも、いまだに「仮想通貨=ビットコイン」と思っている人も多く、ビットコインは仮想通貨の代名詞的存在になっているのです。

そのため、時価総額ランキングでは誕生以来不動の1位となっており、国内外を含めどの取引所でも取扱いされています。

また、仮想通貨初心者が最初に購入するコインとしても知られていますよね。

ビットコインは仮想通貨の代名詞といえる通貨であるとともに、ほとんどの仮想通貨はビットコインの価格に影響を受けているといえるのじゃ。

クリプト博士

イーサリアム(ETH)の3つの特徴

イーサリアムも、ビットコインをベースに開発された数ある通貨の中の一つですが、他の通貨にはない魅力的な特徴が存在します。

イーサリアムの特徴
  • Dapps(ダップス)の開発
  • 独自トークンを発行できる
  • スマートコントラクト(自動契約技術)

イーサリアム(ETH)は儲かる?上手に儲けるためのコツを徹底解説!【2019年最新版】

特徴1:Dappsの開発

DAppsとは「Decentralized Applications」の略語で、イーサリアムのプラットフォーム上で開発される自律分散型アプリケーションのことをいいます。

DAppsもイーサリアムの産みの親であるヴィタリック・ブテリン氏によって開発されたもので、既に多くのアプリがリリースされています。

今後さらにDAppsの開発が進めば、特定の管理者を持たないアプリやサービスが主流となり、IT業界におけるエコシステムが大きく変わるかもしれません。

DAppsの主なアプリケーション
  • マイクリプトヒーローズ
  • くりぷ豚
  • イーサエモン
  • コントラクトサーヴァンド
  • Axie

特徴2:独自トークンを発行できる

イーサリアムのプラットフォームには、独自通貨を簡単に発行できるという特徴があります。

そのためICOでもよく利用されており、これによりイーサリアムの需要が高まり、2017年には価格がかなり高騰しました。

また、イーサリアムで発行して独自通貨にはスマートコントラクトを実装することができますので、機能性の高い通貨がつくれるとして多くの企業からも注目されているのです。

特徴3:スマートコントラクト(自動契約技術)

イーサリアムが実装するスマートコントラクトでは、契約を自動化することができます。

例えば、インターネットを介して毎月定期的にミネラルウォーターを購入しているとしましょう。

従来の方法では、毎月自発的に注文する必要があり、万が一注文を忘れればミネラルウォーターを購入することができませんよね。

しかし、スマートコントラクトでは「取引」「実行」「証明」を同時に処理することができる
ため、毎回注文をしなくても自動でミネラルウォーターが購入できるようになるのです。

MEMO
現在でも取引と実行を自動で行えるシステムがありますが、本人確認などの個人証明は本人が行わなければなりません。スマートコントラクトでは、そういった本人確認まで自動化されます。

Coincheckで無料口座開設

ビットコイン(BTC)の今後の将来性

続いて、「ビットコインの今後の将来性」について詳しく見ていきましょう。

仮想通貨の先駆け的存在であるビットコインですが、これから大きく値を上げる可能性・将来性をたくさん秘めているので、バッチリ把握しておきましょう!

ビットコインの今後の将来性① 著名人による前向きな価格予想

ビットコインは最も注目されている仮想通貨ということもあり、多くの著名人・インフルエンサーがビットコインの将来価格を予想しています!

著名人によるビットコインの価格予想
  • Tom Lee氏→「2020年3月までに91,000ドル(約950万円)
  • John McAfee氏→「2020年末までに500,000ドル(約5,500万円)
  • マイケル ノボグラッツ氏→「20,000ドル以上(約220万円)

上記のように、業界の著名人はビットコインの将来価格に対して、非常に前向きな姿勢を示しています。

マイクロソフトの創業者であるJohn McAfee氏は、「価格予想が外れたら、自分の”アソコ”を食べる」とまで強気な発言をしているので、相当自信があるようです!

このようにして、仮想通貨に精通している方の強気な価格予想は、ビットコインの信頼性の大きな担保になっていると言えますね。

ビットコインの今後の将来性② 半減期を控えている

先ほども解説した通り、ビットコインにはマイニング報酬が半減する「半減期」という時期が存在しています。

ビットコインの半減期は4年に1回のスパンでして、次は「2020年5月」を予定しています。

半減期が訪れると、市場に流れるビットコインの枚数は半減することになりますので、ビットコイン価格も上昇する可能性が高いです。

実際に、2016年のビットコインの半減期では、半年以上前からビットコインの価格が上向きになり、徐々に上がり始めました!

