超かんたん!ビットコインの買い方を解説!

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所ランキング!おすすめを徹底比較!

Satoshi

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所ってどこがいいの!?
ビットコインキャッシュ(BCH)は有望な仮想通貨でほとんどの国内取引所で扱われているのじゃ!しっかりと比較して自分にあった取引所をみつけるのじゃ!

クリプト博士

本記事を読めば、ビットコインキャッシュ(BCH)を購入すれば手数料などがお得なのか!?登録手順も理解することができますよ!

ざっくりいうと...
  • ビットコインキャッシュは、ほとんどの仮想通貨取引所で取り扱われている。
  • ビットコインよりも決済速度が早く、決済通貨として普及する可能性が十分に考えられる。
  • 安全性の高さ・手数料の安さを総合的に判断すると、リップルを購入するならCoinCheck(コインチェック)GMOコインDMM Bitcoinの3つがオススメできる。
  • 中でもCoinCheck(コインチェック) は東証一部上場の大手マネックスグループ運営で、国内最大の取り扱い通貨数(10通貨)を誇っている!
  • ビットコインキャッシュだけでなく全ての仮想通貨の手数料が無料!ビットコインキャッシュを買うなら、Coincheckは登録必須な取引所!

第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheckの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)

コインチェック株式会社はマネックスグループが発行株式のすべてを取得することで生まれ変わりました。

一時は、NEM流出事件がおき世間を騒がせましたが、マネックスグループの経営基盤や高度なセキュリティノウハウが統合されたことにより、堅牢な運営体制が築かれました。

マネックスのような信頼のおける一部上場企業が親会社についたことで、Coincheck(コインチェック)の信頼度も大きく改善されました。

→Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設

Coincheckのメリット

Coincheckは、初心者にも利用しやすい操作性を提供しています。

マネックスグループの傘下となることで、使いやすいUIに堅牢な仕組みが追加されました。

Coincheck(コインチェック)のメリット
  • 初心者でも圧倒的に使いやすいスマホアプリ
  • 強固なセキュリティ
  • マネックスグループの強固な経営基盤
  • 手数料の安さ

Coincheckのデメリット

Coincheckは目立ったデメリットがありませんが、過去に約580億円分のNEMがハッキングされました。

現在は経営体制が刷新され、大きく改善されています。

Coincheck(コインチェック)のメリット
  • アルトコインの購入が販売所形式のみ
  • NEMハッキング事件の過去がある

第2位:GMOコイン

GMOコインの評価
セキュリティの高さ
(4.5)
使いやすさ
(4.5)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(4.5)
初心者へのオススメ度
(4.5)
総合評価
(4.5)

GMOコインとは、2017年5月にオープンした東証一部上場企業であるGMOインターネット社のグループ企業です。

グループ会社の金融ノウハウを活かし運営されている仮想通貨取引所で仮想通貨FXに特化していることが特徴としてあげられます。

BITPointと同じく取引・出金手数料が完全無料で利用できます。

また、レバレッジ取引に対応しており、最大10倍までレバレッジ倍率を設定可能であることが特徴的です。

→ GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

GMOコインのメリット

GMOコインは、大手ならではの体制でスマホアプリが特に秀逸です。

GMOコインのメリット
  • 販売所ではワンクリックでライトコインが取引できる
  • スマホアプリが使いやすく現物、販売所、レバレッジ取引に対応
  • ビットコインとアルトコインの5種でレバレッジ取引ができる

GMOコインのデメリット

GMOコインは、Coincheck(コインチェック)と比べるとユーザー数が少なく取引ボリュームに難があります。

GMOコインのデメリット
  • 取引所の取引ボリュームは若干少ない
  • 販売所のためスプレッド手数料が高い

第3位:DMM Bitcoin

dmmbitcoin

DMM_Bitcoinの評価
セキュリティの高さ
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(4.5)
初心者へのオススメ度
(4.0)
総合評価
(4.0)

DMM Bitcoinは販売所形式の仮想通貨取引所です。

BCH(ビットコインキャッシュ)を含めたアルトコインで最大5倍のレバレッジ取引が可能です。

セキュリティにも大変定評があり、コールドウォレットや2段階認証はもちろん、資産の分散管理など万が一ハッキング被害を受けた際にも被害を最小限に抑える仕組みが整っています。

また日本の仮想通貨取引所の中でも唯一行政処分をうけておらず、信頼性が高い取引所でもあります。
→ DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

DMM bitcoinのメリット

DMM bitcoinは、強固なセキュリティとレバレッジ取引に定評があります。

DMM bitcoinのメリット
  • 販売所形式なので、ワンクリックでビットコインが取引できる
  • スマホアプリが使いやすい
  • アルトコインを含めた7種類の通貨のレバレッジ取引が可能
  • 強固なセキュリティ

DMM bitcoinのデメリット

DMM bitcoinの現物取引は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)のみとなります。

仮想通貨現物保有したい、ユーザーにとっては取扱銘柄の少ない取引所だといえます。

DMM bitcoinのデメリット
  • 出金はBTC(ビットコイン)もしくはETH(イーサリアム)だけ
  • 現物の取扱が少ない

4:bitbank(ビットバンク)

bitbank メリット

bitbankの評価
セキュリティの高さ
(4.0)
使いやすさ
(4.5)
各種手数料
(3.5)
取り扱い通貨
(4.0)
初心者へのオススメ度
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

bitbank(ビットバンク)は、「国内No.1」の仮想通貨取引量があります。

仮想通貨の流動性が高いということは、約定率が高まるので、好きな時に仮想通貨を売買することができて非常に安心です!

