ビットコインが間近の安値を切り下げて更新!その理由は?

昨日ビットコインが大きく下落

昨日18日、ビットコインが3日前の安値をさらに大きく下回り、間近の安値を更新しました。

価格は9月2日の高値のサポートラインで踏みとどまり、上に押し戻される格好となりました。

間近の安値更新となった理由は、米国商品先物取引委員会(CFTC)において、『ICOのトークンも不正があった場合には摘発対象になる』と発表したからです。

これを受け、仮想通貨に対する規制が厳しくなると考えた投資家たちが一気にビットコインを売却したため、価格は大きく下落しました。

今年7月に2億ドル以上(約250億円)のICOを行い大成功させたTezos(テゾス)でも、先週あたりから内部で揉め事が起きていて、ICO参加者から集めた莫大な資金がどうなるのか注目されています。

そのあたりも影響したのかもしれません。

いずれにしても、監視の強化が投資家を守る方向に作用してくれるのが一番です。

来週にはビットコインハードフォークのイベントもあるので、しばらくの間ビットコイン関連のニュースから、目が離せない日が続きそうですね。

ビットコインを購入する方法は以下でまとめてあります。

ビットコインの購入・買い方まとめ
[st-card id=812]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です