このようにして、ビットコインの半減期前は価格がじわじわ上昇する可能性が高いので、半減期の1年ほど前の段階である今のうちに保有しておくのがオススメですよ!

Coincheckで無料口座開設

イーサリアム(ETH)の今後の将来性

続いて、「イーサリアムの今後の将来性」について詳しく見ていきましょう!

決済用通貨のビットコインとは異なり、イーサリアムはプロダクトを生み出す「プラットフォーム型通貨」ですが、様々な可能性を秘めているんです!

イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)の違いは?両者の特徴/将来性を徹底比較!

イーサリアムの今後の将来性① ETFに上場する可能性がある

イーサリアムは、これからETF(上場投資信託)に上場する可能性を秘めています!

ETF(上場投資信託)って?

「日経平均」や「NYダウ」などの価格と連動している金融商品。株式市場で取引することが可能。

イーサリアムが「仮想通貨ETF」として上場すれば、仮想通貨取引所だけでなく「株式市場」でも取引が行われることになりますので、参入者が増加し、イーサリアム自体の価格も大きく上昇する可能性が高いです!

2019年5月のETF上場審査は「延期」になってしまいましたが、値動きも安定して取引者数も増加傾向にありますので、長期的に見ればETFに承認される可能性は大いに存在します。

イーサリアム(ETH)のETF承認(上場投資信託)が延期!次はいつ?【2019年最新版】

イーサリアムの今後の将来性② 最終アップデートで、性能が大きく向上する

イーサリアムの開発過程では、以下の4段階のアップデートが予定されています。

イーサリアムのアップデート
  1. フロンティア
  2. ホームステッド
  3. メトロポリス
  4. セレニティ

2019年3月に、第3段階のアップデートである「メトロポリス」が完了しているので、残すのは最終アップデートである「セレニティ」のみとなっています!

「セレニティ」では、イーサリアムの性能を大きく向上させる様々なアップデートが行われます。

セレニティの内容
  • コンセンサスアルゴリズムの「PoS」への移行
  • ライデンネットワークの実装
  • シャーディングの実装

上記のようなアップデートが盛りだくさんとなっており、イーサリアムの性能が大きく向上されるので、「セレニティ」の前は価格が大きく上昇する可能性が高いです!

イーサリアム(ETH)の【4つのアップデート】について徹底解説!セレニティはいつ?

イーサリアムの今後の将来性③ 提携企業が「500社」を突破している

イーサリアムの知名度向上・実用化に取り組んでいる組織「イーサリアム企業連合(EEA)」には、国内外を問わずたくさんの企業が加盟しています。

EEAに加盟している企業はなんと「500社」を突破しており、私たちも知っているような企業も名を連ねているんです!

EEA加盟企業
  • マイクロソフト
  • トヨタ
  • KDDI

リップルと提携を行なっている企業が「約200社」ということを考慮すると、イーサリアムの提携企業の多さが分かりますね。

イーサリアムのもつ「スマートコントラクト(自動契約技術)」は、契約を自動化する技術ですので、どのような企業であっても割と普遍的に応用することが可能です。

イーサリアムが実用化し、EEAに加盟している企業が「スマートコントラクト」を導入し始めれば、イーサリアムの価格も大きく上がる可能性が考えられますね!

Coincheckで無料口座開設

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)が購入できるおすすめ取引所4社

ビットコイン-イーサリアム-違い-取引所比較

ビットコインもイーサリアムも時価総額首位を競っている主流通貨となりますが、異なる特徴を持っているため、どちらを購入するべきか迷ってしまう人は多いはず。

ここでは、ビットコインとイーサリアムどちらもお得且つ快適に取引できる取引所4社をまとめてみました。

「安全性の高さ」「使いやすさ」「各種手数料の安さ」を総合的に判断すると、以下のような順位になります!

おすすめ取引所
  • No.1 Coincheck(コインチェック)
  • No.2 GMOコイン
  • No.3 DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • No.4 BITPoint(ビットポイント)

それぞれについて、詳しく見ていきましょう!

イーサリアム(ETH)のおすすめ取引所ランキングを超絶解説!【2019年最新版】

No.1 Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
Coincheckの特徴
  • 東証一部上場企業「マネックスグループ」が運営しているので信頼性が高い。
  • 2019年1月には、正式に金融庁から「仮想通貨交換業者」として認可を受けているので安心!
  • ビットコイン・イーサリアムの両方とも「取引手数料」が無料なので、コストを抑えてトレードできる
  • スマホアプリが圧倒的に使いやすく、累計ダウンロード数は「200万」を既に突破している
  • キャンペーン中の今なら、無料口座開設+取引で「最大20,000円キャッシュバック」を受けることができる

ビットコインやイーサリアムを取引するなら、マネックスグループを親会社に持っている取引所「Coincheck(コインチェック)」を利用するのが最もオススメです!