さらに取引所形式で仮想通貨を取扱っているので、国内取引所の中では圧倒的にスプレッドが狭いです。

ビットコインキャッシュ(BCH)の短期売買を中心に行なっていく場合は、bitbankはかなりオススメな取引所です!

→ bitbank(ビットバンク)の公式サイトはこちら

bitbank(ビットバンク)の登録はこちら

bitbank(ビットバンク)のメリット

bitbankは、取引手数料が圧倒的に安くトレードを頻繁におこなうユーザーにとっては有利な取引所です。

bitbank(ビットバンク)のメリット
  • 仮想通貨の取引量が「国内No.1」を誇っている
  • 「maker売買手数料」「入金手数料」が無料
  • 取引所形式を採用しているので、スプレッドが圧倒的に狭い

bitbank(ビットバンク)のデメリット

bitbankは、サーバーが弱く取引が不安定になる側面があります。他の取引所と併用することをおすすめします。

bitbank(ビットバンク)のメリット
  • ユーザー数が少ない
  • レバレッジ取引ができない
  • サーバーが脆弱

ビットコインキャッシュ(BCH)を扱う取引所の手数料を比較!

ここでは国内の主要仮想通貨取引所のビットコインキャッシュ(BCH)手数料を比較していきます。

それぞれの取引所でどのように手数料が違うかを確認して、有利な取引所を選択しましょう!

取引所 取引手数料
Coincheck 無料
bitFlyer 無料
GMOコイン Maker:0% Taker:0.01%
DMM Bitcoin 無料
bitbank Maker(メイカー):-0.05% Taker(テイカ―):0.15%
用語解説

Maker(メイカー)とは:取引所の取引板に無い売り注文、または買い注文を出すこと
Taker(テイカー)とは:取引板にある価格を指定して売買を成立させること

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入するための3つのステップ★

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入するための口座開設手順は、非常にかんたんです。

大きくは次の3ステップとなります。

bitbank(ビットバンク)のメリット
  • 仮想通貨取引所に登録する
  • 日本円を入金する
  • ビットコインキャッシュを購入する

今回はCoincheck(コインチェック)を例としてご紹介していきます。

仮想通貨取引所に登録する

最初に、Coincheck(コインチェック)公式ページの口座開設はコチラボタンからアカウント登録をおこないます。

coincheck アカウント登録

メールアドレスとパスワードを入力することで、アカウント登録フォームがCoincheckより届きます。

順番に登録の上、身分証明書類を提出することで口座開設が完了します。

有効な本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバー(個人番号)カード
  • パスポート
  • 在留カード(外国籍の方)
  • 特別永住者証明書(外国籍の方)
  • 住民基本台帳カード

【内部リンク】

日本円を入金する

口座の登録が完了したら、実際に取引をしていくために日本円を入金します。

国内の仮想通貨取引所のほとんどは次の入金サービスに対応しています。

入金方法の種類
  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • コンビニ入金

【内部リンク】

ビットコインキャッシュを購入する

入金が完了したら、いよいよビットコインキャッシュ(BCH)の購入をします。

各取引所の購入手順をしっかり理解してから購入するようにしましょう。

注意点

取引所によって申請してから実際に取引が開始できるまでの期間が異なります。

余裕をもって口座開設をおこなうようにしましょう。

【内部リンク】

ビットコインキャッシュはハードウェアウォレットで管理しよう!

ビットコインキャッシュをはじめとした仮想通貨の保管にはハードウェアウォレットが最適です。

各取引所に開設されたご自身のウォレットはWebウォレットと呼ばれ、セキュリティ上好ましくありません。

ビットコインキャッシュに対応しているハードウェアウォレットには、次の2種類が有名です。

ビットコインキャッシュのハードウェアウォレット
  • TREZOR
  • Ledger Nano S

それぞれUSBタイプのハードウェアウォレットで、ほとんどの主要アルトコインに対応しています。

ハードウェアウォレットを利用することで、ハッカーなどの第三者から大切な暗号資産を盗まれる心配がなくなります。

取引をおこなう時に適宜Webウォレットへ送金をおこない、取引をしないときはハードウェアウォレットで保管するのがオススメです。

ビットコインキャッシュのおすすめ取引所 まとめ

今回の記事ではビットコインキャッシュが購入できる取引所の比較・詳細な登録手順を徹底検証しました。

ビットコインキャッシュは、決済利用に特化した実用的な仮想通貨です。

本記事で手数料なども比較して、ご自身にあった仮想通貨取引所を選択してください!

結論、ビットコインキャッシュ(BCH)を買うなら今、Coincheck(コインチェック)がおすすめです。

まだ口座開設していない方はこの機会に、登録してみることをおすすめします。

→ CoinCheck(コインチェック)公式サイトはこちら

CoinCheck(コインチェック)公式サイトはこちら