イーサリアムの買い方

【Bitcoin Private】ビットコインとZclassicが一緒にハードフォーク!?ビットコインプライベートが誕生!【ハードフォーク情報】

公式サイト

今回のハードフォークはとてもユニークな方法で行われます。

なんと、ビットコインとZclassic(ジークラシック)が同時にフォークして、ビットコインプライベートになるというのです。

そこで今回はこのハードフォーク(以下、HF)について解説します。

Bitcoin Privateの概要

メモ

  • 通貨単位:BTCP
  • HF予定日(Snapshot date):2018年2月28日
  • フォークデータとメインネット打ち上げ:HFの2日後
  • 付与比率: 1:1
  • HF後の発行枚数:18,500,000BTCP
  • 最大発行枚数:21,000,000BTCP
  • 公式サイト:Bitcoin Private

 

Bitcoin Privateとは?

Bitcoin Privateの主な特徴を挙げてみます。

→Zclassicと同じ匿名系仮想通貨

オープンな送金情報を匿名にする技術「zk-snarks」を使用します。

→ビットコインよりも早い送金スピード

ビットコインからHFしますが、送金速度は速くなります。

→プレマインがない

Bitcoin Privateはプレマインがありません。開発側がBitcoin Privateを事前にマイニングすることがないため、取引所に上場したとたん、プレマインされたBTCPが大量に売られることがありません。開発者報酬もないとのこと。

Bitcoin Privateの付与条件は?

Bitcoin Privateを無料で貰うには、スナップショットを取る予定日までに、HFをサポートするウォレットや取引所へ、ビットコイン(BTC)あるいはZclassic(ZCL)を預け入れる必要があります。

肝心のウォレットについての情報が少ないので、やや不安をかんじますね。

上場予定の取引所は?

Bitcoin Privateのツイッター情報によると、バイナンス(Binance)が有力視されているようです。

公式サイトでは、さまざまな取引所と交渉中とされています。

Zclassicはどこで買える?

Zclassicはビットレックスクリプトピアで購入できますよ。

ツイッターのフォロワー数が多いので、かなり注目されているようです。上場後の価格が気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です