2019年1月には金融庁から「仮想通貨交換業者」として認可を受けているので、安全性もしっかり担保しつつ取引することができます。

コインチェックはスマホアプリが圧倒的に使いやすく、2018年の時点で「200万ダウンロード」を突破しており、初心者の方でも迷わずかんたんに取引することが可能です!

さらに、キャンペーン中の今なら口座開設+取引で「最大20,000円キャッシュバック」を受けることも可能です!

口座開設は無料で行うことができますので、キャンペーン中の今のうちに登録しておきましょう!

Coincheckで無料口座開設

No.2 GMOコイン

ビットコイン-イーサリアム-違い-GMOコイン出典: https://coin.z.com/jp/

GMOコインの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(5.0)
取り扱い通貨
(4.5)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
GMOコインの特徴
  • 東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」が運営しているので信頼性が高い
  • 使いやすさが重視されているため、初心者でも直感的に操作ができる
  • 取引手数料が無料なので、ビットコインでもイーサリアムでもコストを抑えながら取引ができる

GMOコインは、東証1部上場のGMOインターネットグループが運営する日本最大級の仮想通貨取引所。

そのため信頼性が高く、セキュリティー面に関しても長けているのが大きな魅力といえます。

また、取引画面の使いやすさも重視されているため、特に初心者からは高く評価されているんです。

キャンペーン中の今なら、口座開設するだけでビットコイン(20,000satoshi)もらえるので、登録するなが今がオススメです!

GMOコインで無料口座開設

GMOコインの登録/口座開設方法・アプリの使い方まで徹底解説!

No.3 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

ビットコイン-イーサリアム-違い-DMM Bitcoin出典:https://bitcoin.dmm.com/

DMM
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(4.5)
初心者へのオススメ度
(4.5)
総合評価
(4.0)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴
  • FX取引最大手のDMM.comが運営するノウハウが詰まった取引所
  • 取扱通貨全てがレバレッジ取引に対応しているため、ビットコインはもちろん、イーサリアムのレバレッジ取引にもチャレンジできる
  • LINEでの問い合わせに対応しているので、気軽に問い合わせができる

DMM Bitcoinは、2018年にオープンした比較的新しい仮想通貨取引所です。

現物取引よりもレバレッジ取引に特化しているため、取扱通貨全てでレバレッジ取引ができるのが大きな魅力といえるでしょう。

また、親会社となるDMM.comはFX最大手となっていることから、そのノウハウが詰まった品質の高さも人気の秘訣となっています。

キャンペーン中の今なら、なんと無料口座開設するだけで「1,000円キャッシュバック」を受けることができるので、今のうちに登録しておきましょう!

DMM Bitcoinで無料口座開設

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の登録・口座開設方法を徹底解説!

No.4 BITPoint(ビットポイント)

ビットコイン-イーサリアム-違い-BITPoint出典: https://www.bitpoint.co.jp/

BITPoint(ビットポイント)の評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
各種手数料
(5.0)
取り扱い通貨
(4.5)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(4.5)
BITPoint(ビットポイント)の特徴
  • 各種手数料が全て無料とお得!
  • スマホアプリも使いやすく、出先でもサクサク取引が可能
  • 全ての通貨を取引所形式で購入できるため、イビットコインもーサリアムも安く購入できる

BITPointの大きな魅力は、入出金をはじめとする各種手数料が全て無料となっていること。

さらに、取扱通貨5種類の全てが取引所形式で取引できるため、アルトコインを安く購入できるとして人気です。

また、世界中のFXトレーダーが愛用するMT4を導入しており、ビットコインでレバレッジ取引をしたい人にも特におすすめだといえます。

→ BITPointの公式サイトはこちら

BITPointの登録はこちら

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の違い まとめ

Satoshi

今回は「ビットコインとイーサリアムの違い」について解説したんじゃ!
ビットコインとイーサリアムでは利用用途が違って、それぞれ用途に合った仕様になっていることがバッチリ理解できた!

クリプト博士

ビットコインは決済送金を、イーサリアムはDAppsのプラットフォームを目的に誕生した仮想通貨です。

そのため、ビットコインではブロック生成速度が長めに設定されていたり、イーサリアムにはスマートコントラクトが採用されていたりと、それぞれ目的に合った仕様になっているんですね。

両者とも主流通貨であり、将来性も大きく期待されていますので、ぜひこの機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Coincheckで無料口座開設