【bitFlyer】2018年1月15日報道ステーションにビットフライヤーの加納社長が出演!いったい何を語った?番組内容は?


1月15日にbFの加納社長が報道ステーションに出演しました。

番組の内容

渋谷のバーでインタビュー。50万円で買ったアルトコインが2億5000万円になり億り人になった方や、今年は億り人を目指すという方が出てきました。

その後、bFの代表取締役金光さん(可愛い女性でした!)が登場してオフィスの紹介を。

次は、スウェーデンでのマイニングが、ゴールドラッシュのような賑わいになっていることをブロックチェーンの仕組みと共に紹介。

そこから今月12日の麻生氏の「何でもかんでも規制すればいいとは思わない」という発言が流れます。

その後は、中国が仮想通貨を規制したこと、それに引き換え、日本は取引所を金融庁登録制にしたことで日本の仮想通貨投資熱が高まったこと、ビットコイン取引の半分が日本円であることを紹介。

この後、加納社長が出てきました。

「日本が先んじて法律を作りましたので、それによってお金が集まってきています。で、外国も非常に注目していて、日本人主導で仮想通貨のマーケットをけん引しているように見えます」

社長の言葉はこれだけでした。

再度渋谷のバーで投資家へのインタビュー。

後は、仮想通貨には将来性はあるものの、ビットコイン投資は今後価格が下がることもあるので注意しましょうという、ありきたりな内容で終わりました。

…加納社長の出番は短くちょっとガッカリでした。

そんな加納社長のTwitterのアカウントはこちらです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です