匿名性を確保しつつ高速取引を可能とした仮想通貨モネロ

monero

仮想通貨先生

Monero(モネロ)とはどのような仮想通貨なのでしょうか?

ビットコインをさらに進化させた匿名性の高い通貨

モネロの特徴はビットコインに酷似していますが、より完全な匿名性を確保していることです。ビットコインは匿名性の確保を非常に重要視して開発された仮想通貨であり、改ざんによる貨幣価値の変動などを防ぐ仕組みが取り入れられています。

一方で、取引をした際には取引所にその記録が残ってしまうため、完全な匿名性を確保するのが難しくなっています。しかし、複数の取引所を経由するなど経由ルートをコントロールすることは可能であり、国の境目や法律にとらわれない取引が可能となっているのです。

近年はビットコインを含んだ仮想通貨を課税対象にする取り組みも始まっていますが、法整備が不十分である地域やまだまだ議論段階の国も多く、取引上のメリットも多く残されています。

モネロは、ビットコインよりも匿名性を高めているのが特徴で、取引情報から流通ルート自体を特定することが出来ないように設計されています。完全な匿名性を目指して開発された仮想通貨であり、なおかつビットコインよりも処理速度が速くなるように工夫されています。どんな国でも、どんな立場の人でも等しく入手し、等しく使えることを念頭に作られた次世代型の仮想通貨なのです。

ビットコインを含んだユニークなグループを形成

ビットコインとモネロは匿名性を確保した通貨であり、国や法律に縛られにくいのが特徴となっています。為替の影響を受け辛く、交換手数料が割安など多くの武器を持ち、実際に発行される貨幣に対する非常にユニークな地位を確立しています。

また、他の次世代型仮想通貨の多くが、取引の透明性を重視しているため、その差がより目立つようになっています。

これは取引の記録や契約情報を仮想通貨に含めることで、銀行や国家間取引にも使いやすくし、利便性を高める工夫がされていることが多いからです。ビットコインとモネロは逆に拡張性を排除し、応用の範囲を狭めています。

一方で、拡張性が低いからこそ誰も価値を操作できず、干渉を受けない事も魅力の一つになっているのです。

家庭用のパソコンでもマイニングが可能

モネロの特徴の一つに、家庭用のパソコンでもマイニングが可能という点が挙げられます。マイニングとは仮想通貨用語で通貨の発行を意味し、様々な手法で発行額を増やすために利用されています。

モネロとビットコインは利用者自身が通貨を生み出すための労力を提供することで、国家や銀行などの中央集権的な機関が制御できないように設計されているのです。ビットコインやモネロは特定の暗号が解読されると通貨が発行される仕組みなっています。

紙幣に特定の番号が振られるように、ビットコインやモネロにも解いた暗号に対する結びつきがあり、データを複製するなど偽造を行っても処理されない仕組みになっています。ビットコインやモネロは、すでに所有している人から仮想通貨を購入するか、自分でマイニングを行うこと必要になるのです。

モネロは家庭用のパソコンなど、高価な機材を導入しなくてもマイニングが可能となっています。知識と技術と、通信環境があれば、自分でお金を生み出すことも特徴となっているのです。

最もハイリスクハイリターンな仮想通貨

モネロは価値の変動が起こりやすい仮想通貨です。これは2016年8月末から9月初旬にかけ、2週間余りで30倍以上に値上がりしたことにも表れています。現在も発行時と比べて非常に高い水準が保たれており、購入と売却のタイミングを間違わなければ大きな利益に繋がる可能性があるのです。

一方で、購入のタイミングを間違えば、大きく価値が下がる可能性もあります。国家や銀行などの貨幣価値を管理する機関が無いため、単純な需給バランスによって価値が大きく変動する事を理解する必要があります。

また、匿名性の高さを悪用し、ハッキングした個人情報などと引き換えに、ビットコインやモネロを要求するような犯罪も存在します。モネロは最もハイリスクハイリターンな仮想通貨に分類されるのです。

使い道が限られるのが欠点

モネロは匿名性を確保するために拡張性を犠牲にしています。つまり、様々なサービスや商品決済への応用が効き辛く、企業などが導入するハードルが高くなっているのです。他の次世代方仮想通貨は契約情報などの紐づけにより、データの管理や公平性を確保しやすくなっています。

また、機能の拡張によるサービス競争により、導入コストを大きく下げられる可能性があるのが魅力です。一方で、モネロは取引情報が記録されないため、保有すること自体にリスクがあります。これはハッキングなどを受けてデータが流出しても、保有していたことを証明する手段ができないからです。

ビットコインも同様の特徴を持っているため自己責任で管理する必要がありますが、企業が保有すれば致命的な事態に見舞われる可能性が出てきます。民間企業での導入に高いハードルがあるため、サービスの拡充などを見込みづらく、使い道が限られます。取引所の少なさもこの状況に拍車をかけており、日本で購入するのは非常に難しくなっています。
ある程度の英語能力と、仮想通貨に関する深い知識、適切なリスク管理能力が求められるのです。

モネロ投資家

モネロを実際に売買できる取引所はコチラです

コインチェック

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨先生

これからもモネロの動向から目が離せなそうです。

ビットコイン取引所ランキング

Coincheck(コインチェック)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取り扱い種類が豊富。サイトのUIも見やすいのが特徴的!ビットコインに投資してみたい、ビットコインを購入したいけど、どうして良いのか解らない…など初心者にもおすすめの取引所。私も実際にビットコインの売買はコインチェックで行っています。

J-Bits

J-Bits
「ビットトレーダー」では国内有数のビットコイン情報サイト「コインポータル」と完全連携! 投資判断に役立つ様々な情報をアプリ内から簡単に参照することが可能。 J-Bitsのビットトレーダーを使って外出先でもビットコイントレードを!

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内最大手のビットコイン取引所! フェイスブックのアカウントで簡単に口座開設できたり、クレジットカードでの購入が可能だったり、初心者に優しい取引所です。 コインチェックに比べ、仮想通貨の取り扱いの種類が少ないのが難点。 ビットコインをお試しで購入するならビットフライヤーもオススメ!

投稿日:

Copyright© ビットコイン(bitcoin)投資日記 , 2017 AllRights Reserved.