アカウント作成 ビットバンク ライトコイン リップル 手数料 短期トレード

リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ライトコイン(LTC)の売買をするならコインチェックよりbitbank(ビットバンク)がおすすめ!?bitbank.ccの口座開設方法やメリット・デメリット・手数料を比較しながら徹底解説

更新日:

国内のビットコイン取引所の中にbitbank.cc(ビットバンク)という取引所があります。

ビットコイン(BTC)/ライトコイン(LTC)/リップル(XRP)/イーサリアム(ETH)/モナーコイン(MONA)※7月上旬~と5種類の仮想通貨を扱い、他の取引所と違いアルトコインの売買手数料が圧倒的に安くアルトコインの板注文ができるのが特徴の取引所です。

今回は、今注目すべき取引所bitbank.cc(ビットバンク)のメリットやデメリット・特徴などを徹底的に解説していきたいと思います。

それでは、bitbank.cc(ビットバンク)の手数料を見ていきましょう。

bitbank.cc(ビットバンク)の手数料

売買手数料

メイカー(※1) テイカ―(※2)
BTC/JPY マイナス0.05% 0.05%
XRP/JPY マイナス0.05%(※3) 0.25%(※3)
LTC/BTC マイナス0.05%(※3) 0.25%(※3)
  • ※1メイカー:注文が取引板(気配値)に並ぶことにより、結果として市場の流動性を作る取引のことをメイカーと呼びます。
  • ※2テイカ―:注文が取引板(気配値)に並んだ既存の注文で約定することにより、結果として市場から流動性を取り除く取引のことをテイカ―と呼びます。
  • ※3マイナス手数料キャンペーン中 

入出金手数料

入金手数料 出金手数料
日本円 無料(※1) 540円/756円(3万円以上)(※2)
BTC 無料 0.001 BTC
LTC 無料 0.001 LTC
XRP 無料 0.15 XRP

※1 銀行への入金時の振込手数料は、お客様負担です。
※2 登録銀行口座が誤っていた場合は、お客様口座へ日本円をお戻し致しますが、組戻手数料として1,296円(税込)が差し引かれるので注意が必要です。

その他の手数料

口座開設費用 無料
口座維持費用 無料

コインチェックとの手数料を比較

アルトコインの取り扱いが豊富なコインチェックですが、ビットバンクと手数料を比較してみましょう。

コインチェックは初心者の方には売買がしやすく、コインを寝かせておくだけならおすすめの取引所ですが、短期で売買をしようものなら手数料で損してしまうこともしばしば。

実際に私もアルトコインを短期で売買し、その手数料の高さを思い知らされました。

暗号通貨短期トレード3日目「アルトコイン手数料高すぎ」

コインチェックはアルトコインの手数料を公にしておらず、実際には流動的で不透明な部分があります。

では、ビットバンクとコインチェック、実際にどのくらいの差があるのでしょうか。

比較してみました。

取引形態 取引所で売買 販売所を提供
マッチング形式 ユーザー同士の取引 コインチェックが販売/買取
レート表示 オーダーブック(板)方式 2way方式
売買コスト 取引手数料(0.25~0.7%)
マイナス手数料キャンペーン中
価格スプレッド(2%以上)
※流動的
価格透明性
(ビットコインは手数料を公表してます)

このように取引形態に差があるものの、コインチェックはアルトコインの手数料が流動的で、固定されているわけではありません。

仮にリップル(XRP)の取引をしたとして、キャンペーン中じゃなかったとしても、ビットバンクは0.25%:コインチェックは2.0%(不透明)の手数用がかかることになります。

結果は明らかです。

これはコインチェックを悪く言っているわけではありません。

コインチェックは、そのぶん初心者の方に優しく「販売所」で売買する方法を提供しています。

かんたんに説明すると、売買がかんたんな分、少しだけ手数料が高いよ?というスタンスでしょうか。

それと比べビットバンクは板注文制となっており、初心者のかたには少し難しい取引方法となっています。

なにが言いたいかといいますと、アルトコインの売買をするなら初めのうちは「コインチェック」。慣れてきたら「ビットバンク」という風に段階を踏んで取引するのが最良ですよ!ということ。

なので、中・上級者の方がリップル(XRP)・ライトコイン(LTC)・イーサリアム(ETH)の取引をするならコインチェックより「ビットバンク」がおすすめです。

bitbank.cc(ビットバンク)のメリット

取扱う仮想通貨が豊富

今年の3月まではビットコインしか扱っていなかったビットバンクですが、今年の4月より、ライトコイン(LTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)の取り扱いを開始。

今月(7月)上旬にはモナーコイン(MONA)の取り扱いを開始すると発表しています。

国内の取引所ではコインチェックの12通貨に次いで、2番目に取扱い通貨の多い取引所となります。

後術しますが、現在「リップル(XRP)争奪」も開催中。

いまノリにのっている取引所と言っても過言ではありません。

高い透明性

先ほどの手数料と少し内容は被りますが、板で注文するからこそ透明性の高いお取引が可能です。

私もこれまでは、コインチェックでアルトコインの売買を行っていましたが、これを機に保有している、ライトコイン(LTC)・リップル(XRP)を全てビットバンクへ移動させる予定です。

やはり手数料で損するのは。。痛すぎます><;

