イーサリアムの買い方

ビットコインと電子マネーの違いについて!教えて仮想通貨先生!!シリーズ3

ビットコインと電子マネーの違いについて

ビットちゃん
先生?

先日は「ビットコインとクレジットカードの違い」について教えてもらったので、今日は「ビットコインと電子マネーの違い」について教えてもらえませんか?

ビットコインとクレジットカードはどう違うの?教えて仮想通貨先生!!シリーズ2

仮想通貨先生
はい。

ビットちゃんは電子マネーを使ったことはありますか?

ビットちゃん
もちろんです♪

Suica」使ってます♪

仮想通貨先生
おっ!

Suicaですか。

電車やバスでの移動の時に使ってるんですね?

ビットちゃん
はい♪

あとは、コンビニでお買物するときに使ったりしますね~^^

仮想通貨先生
では、そのSuica!

海外でも使うことができると思いますか?

電子マネーは海外でも使えるのか?

ビットちゃん
う~ん。

電子マネーだから、海外でも使えるんじゃないですか?

仮想通貨先生
いえいえ。

ビットちゃん。そこは注意が必要です!

電子マネーは海外では利用できません!

日本だけでしか使うことができないんですよ!

ビットちゃん
おー。。

危ない・・海外で恥ずかしい思いをするとこでした(汗)

仮想通貨先生
その一方でビットコインは海外でも、ビットコインが使えるお店なら、どこでも使うことができるんです。
ビットちゃん
ふ~ん。

ビットコインは世界中どこでも使えるお金なんですね♪

ビットコインは物理的なカードが存在しない

仮想通貨先生
そうなんです。

それと、電子マネーとビットコインの大きな違いは「物理的なカード」が存在しないこと。

Suicaには、ICチップを搭載したカードがありますが、ビットコインには物理的なカードは存在しません。

前回勉強したように、スマートフォンのウォレットに入れて利用するのがビットコインなんですよ。

ビットちゃん
なるほど。

あの~、素朴な疑問なんですが、例えば、「nanaco」とか「Waon」のような電子マネーって1ポイント=1円で使えるじゃないですか?

ビットコインってどうなんですか?

ビットコインには相場がある

仮想通貨先生
おっ。

良い質問ですね。

ビットコインには相場(レート)があって、その時々で価値が変化するんです。

なので、1ビットコイン(BTC)でも日によって利用できる幅が違ってくるんですよ。

ビットちゃん
ふ~ん。

じゃ電子マネーのように、1ポイント=1円って決まってるわけではないんですね?

仮想通貨先生
その通りです。

なので、ビットコインを使う時は相場を見ておいた方が良いですよ~。

同じ品物でも、ビットコインの相場によっては高くなったり、安くなったりするので、その辺は注意するべきポイントかもしれません。

ビットちゃん
へぇ~。

っていうかビットコインって、誰が作って、誰が管理しているんですか?

ビットコインには発行元が存在しない

仮想通貨先生
ビットコインは2009年にサトシ・ナカモトという人物によって作られたと言われています。

電子マネーは各会社が発行して管理しているのに対して、ビットコインには発行元・管理人が存在しないんですよ。

これも電子マネーとの大きな違いでしょう。

ビットちゃん
へぇ~。

発行元が存在しないのか~。

なんか不安だな~><;

仮想通貨先生
いえいえ。

発行元があっても、会社が潰れてしまったりすれば、ないのと同じですし、むしろ使えるお店なども決まったりしてるので、逆に自由度が低いとも言えますよね。

むしろ発行元のないビットコインの方が世界中で使える自由な通貨として、これからどんどん普及していく可能性があると思いますよ。

ビットちゃん
そっかー。

私は、電子マネーの方が・・・まだ信用できるなぁ。

ビットコインは送金が可能

仮想通貨先生
そうですね。

その辺は個人差があると思うので、人それぞれでしょう。

あと、ビットコインの特徴として「友人間で送金」ができるのも大きな魅力の1つですよ。

ビットちゃん
友人間で送金??
仮想通貨先生
電子マネーは、お友達とかに送金することはできないですよね?

ビットコインはかんたんに送金できるし、海外への送金も一瞬でできてしまいます。

銀行から海外へお金を送ると、恐ろしいほど手数料を取られるのをご存知ですか?

ビットちゃん
いえ><;

知らないです。。。

仮想通貨先生
数千円は確実に取られてしまいますからね。

ビットコインには、海外送金という部分でも大きなメリットがある通貨なんです。

ビットちゃん
おー。

海外送金はまだしたことないけど、友達と割り勘するときとかは送金は便利そうですね♪

先生はそのうち、コンビニとかでも電子マネーと同じようにビットコインが使えるようになると思いますか?

仮想通貨先生
えー。

間違いなく普及していくでしょう。

もうすでに、コンビニでビットコインが使えるようにプロジェクトも進んでいるんですよ。

来年にはコンビニでも普通にビットコインが使えるようになるでしょう。

ビットちゃん
へぇ~。

どんどん普及していってるんですね。

電子マネーって便利だけど、最近種類が増えすぎてなんだか複雑な気もします><;

1つにまとまれば便利なのにな~。

仮想通貨先生
そうなんですよ。

こんなに電子マネーの種類が多いのは日本だけなんです…どれか1つにまとめてほしいですよね。

ビットちゃん
電子マネーとビットコインには、それぞれメリット・デメリットが存在するんですね。
仮想通貨先生
はい。

ちょっとおさらいしてみましょう。

下記は比較リストになります。

電子マネーとビットコインの違い比較表

仮想通貨 電子マネー
発行元 発行元なし 発行元あり
送金
相場 1BTC=(相場による) 1ポイント=1円
換金 円⇔コイン
手数料なし(取引所による)
円⇔ポイント
手数料なし
使える場所 世界中
ただしビットコインで支払いができる場所に限る
日本国内
保管場所 ウォレット
携帯端末
カード
携帯端末
ビットちゃん
私はまだ電子マネーに頼っちゃうと思うけど、そのうちビットコインが普及することになれば、ビットコインも使って行きたいですね~♪
仮想通貨先生
前回も言いましたが、将来は円やドルといった基軸通貨の概念は薄れていくと思っています。

海外に行くたびに両替をするのは、とても大変ですし不便ですから。

そんな時に役に立つのがビットコインになってくるでしょう。

ビットちゃん
うんうん。

たしかに言われてみれば、そんな気もします^-^

ってか、先生?

仮想通貨先生
なんでしょう?
ビットちゃん
先ほどビットコインには相場(レート)があるって言いましたよね?
仮想通貨先生
はい。
ビットちゃん
ビットコインの相場(レート)ってどうやって決まるんですか?
仮想通貨先生
おっ。

良い質問ですね。

ビットちゃん
うん♪

なんかビットコインにますます興味がわいてきましたw

仮想通貨先生
では、次回はビットコインの相場(レート)がどうやって決まるのか。

その辺を勉強していきましょう。

ビットちゃん
はーい♪

楽しみにしてますね♪

仮想通貨先生
これまで、現金やクレジットカードや電子マネーとの違いについて説明してきましたが、だいたいは解っていただけたでしょうか?
ビットちゃん
うん♪

まだまだ完璧に理解しているわけじゃないけど…

ビットコインって便利!ってことだけは解ってきました♪

仮想通貨先生
よし!

それだけ解れば十分です!

ビットコイン世界の常識を覆す通貨になると先生は信じています。

今のうちに興味を持っておくだけでも将来役にたつと思いますよ^-^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です