ビットコイン まとめ

ビットコインのメリット・デメリットまとめ

更新日:

ビットコインのメリット・デメリット

f229c0843ff9b29b3f6fbc47eff49168_s

ビットコインの価格上昇が止まりません。
本日の最高値は94,000円を超えました。
この調子だと、年明けには10万を超えそうな勢いです。

と、ここまで順調に価値を上げ続けているビットコインですが、未だに仕組みが解りにくく購入したいけど…ちょっと不安と思ってる方も多いはずです。

そこで今回はビットコインってなに?
ビットコインを購入したらどんなメリットがあるの?
逆にビットコインを買ったことでデメリットはあるの?

そんな疑問を解決するために、ビットコインとは何ぞや?ということを簡単にまとめてみました。

ビットコインのメリット

  1. 個人間でかんたんに「直接」送金ができる
  2. 送金手数料が無料か、または安い
  3. 監視や制限が存在しない
  4. 中央機関に依存していない
  5. 国境がない(世界中で使える)
  6. 場合によっては儲けることができる
  7. キャッシュレス

個人間でかんたんに「直接」送金ができる

今までは銀行などに行きATMを利用するか、スマホを使って振り込みをするしか選択がなかったのですが、ビットコインならウォレットなどを使えば簡単に個人間で送金ができるようになります。

振込は、土日が不可能だったり、15時を過ぎると翌日になるなどの時間制限があるが、ビットコインなら時間や曜日に関係なく、リアルタイムで送金ができます。

送金手数料が無料か、または安い

個人間の送金はほぼ無料。

また銀行などを利用した海外送金は、多額の手数料がかかってしまいます。

でもビットコインなら少ない手数料で海外送金が可能で、海外送金をするならビットコインがお得なのは明らか!

監視や制限が存在しない

銀行や郵便局だと、他行あての振り込みや送金金額は決まっているけど、ビットコインなら制限はありません。

また誰かに監視される心配も全くないので自由に扱えるのもメリットの一つです。

中央機関に依存していない

政府や中央銀行が通貨を発行しているわけではないので、中央機関に縛られません。

国境がない(世界中で使える)

ドルやポンド、ユーロなど国ごとで通貨の単位が違うことはありません。

ビットコインの単位は世界共通なので、世界中どこでも簡単に使えます。

私的には、これがビットコインの一番のメリットだと思ってます。

場合によっては儲けることができる

これはメリットでもあり、逆にデメリットでもあります。

ビットコインは常にレートが変動するので、儲けることもできます。

ですが…逆に損することもあるので注意が必要です。

キャッシュレス

現金を持つ心配がないので、パソコンへ接続できる環境があれば、コインを失くす心配もありません。

小銭をジャラジャラ持つ心配もないので、キャッシュレスでスマートな生活が可能になります。

ビットコインのデメリット

  1. 損をする可能性がある
  2. 使える店舗数がまだ少ない
  3. 国による補償がない
  4. 盗難被害に合う可能性が無きにしも非ず

損をする可能性がある

先ほどのメリットと逆ですが、レートが常に変動するので注意が必要です。

ビットコインを購入したけど、半年後には利用価値が半減・・・なんてことも考えられます。

使える店舗数がまだ少ない

日本国内では徐々に増えてきてはいるものの、まだまだビットコインが利用できる店舗はまだ少ないのが現状です。

でも、これから東京オリンピックに向け確実に増え続けるでしょう。

2017年4月5日追記

ビックカメラで試験的導入が始まりました。

ビックカメラやAirレジ加盟店が次々とビットコイン決済を導入!

現時点でビットコインが利用できる店舗は以下でまとめてあります。

ビットコインが使える店舗まとめ「2017年最新版」

国による補償がない

もしビットコインの価値がなくなってしまった場合は誰も補償はしてくれません。

今後、暗号通貨が普及するにあたって法律が変わることも予想されますが、現時点では補償はありません。

自由度の高い通貨ゆえに、そういうデメリットもあります。

盗難被害に合う可能性が無きにしも非ず

日本ではまだ事例がありませんが、海外ではハッキングにあってる人もいます。

また2年前にあったマウントゴックス事件のように社長が横領するケースもあります。

ビットコインのセキュリティ自体は徐々に高まってきていますが、徹底した自己管理が必要です。


 

このようにビットコインには、メリット・デメリットが存在します。

今はデメリットに感じる部分も、時代が進みビットコインが普及していくにつれて徐々に改善されていくと思います。

ビットコインのメリットを考えると、今後普及することは間違いありません。

ビットコインを良く知り、正しく使うためにも、今の内から知識を身に付けていた方が無難です。

時代の進化に乗り遅れないためにも、今の内からビットコインを少しずつ購入してみてはいかがでしょうか。

以上、「ビットコインのメリット・デメリットまとめ」でした。

ビットコインを購入する方法は以下でまとめてあります。

追記:2016年12月29日
ビットコインの購入・買い方まとめ

ビットコインの購入方法・買い方まとめ(BitFlyer・Coincheck・Zaifの3社)

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。コインチェックでは最近、盗難補償サービスを開始しました。セキュリティ面が不安ならコインチェックがおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.ccなら、アルトコインのトレードも自由自在。 1円未満の単位から、お試しで購入することもできます。24時間365日、PCから、スマホから、スマートで最先端な投資クラスをご体験ください。
bitbank.ccの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式なので透明性の高いお取引が可能です。マーケットの機微な状態も、板があるから一目瞭然、相場に合わせてスマートに注文の管理を行うことができます。
スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャートで、多様な相場局面にあわせた戦略的なトレードを可能にします。本格的なアルトコイントレードをあなたに。

Zaif(ザイフ)

ビットコインを積み立てで購入できるのが特徴! 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。 初心者にもおすすめの取引所です!

BITPOINT(ビットポイント)

上場企業の子会社が運営するビットコイン取引所です。
国内で安心・安全にビットコインの取引をしたい方にオススメの取引所です。
・日本最大級の取引所
・上場企業運営の安心
・売買手数料無料

-ビットコイン, まとめ

Copyright© ビットコイン(bitcoin)投資日記 , 2017 AllRights Reserved.