強固なセキュリティ

マルチシグとコールドウォレットによる最先端のセキュリティでお客様の仮想通貨は安全に守られています。

二段階認証やSNS認証も可能なので、なにかと安心ですね。

二段階認証は必ずやっておいた方がいいですよ。私も本人確認が済み次第さっそく二段階認証します。

リアルタイム入金

ビットコイン(仮想通貨)入金ならいつでもリアルタイムで可能。

しかも、日本円の入金は住信SBIネット銀行同士なら24時間365日リアルタイムで反映されます

住信SBIネット銀行の口座をお持ちなら、入金が次の日になったり、土日をまたぐ必要がありません。

ビットコインFX

レバレッジ最大20倍でビットコインのFX取引が可能です。

しかも追証なし。

さらにbitbank.ccとアカウントを連携することで、他サービスとKYC情報や、口座残高などを連携することも出来ます。

bitbank Trade

リップル(XRP)争奪ランキングキャンペーン

ビットバンクでは総額約820万円相当のリップル(XRP)争奪キャンペーンを開催中。

8/31まで!と期間限定ですが、だいぶ太っ腹なキャンペーンをやっています。

目指せランカー!!

キャンペーンの参加はコチラ

bitbank.cc(ビットバンク)のデメリット

ビットバンクのデメリットはやはり、初心者のかたには売買取引が難しいこと。

FX経験者ならまだしも、板を使った注文は慣れるまで時間がかかります。

あと、デメリットとまでは言いませんが入金方法が銀行振り込みしかないのは、他の取引所と比べて選択肢が少ないような気がします。

bitbank.cc(ビットバンク)で口座開設

と、いうことで私もライトコイン(LTC)リップル(XRP)をビットバンクで取引すると決めたので早速口座を開設してみました。

ビットバンクでの口座開設方法を説明したいと思います。

①メールアドレスを入力し[新規登録]をクリックします。

②登録したメールアドレスにメールが届くのでパスワードを設定しましょう。

③メールアドレスに届いたパスワード設定のURLをクリックします。

④パスワードを設定し、利用規約などに同意し[登録]をクリック。

⑤取引画面に遷移するので、本人確認を行いましょう。

右上の人のアイコンをクリックします。

⑥登録情報⇒基本情報を入力。

⑦お名前や生年月日を入力しましょう。

⑧取引の目的・職業を選択。

⑨基本情報登録の完了です。続いて本人確認書類をアップロードしましょう。

⑩運転免許証かパスポート、住民基本台帳カード、在籍カードのいずれかを選択しアップロード。

⑪本人確認書類のアップロードの完了です、あとは審査を待ちます。

以上で口座登録の完了です。

本人確認書類の審査が終了次第、日本円やビットコイン、その他のアルトコインの入出金が可能になります。

コインチェックからリップルを送金

本人書類の確認が完了したので早速コインチェックからリップル(XRP)を送金してみました。

①リップル「入出金」をクリック。

②リップルに関しては[宛先タグ]を入力する必要があります。コインチェックの送金時に使うのでメモしておきましょう。

③宛先タグと送金用アドレスを入力し、送金したい分のリップルを指定します。

④この内容で良ければ[OK]をクリック。

以上で送金の手続きは完了です。

あとは送金が完了するのを待ちましょう。

※ライトコインも試したのですが、宛先が違います…と表示され送金できませんでした(汗)

今、問い合わせている最中です。

bitbank.cc(ビットバンク)まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビットコインの取引所bitbank.cc(ビットバンク)。

私もこれまでいろんなビットコイン取引所で口座を開設してきましたが、実際に利用してみたいと思ったのは久しぶりです。

コインチェックで、ずっと寝かせておこうと思った、ライトコイン(LTC)リップル(XRP)ですが、6月以降仮想通貨バブルがいったん落ち着き、相場も比較的落ち着いています。(※ライトコインは最近また高騰していますね↑)

アルトコインの売買手数料の安い取引所なら、また短期でトレードしてみたいなーと思いました。

トレード初心者を早く脱出するためにも、bitbank.cc(ビットバンク)でトレーダーを使った取引をして慣れなきゃ!

審査が終わり次第、さっそくコインチェックからライトコイン(LTC)リップル(XRP)を移動させ取引してみたいと思ってます。

楽しみ!!

以上、「リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ライトコイン(LTC)の売買をするならコインチェックよりbitbank(ビットバンク)が圧倒的におすすめ!bitbank.ccの口座開設方法やメリット・デメリット・手数料を比較しながら徹底解説」でした。

仮想通貨ならビットバンク

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。コインチェックでは最近、盗難補償サービスを開始しました。セキュリティ面が不安ならコインチェックがおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.ccなら、アルトコインのトレードも自由自在。 1円未満の単位から、お試しで購入することもできます。24時間365日、PCから、スマホから、スマートで最先端な投資クラスをご体験ください。
bitbank.ccの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式なので透明性の高いお取引が可能です。マーケットの機微な状態も、板があるから一目瞭然、相場に合わせてスマートに注文の管理を行うことができます。
スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャートで、多様な相場局面にあわせた戦略的なトレードを可能にします。本格的なアルトコイントレードをあなたに。

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

BITPOINT(ビットポイント)

上場企業の子会社が運営するビットコイン取引所です。
国内で安心・安全にビットコインの取引をしたい方にオススメの取引所です。
・日本最大級の取引所
・上場企業運営の安心
・売買手数料無料

-アカウント作成, ビットバンク, ライトコイン, リップル, 手数料, 短期トレード

Copyright© ビットコイン(bitcoin)投資日記 , 2017 AllRights Reserved.