イーサリアムの買い方

SBIホールディングスとSBI Ripple Asiaによる「Beyond Blockchainテクニカルプログラム(BBCプログラム)」がついに始動!


2017年9月12日に発表があった「Beyond Blockchainテクニカルプログラム(BBCプログラム)」が10月11日、ついにスタートしました。

SBIホールディングスといえば、独自の仮想通貨「Sコイン(※)」や、仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」の発表があったばかりです。

※Sコインとは、SBIホールディングス専用の決済用コインのことで、キャッシュレスと決済コストの大幅削減が目的です。

BBCプログラムとは?

今回発表されたBBCプログラムとは、日本において深刻化しつつある「ブロックチェーン技術者不足」の解消を目指し、参加企業と共同で技術者の養成するための企画です。

それと言うのも、日本は欧米や他のアジア諸国に比べ、圧倒的にブロックチェーン技術の活用という面で後れを取っています。
さらに、フィンテックに関しても海外から見れば後れを取っています。

あまりに急速に発展したため、ブロックチェーン技術を教えてくれる大学も専門学校も今はまだありませんし、先生自体がまだいません。

ブロックチェーン技術やフィンテック企業(※)という言葉だけが独り歩きしていると思いませんか?

※フィンテック企業とは、電子決済等代行業者とも呼ばれ、従来の伝統的な金融商品やサービスに対して、IT技術を使った便利(安い・早い)な金融サービスを提供しています。

SBIホールディングスが先導?

世界における日本のブロックチェーン技術の発展がこれ以上遅れないよう、SBIホールディングスが先頭に立ち、「技術ワークショップ」や「専門家による勉強会」を開き、ブロックチェーン技術の知識を提供して、先端技術者を育てるという取り組み…それがBBCプログラムなのです。

参加企業はSBIホールディングスと共同で実証実験を行うので、SBIホールディングス側にもしっかり実験データの見返りがあるわけです。

スタート時の参加企業は24社ですが、今後参加希望する企業が出てくれば増えることになります。

このプログラムによって技術者が多数生まれ、様々な分野の企業で活躍すれば、私たちの生活もより便利に、安全になるでしょう。
これからもSBIホールディングスの動きから目が離せません。

それにしてもこれから就職する若者は、ブロックチェーン関連の技術者になれば良い企業に就職できそうですね!

【参加企業24社】

株式会社アット東京
株式会社インターネットイニシアティブ
株式会社インテック
SAPジャパン株式会社
SCSK株式会社
SBI FinTech Incubation株式会社
SBIトレードウィンテック株式会社
NTTコミュニケーションズ株式会社
NTTデータジェトロニクス株式会社
FPTジャパン株式会社
株式会社シーエーシー
セコム株式会社 株式会社ソルクシーズ
TIS株式会社
凸版印刷株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本ATM株式会社
日本オラクル株式会社
日本電気株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
日本マイクロソフト株式会社
株式会社野村総合研究所
三井情報株式会社
三菱総研DCS株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です