【仮想通貨×第4次産業革命×ビッグデータ】ビットコインの価格が再度下落…アルトの価格も低迷が続く…将来に不安を感じるなら読んでほしい!

2018年仮想通貨の価格は低迷が続きますね。レバレッジ取引ができるトレーダーは利益を出すチャンスがありますが、現物オンリーのトレーダーには苦しい時期も出てきます。

そこで今回は、仮想通貨×第4次産業革命×ビッグデータという視点で、仮想通貨の将来について考えてみました。

第4次産業革命とは?

最近、第4次産業革命という単語を見かけるようになりましたね。

18世紀末に起きた、蒸気機関による産業が機械化した第1次産業革命

20世紀初頭に起きた、電力による大量生産が可能になった第2次産業革命

20世紀末に起きた、コンピューターによる産業がオートメーション化した第3次産業革命

これに続くのが、ビックデータによって産業が効率化する第4次産業革命なのです(IoT・AI・ロボット・フィンテックなどを含む)。

世界中が次の産業革命で成功を収めようと、その方法を模索しています。

日本でも、内閣府が新しい産業への対策を考えています(残念ながら日本では現状フィンテック方面でもブロックチェーン方面でも人材不足)。

ビッグデータを集める方法は?

ビッグデータを集める方法、それこそがIoT

冷蔵庫が、エアコンが、玄関などの出入り口が、自動車が、身の回りのあらゆるモノがネットに接続され、相互通信することがIoTです。

ネットに接続されたモノたちから、さまざまなデータが集められます。

集まったビッグデータの行先は?

集められたビッグデータが行き着く先はAI。

AIの活用先として自動運転や資産運用が挙げられます。

AIの活用で雇用が奪われると言われますが、人口が減少している日本ではすでに人材不足問題が見え始めているので、むしろ歓迎されることでしょう。

IoTの問題点は?

AIにビッグデータを渡すIoTには、セキュリティとコスト面、2つの問題点があります。

それを2つ同時に解決できるのが「仮想通貨」なのです。

改ざんできない・透明性・開発費用が低コスト・送金コストも低いといった特徴がありますよね。

仮想通貨の将来に不安を感じる?

投資で億を稼ぐのは困難なことです。決して楽ではありません。

ですが、第4次産業革命と仮想通貨の関連性…あなたの周りにいるライバルたちのうち、どれだけの方がそれを説明できるでしょうか。

日本政府は仮想通貨法を世界に先駆けて執行しました。

何も知らない人よりも知っていることが多い人は、それだけ有利に動けることを忘れないでください。

IoTもAIも仮想通貨もロボットもフィンテックも『生まれるべき時代に生まれてきた』…ただそれだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です